ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



バシャール「3次元、4次元~5次元移行について」

次元についてお聞きしたいのですが・・
4次元・5次元にも物質的なもの、二元性が存在しているのでしょうか?


質問にお答えする前に・・

地球の皆さんは、「次元」(Dimention)と「密度」(Density)を混同して使用しています。
多くの皆さんが第4密度、第5密度と言うべきところを4次元、5次元と混同しているのです。
厳密に言うと、それらは互いに置きかえることができません。(同一の概念ではありません)

皆さんが3次元と呼んでいる現実がありますが、それは実際には4次元的な現実です。
なぜなら、3次元の空間に、もうひとつ時間という要素が加わるからです。

それは4次元の現実と言うことができます。
ですから、皆さんはすでに4次元の現実にいるのです。
明らかにそこは物質的な現実ですね?

さてそこで、この4次元的な現実において、皆さんは(皆さんが言う)第4密度に移行しようとしています。
それを時々皆さんは、3次元から4次元に移行するのだと混同してしまっているのです。
でも、皆さんは現在すでに4次元にいるのですから「4次元に移っていく」ということはないのです。
ですから、「第4密度に移行する」ということは、実際には「5次元に移行していく」ということなのです。


5次元(第4密度)に移行していく中で、そこにはまだ物質的なものも存在し、
また両極性(二元性)もある程度は見ていくことになります。
しかし、それは今までのように決まり切ったものではなくなります。

皆さんの時空間には、もっと柔軟性が生まれてくるのです。
言ってみれば、時空間がつかみづらい、縛られていない、軽いものになっていくのを感じていくでしょう。

そうなった時皆さんは、もっとシンクロニシティー(共時性)を感じていくことになります。
つまり、皆さんは物質的な変化として「すべてのことが一度に起こる」という体験をしていくことになります。
「すべてが繋がっている」ことを体験していくのです。


そこで、4次元(第3密度)から5次元(第4密度)へ移行していく中での症状(サイン、合図)になるものですが・・・
皆さんに押しつけられてきた、考え方の構造が楽になり・・・
そこを少し緩ませていくことになります。

そこで皆さんは、もっと「今を体験する」ようになるのです。

そのように時空間の概念が緩んでくるので、皆さんは空間的にも時間的にも優柔性を感じるようになっていきます。
皆さんは、自分の意識がより流動的になり、時空間のあちこちを動き回るのがわかるでしょう。
つまり、これらのことが意味しているのは、皆さんは周波数(バイブレーション)を上げ、意識を拡大し、
「今」に生きているという自覚が強まっていくということなのです。

なぜなら「今にいる」ということの意味は、「そこにすべてがある」ということだからです。
ですから、皆さんが「今、ここにいる」ようになればなるほど、時空間の概念は必要なくなっていくということなのです。

人々がいろいろな細かいことに気を配って
人生をあれをやって、これをやってというように段階的にしか捉えられないとしたら
そのために時間と空間がもっと必要になってしまうのです。

でも皆さんが自分をもっと全体的に捉えられるようになって
こっちからあっちへ行けるようになれば
これらの段階をスキップして、経験のための時間と空間を節約できるのです。

皆さんはすべてがある「今」にもっと生きるようになるのです。
「すべてが今にある」ということがわかるようになって
もっと簡単にアクセスできるようになるし
現象にももっとシンクロが起こり
もっと素早くなっていくことになるのです。

さらに他のバイブレーション・他次元・他の現実・他のエネルギー周波数を捉える感覚が鋭くなってきます。
実際に今、いろいろなものを見ることができる人が増えているのもそのためです。
今までに見えなかったリアリティー、色や光を見たり、他次元に動いているスペースシップを見るようになるのです。

亡くなった人のスピリットを見たり、霊的なものをもっともっと見るようになっていきます。
今、皆さんの社会でそのようなことが起こり始めているのです。

なぜなら人々は今ここで本当に起こっていることに対して敏感になっていくからです。
これまでの過去のリアリティーにおいて
皆さんはそれらの99パーセントを見逃してきたのです。
でも、今の皆さんはそれを見逃さなくなってきているのです。

ということは、この物質的な世界にいる状態で5次元のリアリティーを体験していけるということですか?

その意味では、5次元のリアリティーは肉体的(物質的)リアリティーの最終段階になるリアリティーだといえます。
その先の次元は、もっと物質的ではないものになっていきます。
それは今、私たちが向かっている世界です。

私たちの文明は今そこに向かっています。
私たちはどんどん物質的ではないものになっていきます。
肉体(物質)が薄れ、スピリチュアルな存在になっていくのです。

でも、皆さんの社会が向かっているのは
そのレベルの世界のほんの入り口なのです。おわかりですか?

はい。ということは、私たちはここに生きながらそれを体験できるということですね?
それから私が感じているのは、私たちのこの成長段階を進んでいく中で
5次元世界で自分の来世を選択することも可能だということですか?
それは、自然な進歩なのですか?


それも可能です。
それも皆さんの選択次第です。
それは自然な進歩を表しているものでもあります。

でも覚えておいてください。
高次レベルでは、時間は直線状ではないのです。

ですから皆さんは肉体的な現実という視点からいうと、
今生きている人生より先に
来生での人生を選択することも可能なのです。

皆さんが進歩のためにその体験が必要だと思えば、そうなるのです。
でもそのレベルでは時間は直線状ではないために、そのレベルになれば皆さんは
すべての人生が同時に起こっていることがわかるようになるのです。

そこで皆さんは
どのような順番が自分に最良かを
選ぶことができるようになるのです。

それも皆さんが進歩をどう捉えるかに
よってくるのです。

人によっては、
あちこち飛び回るのが進歩だと感じるかもしれないし、
人によっては直線的にいくかもしれません。

そういう人は時空間の概念から見たら
1つの人生が終わって次の人生・・
1つの次元が終わって次の次元・・
という人生をやっていくのです。

でも、そうである必要はないのです。
実際に、高次レベルで起きることの1つとして
皆さんは直線状に見ることをやめていくということがあるからです。

皆さんはさまざまな出来事を
同時に体験し始めていくことになります。
高次レベルで皆さんは、
すべての物質的な人生を一度に体験できるのです。

「同時に」です!
すべての人生を一度に取り扱うことができるのです。

これは皆さんの世界で言う
「映画のフィルム」に例えることができます。

映画はたくさんのフィルム、コマで出来ていますね?
1つの物質的な人生が1コマだとします。

もしあなたが映画を制作している人だとすれば
すべてのコマを同時に見ることができますね?
それは少し違った視点ですよね?

高次のレベルで見るのは
そんな感じなのです。

映画を製作するあなたとしては
今は5番目のコマを見て、次に1番
次は3番、次は7番・・・というように
見ることができますね。

あなたは1から順番に見る必要がないのです。
なぜなら、あなたは一度に全部見ているからです。

だから、あなた次第なのです。
もしあなたが、1→2→3→4→5・・・と
順番に見ていきたければそうすればよいのです。

あなたが、他の見かたをしたければ
それでもよいのです。

にほんブログ村 トラコミュ 多元宇宙理論へ多元宇宙理論





コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



« 【再投稿】多... 【再投稿】多... »
 
コメント
 
 
 
Unknown ()
2011-08-27 05:23:30
はじめましてこんにちは。よく
二元性という言葉を聴きますが
女性原理と男性原理(負と正、吸引力と遠心力。価値判断の負と正ではない)
の比率は2:1(もしくは3:2)が
理想のようです。
自然界では水分子の水素と酸素の比率です。
ヴィクトール・シャウベルガーという
方が示してくれた情報です。極端に言うと
女性原理は統合、男性原理は分裂を
表しています。自然界では女性原理の
統合や統一、秩序形成、利他主義
渦のように内側に行くほど速い、
無理や摩擦のない力、吸引力
が男性原理の個別化、分裂、混沌、利己主義
車輪のように外側に行くほど速度が早くなり、
摩擦の大きい力、遠心力よりも勝るということです。どっちが良いとかはないですが、
この比率を逆にしたり崩すと自然はうまくいかないようです。地球は2:1の比率を1:2の逆にしたような男性原理を重きにした星のようです。

 
 
 
Unknown ()
2011-08-27 05:59:49
もう少し書くと、
実は対極物(陰と陽)の二元は分裂して
影と光を作り出し、これらは
闇組織と光組織の戦いというような
争いが起きたりしても何も生まれずむしろ
破壊がおき、
子供を作るときのように
陰と陽、女と男が結びつき
統合して何かを作り出しているのが自然で
あるようです。
また、自然には完全な均衡など存在せず、
不均衡によってしか運動がおきないそうです。
2対1のように不均衡でないと
動きは画一的になり、進化は起きないそうです。水が川のように流れていないと
腐ってしまうようにです。
子供を宿せるのが女性だけ、
精子を作り出せるのが男性だけ
という風に相互依存性があるのが
陰と陽。二つは一つです。

 
 
 
 (mira)
2011-08-27 10:17:10
「今、ここにいる」→「そこにすべてがある」

を完全理解できたら宇宙を喝破できるかな。(^_^;)
 
 
 
問い合わせ (おじさん)
2011-08-27 18:21:49
最近たきさんからの投稿文が載りませんがどうかしたのでしょうか
楽しみに読んでいましたので早く再会して欲しいです
ふるやの森の管理者様宜しくお願いします
 
 
 
サ・ルー・サの中断理由 (flatheat)
2011-08-27 19:29:46
チャネラーをされているマイク・クエンシーさんのコンピューターが故障中のために、メッセージの受信が中断しているそうです。

しばらく、お待ちください。(^^)
 
 
 
興味深い投稿 (mira)
2011-08-27 23:20:06
ここにhttp://soudan1.biglobe.ne.jp/qa6322478.html

「宇宙人に狙われています…接触を避けるべきですか?」という相談があるのですが、その回答などに予言めいた話もあり、気になる文面が多く投稿されています。

但し、真為のほどはわかりませんが・・・





 
 
 
接触の意味 (地久人Ⅹ)
2011-08-28 15:34:35
宇宙人との交流は日々において実行されている。

関係の距離により事象は様々ながら現実のことである。

見える人、感じる人、想像できる人、さらわれる人、
研究する人、恐れる人、憧れる人、信じれない人、
騒ぐ人、驚く人、誇る人、興味本位の人、逃げる人、
追いかける人、隠れる人、闘う人、攻撃する人、
避ける人、招く人、etc.

宇宙人と人は交流が無いとは決していえません!

但し、今までの所、抱き合った人はいないようですね!?

やはり、現状では神を媒介として宇宙を駆け巡るがBEST!

この点で、全てに通ずる道が既に開かれています。


私は、闇から教わったことが一つだけあります。

それは、無知に覆われる恐怖です。

具体的体験をお話しましょう。

去年のエイリアンクラフト騒動の時です。

体験、四つの星に囲われた夜空がゆらりゆらりと舞い降りてくる!

実際に闇が迫ったものか、相似的に星々が連動して囲いの空間を広めた物かは分かりませんが、巨大な闇空間に飲み込まれそうに見えました。


この時、前向きな私もさすがにたじろぎました。

そして、右手をかざし「判った! でも、ちょっと待ってくれ」と心で願い、
そのままタバコの販売機で事を済ませその場を立ち去りました。

結局、無事に日常へと帰還しておりますが、試された気がしております。


結論、人間は未知なる物に覆われると不安に陥る生き物。

愛、理性、度胸、愛嬌、元気、勇気、無我の境地等を以ってしても、
巨大な闇には後込みを強要される立場だと知りました。

只、残った物が一つありました。平穏への祈りです。

これは、希望でもあり要望でもありました。

現在の私は、今日も穏やかではありますが、
根底に、光と闇の狭間を実感しております。


 
 
 
Unknown (さとる)
2011-08-28 22:37:31
眠い。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。