ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



msn産経ニュース11/23

・・・・・・・・・・

三宅雪子氏、打倒首相へ 「減量1キロで1000票」 (スポニチ)

民主党を離党した「国民の生活が第一」の小沢一郎代表(70)が野田佳彦首相(55)に“刺客”を立てたことで話題の千葉4区=船橋市。“小沢ガールズ”の筆頭格、三宅雪子前衆院議員(47)は、09年に「前首相」と戦った群馬4区から急きょ国替えして、「現首相」と戦う。小沢氏からは「減量1キロで1000票」と、足を使った地上戦を徹底するよう指示された。

 群馬4区からの転出を小沢氏から打診されたのは、党首討論で首相が「16日解散」を明言した14日。小沢氏の議員事務所を訪れると「あそこでいいか?」と持ちかけられた。この一言ですべてを察した三宅氏は「分かりました。あそこですね」と即答。事務所を出る間際に念のため「あそこって千葉4区ですよね?」と確認すると、小沢氏はうなずいた。秘書らは16日の発表まで知らされず、大慌てとなった。

 「命を守るか守らないかの選挙だ。野田さんは国民の命を脅かした責任者。世界中がこの選挙区に注目している」

 三宅氏が初めて選挙区入りし、第一声を上げたのは20日。JR船橋駅北口に姿を見せると、約50人の聴衆に「船橋へようこそ」「野田を倒せよ」と拍手で迎えられた。

 ミラー 民主党の末路に思う (東京新聞)

主婦○○○○子88才(千葉市若葉区)

それにしても、民主党の解散反対派の対応ぶりは情けない。

離党をちらつかせながら、野田首相とその周辺以外は皆反対という意見がまとまったばかりというのに、先を越されたかたち。

いくら専権事項だからといっても、民主党あっての代表者であり、首相であったろうに。

これでは独裁者、あるいは風見鶏だ。


党代表、首相を選んだのは民主党員。その政権誕生に喜んで一票を投じだ私。

だから私の不明を恥じるのみ。もう何も言うまい。

世間の波に漂うままに、新しい政権の樹立を祈るばかり。軍靴の響きの起こることなかれと願うのみ。  

・・・・・・・・・・

 Yomiuri Online11/23   ← まったく(XX)なんという兄弟だ!

・・・・・・・・・・

【広瀬隆さんより】選挙に立ち向かう

広瀬さん!共産党は全然「えらく」ありません!

ただ票がほしくて(表むき)「原発ゼロ」を言っているだけなのです。

だまされてはいけません!!!

・・・・・・・・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 脱原発国民連... 【転載】次の... »