ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



御所市の森脇に一言主神社というお社(やしろ)がある。一言主神社に祀(まつ)られている神さまは、一言主大神。この神さまは、託宣(たくせん)の神で、良いことも、悪いことも一言で託宣を下す神さまである。『古事記』にこんな話が載っている。

雄略天皇が葛城山に行幸した時の話。お供をしていた多くの役人たちは、皆紅い紐を付けた青摺(あおずり)の衣を着ていた。その時のこと、谷を隔てた向かいの山の尾根を登る人びとがいた。それがまったく天皇にお供でつき従っている人びとそっくりで、区別すらできない。そこで、天皇はこう言った。「この大和の国に、我のほかに二人と王はないはずだぞ。今このように行くのは誰なんだ(けしからんではないか。同じ装束を着て歩くなどとは)」と。すると、相手の答えて言う様子も、天皇の言葉と同じではないか。天皇は怒って弓に矢をつがえ、お供の者たちもみな弓に矢をつがえた。すると向こうの人びとも同じように矢をつがえるではないか。

そこで、天皇は、「お前の名を名乗れ。そしてそれぞれ名乗りあってから矢を放とうではないか」と言った。これに対して、相手は「自分が先に尋ねられたので、まず自分が名乗りをしよう。自分は、悪いことも一言、良いことも一言、事を定めて託宣する神だ。葛城之一言主之大神だぞ」と言った。天皇はあわてて、「畏れ多いことです。神さまとは気付きませんでした」と言い、身に着けていた御刀と弓矢をはじめ、役人たちの着ている衣服を脱がせて、一言主大神に献上したというのである。
 

この話で重要なことは、天皇と同じ衣を着用することは古代においては不敬とされたことである。もう一つ考えねばならないのは、まるで鏡に映し出された自分を見るように、相手が自分と同じ行動をとるということであろう。そこに、神の恐ろしさが表現されているのであろう。この話は『日本書紀』にも、ほぼ同話が載っている。天皇の力を上回る葛城の神の出現を描いた話であろう。

記紀に親しむ:一言主神社

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまで、「日本神話」として語られてきた物語を日本人の祖先のETコンタクトの記録として読み返してみてはどうだろうか?

先住民族(アイヌ人)を蝦夷(北海道)と琉球(沖縄)に駆逐しながら大和政権は領土を拡大して、統一国家を形成していく。雄略天皇が在位したとされる5世紀後半は大和政権の確立期であった。大和葛城山で雄略天皇とコンタクトしたETI(地球外知的生命体)は「自分は、悪いことも一言、良いことも一言、事を定めて託宣する神だ。葛城之一言主之大神だぞ」と自己紹介をしている。「事を定めて託宣する」という意味は、「言葉(コトダマ)で現実を創造する」力を備える神=高次元のマスターであるという意味に解釈できる。古来、大和が「事挙げせぬ国」とされてきた理由もここに秘められているかもしれない。

1950年代から60年代にかけて、日本で先がけてレベルの高い宇宙考古学の研究を開拓していたCBA(宇宙友好協会)は、次のような分析を発表している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

宇宙考古学では、遮光器土偶の胴体は、ずばり宇宙服です。

この考え方は、なぜか歴史上広く流布していた気配もあり、例えば「西遊記」の孫悟空は遮光器土偶的な渦巻きデザインを持つ膨らんだ衣服を着て“金ト雲”で飛行しているし、一言主神も遮光器土偶をモチーフにしたかのような衣服を着て“雲”に乗り空を飛んでいます。

まさにこの”“縄文スーツ”が、雲のような物に乗って飛行する者が、身に着けるべき衣服であることを示しているかのようです。

さて、一言主神というのは、明治期に出版された『日本の神様』という本で紹介された雄略帝が大和の葛城山で出会った神のことで、その挿し絵を見ると、一柱の神が、雲に乗り遮光器土偶と同じ衣服を着用しているところが描かれています。 

宇宙考古学★縄文土偶のUFOLOGY その5  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

一言主の神=アラハバキ=遮光器土偶というイメージが、明治時代の作家のインスピレーションであったとしても、この「神」が宇宙から地球に降臨したとすれば、実際に描かれたようなデザインのスペーススーツを身につけていた可能性は高いと思われる。

これまでの考察では、遮光器土偶=アラハバキ=オキクルカムイ(アイヌ人=縄文人の守護神)という仮説を固めつつある。アイヌ人を駆逐しつつある倭人の王とコンタクトしたアラハバキは、アイヌ人に対するのとは違う威厳のある態度で雄略天皇に接したのだと思われる。

アラハバキ=オキクルカムイは倭人が日本国を統一支配することを予測しながら、自分が「神」として天皇の上に君臨することを示そうとしたのではないだろうか。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

 

保存

保存

保存



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« フルフォード7... Este emperado... »