CLASSIC ROCK LOVE

70年代、80年代のロックとその周辺の音楽について
気の向くままつぶやきます♪

E.L. & P. - Hoedown (Welcome Back My Friends...).wmv

2017-05-20 05:32:28 | プログレ

E.L. & P. - Hoedown (Welcome Back My Friends...).wmv

いろいろ動画を見たんですが、演奏が一番かっこいいのが、このライブアルバムの音源です。

まさに全盛期なんですね。音質もいい。

若さとセンスが爆発している最高のオープニングです。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Cream-Tales of Brave Ulysses | トップ | Yonin Bayashi - Soratobu En... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ローリングウエスト)
2017-05-20 06:54:20
昨年はキースエマーソンとグレッグ・レイクがまさか同じ年に彼も天に召されるとは・・!キース・エマーソンの類稀なシンセサイザーのキーボードテクニックと狂気的なパフォーマンス、レイクの叙情溢れる低音ボーカル、カールのパワフルで凄まじいドラムテクニック。まさにスーパーグループでしたね。今はコンピュータでどんな音も表現できる時代、彼らのような体を張って楽器を操る音楽スタイルはある意味ではアナログなバンドなのかもしれませんね。
ローリングウエストさんへ (ミュウ)
2017-05-20 08:08:27
オルガンロックの魅力。ELPはそこに尽きると思います。ロックにおいて、ギターが主役であるところを、オルガンを前面に出すことによりとてつもない個性を発揮できたバンドでした。それにしても、初期のころの動画を見ると、3人とも少女漫画から出てきたような美形です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。