ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



この南部の村への攻撃は特に悪意のこもったものと言えます。
イスラエル軍は攻撃対象の村々に避難を呼びかけましたが、その一方で村民が避難する道路を破壊していたのです。
メッセージは明確と言えるでしょう。

『家を出ろ、我々はお前達を殺す。家に居ろ、我々はお前達を殺す。』

彼らはこの両方をやったのです。
これは全体で何を意味するのでしょうか?

イスラエルはレバノン国民を「逃亡」しないように国内に縛り付けて、恐怖によって服従するように仕向けています。
これはテロリズムであり、それも最も純粋な形のテロリズムです。

レバノンの報道されない惨状
イスラエルの侵攻は完全な占領を果たすまで止まらない。国連には即時停戦を実現する力がないのだろうか?
国連安保理緊急会合

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« ホログラフィ... 世界一大きな穴 »