ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



イスラエル軍はレバノン攻撃開始から7日目の18日、空爆を続行した。ロイター通信によると、住民ら26人が死亡、イスラエルの7日間の軍事作戦によるレバノン側の死者は約230人になった。大半はイスラム教シーア派武装組織ヒズボラとは無関係の民間人が巻き添えになっている。イスラエル軍高官は、戦闘の長期化や地上部隊による大規模侵攻の可能性を示唆した。一方、ヒズボラのロケット弾攻撃は同日もイスラエル北部の各地を襲い、ナハリヤで1人が直撃され死亡した。これまでのイスラエル側の死者は市民13人、兵士12人。
asahi.com
目には目を・・・がイスラムの国民性である。この戦争は終わりが無いであろう。この次に、イラク国内のレジスタンスとイランの参戦が始まると予想する。アメリカのイラン攻撃がその引き金になるだろう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 破壊王の思い出 ウェブ・オフ... »