フラナガン水素 長寿村フンザの水を再現

健康と美しさをいつまでも、水素と酵素で細胞を生き生きさせる還元の発想
食べる水素(水素サプリ)と水素製品全般を紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

太田成男教授、ダイエット&ビューティーフェア2010で“水素浴”講演

2010年08月11日 | 日記

ダイエット&ビューティーフェア アジア 2010(第9回)
2010年9月13-15日
東京ビッグサイト 西1・2ホール

都合により中止9月13日(月)11:45-12:15
水素研究の第一人者
日本医科大学大学院医学研究科 加齢科学系専攻 太田成男教授
講演 “水素浴”について(仮)
聴講無料 ■E会場
西1ホール内特設出展社セミナー会場にて開催

事前登録


太田成男・日本医科大学教授(細胞生物学)らは、水素を使って体に有害な活性酸素を選択的に除去することに成功したと、米医学誌「ネイチャー・メディシン」(電子版)に2007年5月8日発表した。活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけ、がんや動脈硬化などの引き金になるとされる。研究によると、水素は活性酸素の酸化とは逆の還元をする。ラットの細胞に人工的に活性酸素を発生させたのちに水素を加えると、活性酸素の中でも悪質なヒドロキシルラジカルを選択的にほぼ半減させ、死滅する細胞もほぼ半分になった。脳に活性酸素を発生させたラットに2%の水素を含んだ麻酔ガスを吸わせると、脳の炎症が治まり、6匹中4匹は両足を動かせるまでに回復した。水素を与えないラットは、足が動かなくなるなど症状が悪化した。これらの結果から、脳梗塞の治療につながると期待される。活性酸素の中には人体に必要なものもあり、それら全てを消去するとかえって障害になる例が報告されている。水素は体に無害で、有害な活性酸素を選択的に無毒化することが認められた。
Hydrogen acts as a therapeutic antioxidant by selectively reducing cytotoxic oxygen radicals

【8月27日】 セミナー「健康食品の表示に関する論点と対策」

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ヒドロキシルラジカル メディシン 細胞生物学 医学研究科 ビッグサイト
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 2009年の平均寿命は男79.6年、女... | トップ | 「健康食品の表示に関する検討会... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (バナナデスク)
2010-08-12 05:13:10
こんにちわ〜^^
ダイエットって難しいですよね。
また遊びにきますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。