僕の消灯時間まで

ブログの引越しをしました。
愛する方々へ、遺書のように。

わらしべ舎

2016-10-15 21:46:09 | 日記
今日は社会福祉法人わらしべ舎さんの応援でした。
こちらは自立支援の施設です。
わらしべ祭という、年に一度のお祭りでやんす。


おいちゃんも、足の火傷がなんとかかんとか。
ご家族での参加です。
でも、まだ激しくは動けません。
大きくなるね、人のうちの子は。


掃部関団員も、今日は家族みんなで来ていました。


下の子!おチビちゃん!


なので、最初のぶっ込みの特攻は掃部関団員に任せました。
お父さんが出て来た瞬間、彼の愛娘が、
「わぁ〜!」
と、目を輝かせて手を合わせていました。
なんかいいなぁと思いながら見ていました。
僕のところからは、結構色々見えております。
パパ、かっこよかったね。




老師もおります。
気を溜めてるんでしょう、きっと。
この後、出すんでしょうね。
ナントカ波を。


「キェェエエエエェェェエ!!」
やっぱりね。


凄まじく天気のいい日でした。


僕は、もう、モテモテでした。
女性に囲まれてキャーキャーです。
ツーショットなどもお願いされちゃって。
いやぁ、本当に困っちゃったよ。

嘘だって?

はははは。

本当ですよ。

ほら。


ほら。


ご年配!!

さ。
彼等は応援団が大好きになったそうです。
どうもありがとう。
今度、カレー食べに来ますからね!


「おおす!元気出ました!いやなことばかりだけど、元気出ました!」
「押忍」


太鼓も大変よ。


ほんと大変。


僕がこんな感じの頃。


お前ら、楽しそうだなぁオイ!


サダポンと次の手を考えております。
僕らは、僕を使ってドンドン企画をしています。


見事な青空でござった。


そして、今朝の河北新報に載っておりました。
ありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋晴れの空に。 | トップ | 禅のことを好きな子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。