ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



 VIDEO 三宅洋平(選挙フェス @京都)2013/07/15

三宅洋平候補が全国を駆け回って語りかける演説は、「選挙演説」などという概念をはるかに超える「革命」のメッセージだ。

それは、従来の「革命」の概念さえ超えている。もし、彼がただの「革命家」であるなら、既存の権力を倒した後に、自分の銅像を国民に崇拝することを強制し、逆らう人々を大量に虐殺したレーニンや毛沢東と変わらぬ人間のクズにすぎない。

私たちは、今や「指導者」も「指導部」もない、自分たちが直接参加して創造する新しい政治のスタイルに移行しようとしているのだ。

選挙だけではなく、政治と社会のすべてをイチから作り変えていかなければならない。

人類史未曾有の地球外文明との公式コンタクトを前にする現在、既存の政党と政治家のほとんどはもはや、役に立たない廃棄物と化している。

真実を知らない学者も教師も国民洗脳の役目を終えた。くだらない番組と虚偽の報道で真実から国民の目をそらすマスコミも消滅しつつある。

私たちは今、これまで隠されてきた真実を伝え合い、共有していかなければならない。その上で、日本市民こそが地球の文明を本来の正しい姿に、回復させる先頭に立とうではないか。

その息吹が、この参議院選挙で開始しているのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VIDEO 政見放送 NHK 2013参院選 東京都選挙区 犬丸 勝子

これは凄い!政見放送で不正選挙の存在を訴える! 東京都選挙区 犬丸勝子さん (Martin Island ~空と森と水

いきなりですが、
私が今回東京から参院選に立候補した理由は、
12月16日、昨年の衆院選後、
不正選挙の存在を知ったからです。
東京で不正を訴えようと思ってやって来ました。
          ・
          ・
          ・
この選挙で、自民圧勝に終われば、
すぐに憲法改正が頭をもたげるでしょう。
さらに、不正選挙があります。

福岡選管の場合、
投票箱を投票所から開票所へ運んだ記録がほとんどありません。
マイカーで運んだとも言ってます。信じられません。

投票箱がいくつかなくなっていても、
当落に関係ないからといって問題にもなりません。

このような不正選挙をなくし、正しい選挙にすることこそ、
私たちの日本の未来があると考えていいでしょう。
          ・
          ・
東京都選挙区
無所属
犬丸勝子さんの政見放送でした。

【参考】H25都議選の不正の疑いは、こちらにデータ上の考察があります。

ブログ:Ghost Riponの屋形(やかた)さん
「H25東京都議会議員選挙結果とH24衆院選比例得票との比較」
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11559799083.html


(記事本文より)
都議選ではあるが、無茶苦茶やっている自公政権に対する批判票がほとんどない(笑)
(それが低投票率での棄権であるなら、自公はなぜ減っていない。憲法改正、原発推進、消費税増税、TPP、国家主義を支持するために、わざわざ投票所に足を運んだ人が多いと言うデータになるが)
今までのデータだと、揺り戻しで民主にもそこそこ票が戻りそうなものだがさらに激減。
自公は無傷の支持者微増(投票数の減少を考えると驚異的)

今回の不正は、前回のH24衆比例データをマスターにした雰囲気。
前回の衆院選での不正を100%フルパワーとすると、今回は30%で流した感じでしょうか(笑)
大きな選挙になると、突然息を吹き返す自公の不思議であった。
地方選も勝ちだした?(笑)
参院選も当然やってきます。要対策。
オザワン経由で国連に依頼してみるとか。(プーチンに立ち会いをお願いするか)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

植草一秀@uekusa_kazuhide18分

連投1 7月16日付ブログ記事「ほんとに怖い言論弾圧日本がすでに始まっている」メルマガ第615号記事「参院選投票用紙を地獄への招待状にしてしまわぬよう 」より一部転載

連投2 7月4日の参院選公示日。自民党の安倍晋三党首は第一声の地に福島を選んだ。市民からは「前回も来たのが選挙のときで、また今回も選挙のときで、選挙のときしか来ないしね。福島をそういう形で利用しようとしているのかなあっていう思いももちろんある。」との声も聞かれる。

連投3 この街頭演説に福島県二本松市在住の一人の主婦がプラカードを持参して駆けつけた。プラカードには、「総理、質問です。原発廃炉に賛成?反対?」と書かれていた。

連投4 演説会が始まる前、この女性を4人の男性が取り囲んだ。一人は「警察の者ですが」と名乗った。女性はこのときの模様を、「連絡先をしつこく聞かれて本当に怖かった。逮捕されるのではないかと思うほどだった。」と述べた。

連投5 この「事件」についてネットでは早い段階から情報が拡散されていた。私の元にも早い段階で情報が届けられた。大半のマスメディアが、このような重要事項を黙殺するなかで、7月14日付東京新聞=中日新聞『こちら特報部』が、この「事件」を詳報した

連投6 自民党憲法改正草案第二十一条は次のもの。(表現の自由)第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、保障する。 2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。

連投7 詳しくは拙著『アベノリスク』(講談社)をご高覧賜りたいが、自民党憲法改正草案は大日本帝国憲法に通じる。第29条 日本臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ言論著作印行集会及結社ノ自由ヲ有ス

連投8 大日本帝国憲法第29条の規定に基づき、悪名高い治安維持法が定められ、死刑の規定が盛り込まれた。日本はいま、軍靴の足音が響く暗い時代に逆戻りし始めている。

連投9 参院選の投票用紙が、地獄への招待状になってしまわぬよう、細心の注意を払う必要がある。

連投10 参院選の投票用紙を無駄紙にしないよう、参院選では次の三原則を徹底的に順守し、また、この三原則を広く流布する必要がある。参院選三原則とは、「棄権しない・自公みんな維新に投票しない・民主に投票しない」(了)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )