僕の消灯時間まで

ブログの引越しをしました。
愛する方々へ、遺書のように。

日常

2017-07-15 22:26:26 | 日記
日常。
もしくは普段。

いい日常や、いい普段であれば最高。
もうそれは最高のこと。

今週も、アレヤコレヤと応援に行って参りました。
月曜は富谷高等学校。
火曜は企業さま。
金曜日は東宮城野小学校。

そりゃもう忙しいです。
仕事をしなければ生きてはいけない。
そりゃそうさ。

それでも「俺はやれることをやるのだ」と決めたのだから、やるのです。
決めたことは、やる。
そんな単純なことも出来なくて、一体テメェに何が出来んだよ。
と、自分に言い聞かせています。
自分のルールを守るのが得意です。

階段を左足で登りきるとか、靴下は左からとか。
タイルは桂馬の動きで歩き、横断歩道は白だけで落ちたらサメ地獄。

僕はそんな風に生きておるよ。

いい普段だと、僕は思ってる。

富谷高では恩師に出会った。
「ぬりたくん」は歳をとっていたけど、変わってなかった。


二高の応援団の後輩がいた。
彼は二個下の一年生だった。
ライバル校だけど僕は彼等を弟のように思い、接していた。
やめようとする二高の応援団幹部の説得をしたりしたなぁ。
「男だろう俺たちは。一度決めたことだ。やり遂げよう。」
南海部品の前のガストで、夜中までずっと話していた。
そんな風な付き合いを、彼等とはしていた。


相変わらず、出てきた直後はふざけんのね。
つうかテメーよ。
それ、団長旗だろうがよ!!


なんだそれ。
うしろのしゃくれてるのが気になるね。


こいつだ。


はいはい。
おもしろい、おもしろい。


まだ変な顔してるし。
誰も見てねぇのに、ずっとこうなのかな?


いい応援だったと思います。
伝わってくれ!
と思いながらやっとる。
伝わったろうか。


がんばってて何がいけねぇのよ。
がんばるってことは、かっこいいことさ。
今は逆ね。
「あいつ、なに頑張っちゃってんの?ダサ。」
いいじゃねぇかダサくていい。
いやダサくない。
かっこいいじゃないのよ。

ドンドンやっちまいな!
周りなんぞ気にしなくてよろしい!

そんな内容でがんす。

企業での応援も同じ。
残念ながら控え室の写真だけですが。


小学校では応援指導もありました。


応援団に入った理由。
大人になって、こんな時だからこそ応援団をまたやろうと思った理由。
そんなことをお話ししました。

「さぁ、やってみようか。」


なんとなんと。
お父さん、お母さん達も参加して汗グッショリです。


「応援する人は、1秒も楽をしてはいけない。楽をしてる人に頑張れ〜って言われてもムカつくだけでしょ?ビシッと立ちま〜す!」
「はい!」
「返事は押忍!」


僕らの着替えを覗きに来た子達。

実は「みやぎ復興応援団」がこの中におります。
相変わらずナイスエールだった。


そして今日は「竹」を取りに行きました。
サダポンの船で。


「ねぇ、あっちかなぁ?」
「え?」
「島。あっちか?こっちか?」
「ええええええ?」
そんな感じで海に出る彼は最強だと思う。


「大丈夫だ、あっちだ。」
「まだ言ってる。」


着いたでや〜んす。


竹を切る。


枝を払う。


積んだ〜。
暑くて、竹藪の中かゆくて、死ぬ〜。


ドカベン。
まりこさん、ドカベンの巻。
「それ、竹だぞ〜。」


「き〜もちい〜いね〜、平く〜ん。」
「うん!」
旗振りの時に使う竹です。
干して乾かして、来年以降のスペアにするんです。
これで、もっと団員が増えても大丈夫。


稲庭うどんをみんなで食べました。
「平くん、うどんなら食べられるでしょ?」
「うん。」
クローン病は厄介だよ〜?
油モノは全然ダメだね。


とにかく毎日暑い。

でも、いいなぁ夏は。
いいよねぇ、夏は。
プール行きたいなぁ。


皆さんも、いい普段をお過ごしですか?
僕らはコレが日常で、いい普段です。

そうそう。
僕はチャレンジをするぞ。
子ども達にだけ言ってるのはズルいからな。
よし。
僕はチャレンジをする。

詳細は、まて次号!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

交換エール

2017-07-13 22:20:45 | 日記
僕が高校に入学し、応援団に入った理由の一つには【交換エール】というものがあると思う。

僕は受かり、友人は落ちた。

彼とは親友で、そしてライバル。
何をするんでも一緒だった。

それなのに僕は合格発表の時に喜んでしまった。
一緒に悲しむことが出来なかった。
一緒に悔しがることが出来なかった。

僕の心は未熟で「卑怯者」が芽生えていた。

そんな時に応援団が出てきて、僕たちは怒られた。
「隣で泣いているのは、諸君の昨日までの友人でいいのだな?」
という内容だった。

そして、残念ながら受かることが出来なかった人達へのエールが始まる。
「いつかまた、大学や社会に出た後で同じ時間を過ごす時がくるはず。それまで達者で。」
僕の心を見透かされた気がした。

僕は自分が情けなくて、そして先輩達がかっこよかった。
腐りかけた根性を叩き直してもらおうと思った。

決して短くはない高校生活の中で、試合の勝ち負けに問わず【交換エール】というものを何度もした。
勝った僕らにとっては最高の日でも負けた相手には最悪の日。その逆の日も。
「素晴らしい試合をありがとうございました。」
そう言ってエールを送り合う。
エールを終えて、深々と頭を下げる。
(ありがとうございました)
と心の中でもう一度言う。

僕たちは生きている以上、どんな時でも同じことが起きています。

楽しい日々、素晴らしい日々、幸せな毎日。
結構であるし、全力でその日々を謳歌しよう。

それでも、心のどこかに忘れてはいけない【あの時の感情】を置いておかなくちゃいけない。
心の推敲を重ねなくちゃ。

僕は、そう思うんです。

誰かに「いいね」をもらうことが「いい」のではない。
自分が「いいなぁ」って思うことが「いい」んじゃないのかな。

「できる人間」を目指すのではなく「できた人間」を目指すべきだ。

見た目じゃない。
車でもない。

心意気だ。

使い慣れてない道具と同じ。
使い慣れてない言葉も、きっと怪我をする。

そして使い方を間違えると、道具も言葉も人を傷つける。

全てにおいて、どうか安全第一でとしか言えねぇや。

大切なことを、大切にしたいものである。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ざんまい

2017-07-07 22:40:06 | 日記
今朝は古川へ。
古川東中学校です。


講演会と。


応援です。
命とは時間。
時間とは命。
時間の無駄遣いは命の無駄遣いなのだと僕は思う。


体育館って、暑いのね。


ここからが見どころです。

なんの打合せもしてないのだがね、体育館を出た瞬間に皆、それぞれに変顔をする。
これはまだよい。


……。


なんで??


もう、言葉もない。
顔の筋肉がすごい発達してんだろうな。
後ろの方は感動して泣いてます。


「団長〜」
「なんだよ、うっせぇな。」
「この方、泣いてます。」
「ぎょ!」
「ぎょってことあるか。」
「お腹痛いの?」
「感動しちゃって。」
「ふ〜ん。」
「ふ〜んってことあるか!!」

「もう帰ります。」
「ええ?お茶でも。」
「では少しだけ。」
お茶を頂いた。
「では帰ります。」
「この後も応援ですか?」
「いえ。」
「何か予定でも。」
「はい。ウナギの予定が入っておりまして。失礼したす。」
「ウナギの予定…」

ウナギだぁ!
UPをチャージしまーす!
UP?
ウナギパワーのことさね!
奮発!
しばらく断食するレベル!


いただきます!



数件野暮用を済ませましたらば、国際センターでまた応援です。
日本医療マネジメント学会という、日本中の院長先生達が集まる学会での応援です。

「ん?」
「どうしました、団長?」
「クンクン。なんか、臭くないか?」
「なんの匂いっすか?」
「いや、田舎臭いんだよさっきから。」
「はて?」
「あぁ、先輩か!先輩お疲れ!」
「フザケンナヨお前。」


なんとなんとの11名。
学生の頃もこれだけ団員がいればなぁ、なんて考える。


盛り上がりました!


神田のじーさんもウナギにご満悦。
遠くから来た甲斐あったね!


さくら小路接骨院に寄ったり、お向かいの小堀電気屋さんに寄ったり、朗らかな1日でしたとさ。

ところで。

僕はけん玉が超うまい。
ダニエルは全然だめ。


明日も明後日も、なんでもない日が続くように。

せめて僕らは、今は祈るしかない。

愛とは祈りだ。
僕は祈る。

真っ黒焦げだけども。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

講演と応援を終えて

2017-07-06 20:39:26 | 日記
講演と応援を終えて大宮を目指しています。


目の前に富士山がありました。


そんなとっても立派なホテルで【防災】ってことや【命】ってことを話して来ました。


こうやって、講演会に関しては一人で行くことよりも皆で行くことが増えてとても嬉しい。
そして、楽しい。
ありがと。


とりあえず、九州のみんなは元気だと連絡が来た。
それは一先ず安心。

【僕らは元気に過ごしています。】

子どもの頃は分からなかったけれど、楽しいとか嬉しいとか幸せだなって感じている時には、必ず世界のどこかでは辛かったり悲しんだり苦しんだりしてる人がいる。

僕が死んでも、地球は回る。
当たり前のことなんだけども。

ばあちゃんが死んだ日に、産まれた赤ちゃんもいたんだろう。

今日は僕にとって最高の日でも、誰かにとっては最悪の日。
その逆もある。

なにかしら楽しいよとか嬉しいよとかを発信する時には心してやんなきゃならない。

そんなことを思っています。
どんな時でも、自分がしっかりとしていないと。

やれることは、やる。

その上で、僕らは元気に過ごしています。
元気に過ごしてますからね!
大丈夫ですよ〜!!

元気な僕たちに、なんでも言ってけろ!!

パピコ最高!


パピコ最高!!


僕たちは元気でいましょう!


新幹線、間に合った〜!


ナベさん、今日はありがと!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レコーディング

2017-07-06 09:38:02 | 日記
レコーディングをしています。


だから、いつか音源が出ると思います。


フォトジェニックな壁、いいね。


調子に乗ってカッコつけてる岩沼のおじさんとは24〜5年合わない週がありません。


そんな彼は先輩ですが、もう随分と長い間、先輩に因縁をつけるときの顔はこんなです。
「なに、見てんすか?」
「見てないよ…?」
「見てたろうがよ?」
「見てまてん!」
「見て太郎?」
「Q太郎!」


その後、こうなります。

ドッ


ギャーーーーン


仲良しです。

それでは、今から富士吉田市の方へ参ります。
帰りは終電になるのかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加