コメント
 
 
 
911テロの真相が暴露されつつあります (武山祐三)
2010-08-19 16:04:43
武山です。まさに今、911テロの真相が暴露されつつあります。「つむじ風」というサイトです。ここで、日本人の911テロ体験者、山崎淑子さんという人物が、長年の沈黙を破って、日本人の目から見た911テロの真相を生々しく語っています。インタビュー形式で取材に応じたものです。私はこれを見ながら、マシュー君の最近の本、新しい時代への啓示、に書かれている最後の部分、「あの恐ろしいテロ行為を誰が計画し実行したかがが明らかになれば、それが彼らの完全なる滅亡になるだろうことも知っている――」という部分を思い出しています。ぜひ皆さんもこのインタビュー記事を聞いてください。特に日本人の立場から見た911テロの実態を知る事が出来て、大変興味深いです。まさにシンクロニシティです。
 
 
 
飄(つむじ風) (flatheat)
2010-08-19 16:16:09
ありがとうございます。検索して見つけました。
http://hyouhei03.blogzine.jp/
 
 
 
 9:11ー2001 (いろは)
2010-08-19 17:48:52
これは、じつは予言でもなんでもない。1ドル札の裏にラテン語で「新世界秩序」と刻印された年1934
年に、フリーメーソンが作成した66年にわたる壮大な計画だったのである。 1934+66=

でも、なぜ2001年なのだ?それはフリーメーソン
独自のAL(Anno Lucis:アンノ・ルキス)暦法で数えて
2001年にあたる年である。
この年までに、彼らは「あること」を実現しなければならない使命を帯びているのだ。
”光の年”を意味するアンノ・ルキスは、BC4000を「ルキス誕生の年」と定め、その年を起点として暦を
起こしている。
”光の年”の「光」とは、あの悪魔の頭領、堕天使「
ルシファー」のことである。
BC4000年は、天地創造の年ではなく、バベルの塔建設(ニムロデ)の年なのである。

   1998年2月号 MU-magazine No.207

 
 
 
国境警備強化法 (カバラ)
2010-08-19 19:21:00
8月13日に米国で「国境警備強化法」が成立した。これは、メキシコからの不法移民の流入を阻止するため、国境警備強化に6億ドルを拠出することを定めた法案だ。本来であれば、議会が夏季休会である時に、この法案を急遽成立させたのにはわけがある。つまり、国境を越えて入ってくる人もいれば、“出て行く人”もいるということであり、国境を警備強化するということは、裏を返せば、「米国から国外逃亡を図ろうとする闇の犯罪勢力を捕捉する」ということだ。「地獄の底まで追い詰め、逃しはしない」という犯罪勢力に対する最後通牒である。サ・ルー・サが「私たちが闇の勢力の周囲を網で囲いこんでいることを確信してください。」と言っているのはこのことだ。NASARAは近い。
 
 
 
国境警備強化法2 (カバラ)
2010-08-23 14:48:26
日本でも国境警備が強化されているようです。

8月23日 ベンジャミン・フルフォード記事

【中曽根康弘元総理大臣が膨大な量の高い価値のある財政手段(ゴールドだろう)を持って、北朝鮮の潜水艦に乗船しようとしていたところを捕捉された】そうです。

本当なら、日本の他の闇の勢力の諸君も首を洗って待っていたほうがいい。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。