僕の消灯時間まで

ブログの引越しをしました。
愛する方々へ、遺書のように。

現場近くのおばあさん。

2017-04-19 13:20:25 | 日記
現場の母屋にはおばあさんが一人で暮らしています。


僕らが現場に到着すると、待ってましたとばかりにゆっくりと歩いて出てきて、お話をしてくれます。
昔、この場所は牛小屋だったということ。
3頭飼ってて「こっこ取り」をしていたということ。
その産まれた仔を売って、お家を建てたということ。
それらの話をね、毎回ループでお話ししてくれます。
驚きなのは一度の会話の中で何度もループすること。
その都度、初めて聞いたように「へぇそうなの?!」とお返事をしています。

「お昼食べたの?」
「お昼は食べずに仕事してんの。毎日そうしてるんだよ。」
「お腹いっぱいになっと、ダレっからね。」
「うん。その代わり早く帰るの。(笑)」
「あらららら(笑)」
そんな話をしてたんだけど、
「これ、食べなさい。お昼まだだすぺ?」
と『食材』を頂きました。
「わぁ、ありがとう!」
とは言ったものの、食材なんです。


はて。
どうしようか。
「夜にでも食べたらいいさ。アタシが作ったわけじゃないからね。農協のやつ。持ってきてくれんの。食べきれないからさ。」
それでは、大切に頂きます。
おばあさん、ありがと。

「色んなことがあったけどね、いい思い出ばっかり。」
おばあさんはいつもそんな風に話します。
小さい頃、親方が川で溺れて亡くなったこと。
自分は婿をもらったってこと。
草刈機の扱いは誰にも負けないってこと。
色んな話をループでしてくれるんだけど、毎回毎回楽しかったんだよと締めくくります。
おばあさんだって少女だった頃があって、ときめく乙女だった頃がもちろんあったのだ。
そして、その全てにおいて「色んなこと」があったにせよ楽しかったんだよと話す。
「吉田川はいつも氾濫するの。」
と遠い目で話す。
でも、その片付けもそれはそれで楽しかったんだって。
牛の世話は大変だったけど、家を建てたと誇らしげに話してくれます。
「娘ばっかりだったけど、男の子ってのはやっぱり優しいね。」
よかった。
おばあさんの男の子のイメージを崩さなくて。
他の業者さんはおばあさんが来ると逃げてしまうけれど、僕と千田くんは話を聞きながら作業を進めます。
「あんだ達は高校生すか?」
「違うね(笑)」
「違うの!」

人を軽んじてはいけないと思う。
何回も同じやりとりをすることは面倒くさいのではなく、同じ本を何度も読むのと変わらない。
決して薄くはない「おばあさんの本」を今日も何度も読み返してます。

そうだね。
僕もいつか誰かにループで誇らしげに話せるように生きていきます。

おばあさん、ごはんありがと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイス | トップ | ぷち正念場のような »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かな@横浜)
2017-04-19 14:03:10
今度仙台の実家に帰ったら
「父の本」を何度も読み返そうと思いました。

ありがとう。
Unknown (じゅん)
2017-04-19 14:33:38
涙がでます。
本を読む。今日は、あらたな気持ちで母と向き合えそうです。
感謝
本当に (はな)
2017-04-19 14:46:59
本当にそうですね。
介護で疲れてる私に書いてくれたような気がして読みました。
何度も何度も何度も何度も同じ話しをして来るので嫌気がさしていました。
でも、一番素敵な思い出を聞かせてくれてたんだなぁと。

団長ありがとう。
ありがとうございます。 (kon)
2017-04-19 16:20:22
読んですぐに遠くにいる母を思い出しました。
母は認知症っぽくなってしまい、仕事や住んでる場所の関係上施設に入所しています。
同じことを何度も話し、あれれ?と思った時には認知症とのこと。
私はその時、来るべき時が来てしまったと自分のことだけを考えてしまいその後に猛烈に反省したことを忘れられません。
それでも、いつ行っても同じ話ばかりで段々と訪れる頻度は少なくなって来ていました。
私が小さい時に交通事故にあって肝を冷やしたという話。
父のこと。姉のこと。孫のこと。
お父さんがお家を建てた時のこと。
私の好き嫌いの話。

団長が言うように「母の本」なのだと思って、お気に入りの本を読み返すように何度も読み返しに行こうと思います。
録音しておくのも大切かもしれません。
そんなことを思いました。

明後日の金曜日に行ってこよう。
母が好きな果物と、お浸しを作って行ってこよう。

ありがとうございます。
団長。
Unknown (じゃじゃ馬)
2017-04-19 21:53:18
ホントにそうだね
心が温ったかくなりました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。