ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



【リサ・ランドール】五次元の世界

リサ・ランドールハーバード大学教授は、実験によって素粒子を観察している過程で突然実験空間から姿を消す素粒子を発見し、その理論的解明に取り組んだ結果、私たちが住み、知覚しているこの四次元世界(時間と三次元空間)と密接した形で、時間、空間ともにひとつ次元の高い、五次元宇宙が存在しているのではないかという理論に到達した。

五次元宇宙には、四次元世界が折り重なるように多層的に存在し、その間を重力子を通して情報のやり取りをしていると言う。

2007年には、スイスのジュネーブに建設中である世界最大規模の衝突型加速器「大型ハドロンコライダー(LHC)」が完成し、7兆電子ボルトで加速された陽子同士が正面衝突することにより、彼女の想像した「五次元宇宙」証明への扉が開かれるかもしれない。
5次元宇宙

5次元世界とはなにか?

4次元、までは、聞いたことがあると思います。縦横高さ+時間=4次元

これに5番目の次元方向への距離を足したのが、5次元です。

私たちは、「膜」に存在する。

3次元の世界は、シャワールームの膜に張り付く水滴のようなもの。我々を構成する物質は水滴のようなもの。

スライスしたパンの一つが私たちの住む3次元。他のパンすなわち他の3次元が存在する可能性もあるという。

きっかけは、原子核を構成する素粒子の中に、この世界から姿を消すものがあるという矛盾にぶつかり5次元の研究を始めた。

さまざまなモデルをつくったが、異次元世界がわたしたちの3次元空間をとりまいく巨大な時空であるということを理論上、立証した。

これまでも、5次元の考えはあったが、微細で見えないものと考えられてきたが、ランドール博士の5次元は、巨大で見えないもの、無限の広がりをもつ可能性がある。
私たちは異次元に囲まれている


Q:リサ・ランドール博士の5次元空間の仮説に興味がありますが、理論物理学には素人でよく分かりません。 これについて、ご存知の方何でも良いので、できればわかり易く教えて下さい。
また、一応私は一応英語が読めるので、有効な英語で書かれたHP等のアドレスを教えていただくだけでも結構です。 恐縮ですが、よろしくお願いします。

A:Lisa Randall 博士が書いた本「Warped Passages (Penguin Press Science S.)」を一度お読みになってみたらいかがでしょう。

私も専門家ではないのですが、少し解説してみますと、

我々の住んでいる3次元世界に時間と空間の因子を追加した世界を5次元空間といいます。例えば、我々の3次元世界を平面(2次元)とし、そこに次元の高い球体(3次元)が通過していくと平面状では球体は時間とともに大きさの変化していく円と観測されます。

また、宇宙には我々の住んでいる3次元世界のような空間がたくさんあり、その間を5次元空間が埋めているのだそうです。そして、それら3次元空間の間を行き来できる唯一の力は重力なのだそうです。ですからこの世界で重力の微小な揺らぎを調べることによって5次元空間の様子を理解することが出来るのだそうです。あと、今の段階では3次元から5時限空間へ行くことは出来ないのだそうです。

というような話をNHKで見ました。

あと、宇宙で大半を占める光を出さないダークマターが5次元空間と何か関係しているのではないかといわれています。5次元空間は重力しか通さないので光を通さないからだそうです。

それと、素粒子実験で、衝突後に素粒子が消えることがあるそうですが、5次元空間へ行ってしまったと考えているのだそうです。

ホームページについては「Lisa Randall」で検索してみると沢山ヒットしてくると思います。
例えば、大学のホームページのリンクから幾つかありますね。

リサ・ランドール博士の5次元空間 - 科学 - 教えて!goo

3次元の世界は、シャワールームの膜に張り付く水滴のようなもの。我々を構成する物質は水滴のようなもの。

スライスしたパンの一つが私たちの住む3次元。他のパンすなわち他の3次元が存在する可能性もあるという。

【多元宇宙理論】リサ・ランドール博士の五次元理論

リサの発言のこの部分が重要であるのは、ランドール博士の宇宙理論は宇宙は多次元であると同時に、無数の同一次元宇宙の混在として存在しているという意味も含んでいるからである。

「スライスしたパン」が無数に存在すると同時に、パンに対応する無数の空間(高次元世界)が存在すると言っているのである。

ここで、ジョン・タイターが説明した平行宇宙論を思いだしてほしい。

パラレルワールド理論は正しい。どこかの場所で可能な選択が行われるとそれに応じて、絶えず新しい“世界線”が出現する。互いに詳細はそれほど違わない世界線が絶えず考え出されている。しかし、まったく別の世界線も実在する。これらの“代替現実”の間をタイター氏のタイムマシンは運行し、タイムトラベラーは彼らが来た世界線から遠く離れないように心がける。その成功度は、彼らが元の世界線から何パーセント離れずにいられたかによって判定される。

タイター氏の来た未来の世界線と私たちの今いる世界線はほんの数パーセントの距離にある。タイター氏によれば、私たちはタイター氏の来た未来が経験したのと同じ災害を経験するという。ただ、私たちがその未来を修正することは可能であるという。私たちには自由意志が与えられている。あらゆる自由選択に対応した世界線が無数に実在する。

ジョン・タイター50: タイター予測とこれからの世界 2

すなわち、宇宙とは無数の多次元多層構造が平行して膨張運動を続ける時空連続体であると言うことができる。

にほんブログ村 トラコミュ 多元宇宙理論へ多元宇宙理論


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



«  【再投稿】多... みんなで足並... »
 
コメント
 
 
 
多次元宇宙の秘密 (メルシー)
2011-08-26 23:52:56
1+1=1  アインシュタイン博士が求めていたことのヒントですね。                 宇宙は目に見える3次元物質界の場合、1+1=2です、                       この理論が普通に分かる、自由に理解できるところからスタートし、リサ、ランドール博士が気付いた位置と重なるこれからの方向です。                  光速より早い速度がある、という事実を知っているか、分かっているかという事実とも重なりますが、光速が早いといっても何億年もの距離を移動しなければならないとなると
ほとんど不可能になってしまいますからね。     地球外人類 (宇宙人)で地球に飛んできている彼らは、       4次元空間を使っています、ですから、地球光年空間でどれだけ離れていても、ほんの一瞬で地球の特定の場所に、突然現れたりするように見えますね、        一瞬で飛んできています。     今の地球科学のロケット噴射でなければ飛べないという思い込みの科学技術からそろそろ脱皮しないといけない、                       もちろん、5次元、6次元。7次元 8次元、9次元もありますが、4次元界から上の次元は、精神世界でも有り現実の世界でもありす。             上に行くほど精神レベルが著しく違って行き、霊格が桁違いに高くなって行きます。この宇宙は、たまねぎのような多次元構造となっています。 このような、今まで明かされてこなかった宇宙の秘密が彼らによって明かされようとしています。  
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。