88mm Flak -FLANKERのブログ-

なんとなく思いついたことを適当に

距離感

2016年05月22日 21時50分56秒 | 社会
どうしてこうも悲惨な事件が絶えないのか息苦しくなる思いだが・・・

昨晩、芸能活動をしている女子大生がファンという名のストーカーに何カ所も刺されるという事件が発生した。
女性は意識不明の重体とのこと、まだ若いのでなんとか生命力が勝ってくれることを祈る。

犯人は直ちに逮捕されたようなのだがニュースを見ていると不思議なことが。
名前が自称○○、と報道されているのだ。

この自称というやつ、例えば自称会社役員、とか言えば「実は無職なんだろ?」とか思うわけだが
自称無職、と報道される容疑者がいたりする。
これは察するに暴力団員などではないか?だって私のような人間なら自称もなにも完全に無職なわけで
あえて自称、と報道されると言うことは何か背後関係が疑われる場合で、その場合まあ、ありそうなのは暴力団構成員だろう。

では、自称○○、と氏名が自称になってしまうケースというのは何だろう?
想定されるのは通名使用の在日半島人、と考えるのが妥当だろうか?いずれハッキリするだろうとは思うが・・・

さて、ニュースでは犯人のツイートなどが明らかにされているのだが、近年とみに思うのが芸能人と一般人の距離なのだ。
昔は芸能人というのはテレビやスクリーンの中にいる人で、よほど熱心な人はコンサートに行き、遠くから声援を送る、まあこんな感じ。

ところが最近はネットの普及に加え、地下アイドルとかご当地アイドルとか言われる人たちが大勢いて
この距離が異常なまでに近くなっているように思う。
AKBに代表される年中握手をしている人たちなどは歌を歌うのが仕事なのか握手するのが仕事なのか全くわからない。
そしてブログへのコメントやツイートなどでさらに距離感が曖昧になる。
いくらツイートなんかしたところで芸能人との距離なんて全く縮まったりしないのだが、勘違いしてしまう人種がいるのだろう。

私の場合、幸い少しばかり早く生まれたおかげで今のネット社会に一応距離を置けていると思っている。
私が初めてパソコンを手にしたのは会社に入ってからで、世の中はパソコン通信の時代だった。
28.8kモデムが登場したときは大騒ぎだった。私はその後ISDN64を経て光回線という道をたどったわけだが
今の人たちは幼稚園くらいから光回線だろうか?
携帯電話も30を過ぎて入社10年のご苦労休暇の時、上司から緊急連絡出来るように携帯買ってくれ、と言われて買った。

そんなわけで私的にはいわゆるSNSというものにほとんど興味を感じない。好きな芸能人のブログやインスタなどは見たりするが
まあそんな程度。せいぜいこのつまらないブログを書くくらい。ましてや握手会とか、いやいやとてもとても・・・
しかしもし私が今、20代だったらどうだろう?結構思い込みの激しい人間なので危なかったかも。

芸能人に限った話では無いが、やはり人間生きていくのに適当な距離というものは重要だと思う。
親子や夫婦でも別の人格なんだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基地問題に思う

2016年05月20日 22時05分22秒 | 国際・政治
さて、またか・・・というような痛ましい事件が沖縄で起きた。
詳細はまだ判明していないが、おそらく多くの人が想像するような状況であったのではないかと推察する。
被害者の尊厳を鑑みてあえてここには書かないが・・・

一斉に沖縄中だけでなく国会前などでも抗議活動が展開された。さすがにこれに「おやめなさい」とは言えない。

ただあまりにも難しい問題なので頭が痛い。
米軍基地は出て行け、と言うのは構わない。私も正直出て行って欲しい。

が、極東アジアの軍事バランスを考えると事はそう簡単では無い。
以前も書いたが当然自衛隊の大幅な増強が必要だ。特に日本は核武装は絶対しない。
となると通常戦力で防波堤を築かなければならないわけで費用は途方も無い額になるだろう。
消費税増税分を全部つっこんでも足りないくらいだろう。

また仮に金の問題がどうにかなったとして、人はどうする?
当然通常型の空母が必要になるが、現在最大の護衛艦いずもの乗員は500名を超える。
いずもの全長は248m。空母となれば最低でも300mはいるだろう。ミッドウェイがそのくらい。
一個飛行隊約20機と偵察機その他を加えると乗員は1000名近くなるだろう。そんなに自衛隊員は集まりませんよ。
レーガンの全長は330m超、乗員は3000名プラス航空要員2500名ということらしい。どうすんだ?

大陸は新型空母の建造を始めているとかいう話だし、バランスを考えると3対1になると危険らしい。
要するに大陸の空母が3隻になると現在の米第七艦隊は日本を見捨てるかもと言われている。

在日米軍が出て行っても同盟関係はさすがに維持されるだろうが空母は日本が配備しなければならないわけで
最低でも2隻の攻撃型空母が必要になる。アメリカみたいに一隻に二個も三個も飛行隊を搭載するような空母は端から無理だが
それでも2隻で2000名以上が必要になる。

結局のところ、今米軍に出て行かれたら沖縄も含めて日本が困るわけだ。
それでもやはり出て行ってもらうことを真剣に考えなければならない状況になってきていると思う。
ヘタをするとトランプが大統領になるかも知れないわけで、無理矢理核配備なんて事になったらよほど危険だ。

今回のような事件が起きるとどうしても感情的になりがちだが、(当然だと思うけど)それとは別にしっかり国防体制を
整えないと早晩大変なことになるような気がする。

今回の事件はキッチリ捜査してもらうとしても、防衛体制の構築が急務になってきている、これはおそらく間違い無いと思う。


出展不明
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第三者?

2016年05月20日 21時24分06秒 | 国際・政治
ニュースウオッチ9を見ながら書いているのだけど・・・
予想通りトップは舛添会見。冒頭を見て「は?」と思ったので相撲までテレビを消してしまったわけだが
何が「は?」かと言えば第三者というのが、一体誰によって選出されるのか?ということだった。

ニュースウオッチ9を見ていてその辺どう言う報道がされるかな?と思っていたのだが
河野さんがキッチリ言ってくれた。舛添がお友達の弁護士を選べば問題なしの判定が出るに決まっている。

近年、第三者委員会とか社外取締役とか大流行だが、選ぶ側が都合のいい人間を選ぶんだから何の効力もないだろうと
ず〜と思っていた。今の企業は社外取締役が大抵(大手の場合)いるわけだが、コンプラ違反はまるで減らない。
社長や専務のお友達が選ばれるんだからそりゃあ当然だ。

しかしこの舛添というヤツ、とことん愚劣なヤツだと思う。朝生に出ていた頃から「つまんね〜ヤツ」と思っていたが
やっぱり30年も経っても何も変わっていないようだ。

どこかで読んだのだが政治資金規正法というのは穴だらけの法律らしく、極論すると金を何に使ってもいいらしい。
趣味に使っても、自分の飯代に使っても法的には違反でないらしい。
きっとそう言う判定が出るだろう。

結局、その人の問題で倫理観の有る無しでどうとでもなる、そう言うものなのだ、というバカバカしさ。
そりゃあ政治屋になりたい人間が後を絶たないのも頷けるってもんだ。

やれやれ、言葉がありませんよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄金の日々ふたたび

2016年05月15日 22時09分44秒 | ブログ
今日、ネットニュースを見ていたら、かなりうれしいニュースを見つけた。

現在のところ好調を維持している大河ドラマ『真田丸』に松本幸四郎が出るというものだった。
しかも役どころがあの『黄金の日々』で演じた呂宋助左衛門役だというのだ。

私にとって今もナンバーワン大河は『黄金の日々』なのでこれは相当にうれしいニュースだった。
『黄金の日々』は市川染五郎(当時)、根津甚八、川谷拓三のでこぼこトリオが堺、マニラと駆け巡る
痛快時代劇で初めて商人、しかもほぼ架空の人物が主役だった。
万年切られ役の川谷拓三が一躍トップスターになった作品で、私の覚えている限り、初めて○○さんを死なせないで、
という嘆願がNHKに殺到した大河だったと思う。
川谷拓三が演じたのはいわゆる雑賀衆の鉄砲の名手、杉谷善住坊。捕らえられて、のこぎり引きの処刑を受けるのだが
子供ながら涙なしには見られないシーンだった。染五郎は涙、鼻水、よだれ垂らしまくりの熱演だった。
他には根津甚八の相手役で夏目雅子さんも出ていた。
信長、秀吉を『太閤記』以来の高橋幸治、緒形拳が演じるなどちょっと今ではあり得ないくらいのウルトラキャストの作品だった。

記事を見る限り、まだどんな感じで出るのか詳細は不明なようだが、これで楽しみが一つふえた。
今日の放送は茶々と幸村の因縁を描いていてなかなか意味深長でした。
このまま変なことをしないで進んでもらいたいものです。

さて、今日は全国的にいい天気だったので私の田舎もいい天気だろうなあ・・・と思い
地元の鉄道のホームページで駅のライブカメラを見てみました。

それがこれ。


私の田舎は秋田県の矢島町、現在は由利本荘市矢島町です。これは旧国鉄の羽後矢島駅、現在の由利高原鉄道矢島駅を
裏側から撮影したもの。左端にいるのがユリ鉄の車両、そして中央奥にそびえるのが鳥海山です。
私的には富士山を除いて、これほど美しい山はないと思っています。

昨年法事で帰りましたが、なかなかちょくちょく帰れませんので寂しいものがありますね。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

広島

2016年05月11日 22時37分22秒 | 国際・政治
どうやら今度のサミットのあと、オバマが広島に行くことが決まったらしい。

70年も経ってようやくか?とも思うが、まあ素直に意味のあることだと受け止めたいと思う。

アメリカでは多くの人が原爆は戦争の早期終結に寄与したととの自己正当化が行われているが
わざわざウラニウム型とプルトニウム型の二種類を使っているところからしても
極東のサル相手に実験をしたことは間違いなく、もしあの時点でナチスが降伏していなくても
日本に落としたのは言うまでも無い。
それを結果的に多くの人命を救ったのだ、などとんだおためごかしで、よくも言えたものだと思う。

が・・・それを持ってして、アメリカに謝罪しろと言うのはどうだろうか?
それでは大陸や半島と同じでは無いか?

アメリカ側から見た原爆投下はそうなのだとして、日本の側から見た場合はどうなのか?ということだと思う。
あの時点で軍部は本気で本土決戦を指向していた。やる気だったのだ。
特に負けっぱなしの海軍に比べ、陸軍は地の利を生かせば撃退できると大まじめに考えていた。
当然、国土はさらに疲弊し、人命も何万、何十万と失われたと考えるべきだと思う。

アメリカ側から言われる筋合いではないが、日本人側としては広島、長崎の絶望的な犠牲のおかげで
失われずに済んだ命があったということは考慮しておくべきじゃないかと思う。

なので私としては謝罪はいい、実相をよく知ってもらい、国に帰って伝えてもらいたいと思う。
核廃絶が5年10年で出来るとは思っていないが、結局のところアメリカに先頭を切ってもらうしかないのだから。


過ちをおかしたのは誰なんですかね?私にはわかりません・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加