CLASSIC ROCK LOVE

70年代、80年代のロックとその周辺の音楽について
気の向くままつぶやきます♪

Nitty Gritty Dirt Band - Mr. Bojangles

2017-07-17 17:24:30 | カントリー系

Nitty Gritty Dirt Band - Mr. Bojangles

中学2年生の時に、来日公演で盛り上がっていたのがこのバンド。

そんなに、人気があったとは思えないんだけど、ニッポン放送(ラジオ)はこのバンドと「フォーカス」の来日公演のCMをしつこくしつこく流していました。

フォーカスはレコードを買ってしまったんですが、このバンドはのんびりした音楽だなあって感じで、聞き流しました。

刺激を求める中学生にはちょっと物足りない音楽だったような気がします。

こうやって聞き直すと、年を取ってから酒をのみながら聴くのにいいなあって思ってしまいます。

アメリカンの音楽は酒と合います。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛がすべて - スタイリスティ... | トップ | Buffalo Springfield - For W... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほのぼのですね (ギミーシェルター)
2017-07-18 22:22:19
来日してたんですか?アメリカ指向の人には人気あったのかな?私も音楽にはもっと刺激を求めてたので、カントリーロックなんて聞き始めたのは結構な大人?になってからですね。確かにパブで飲んでてこの曲が流れてきたら気持ち良いかも。
ギミーシェルターさんへ (ミュウ)
2017-07-19 05:40:54
当時ラジオにはまっていた中学生としては、このバンドの名前だけは頭に残ってました。やはり大人向けのバンドですね。
今なら良さがわかりますね。
歌詞もちょっともの悲しくて… (ノッチmrng)
2017-07-21 02:05:00
 この曲かけて好きな酒飲んで、さらに7/20の「Rのブログ」読んだら絶対泣きます←ちょっとした誘導です(笑)
 Nitty Gritty Dirt Bandは73年ごろ黒沢久雄さんの東芝系列の洋楽のラジオ番組で聴きました(何の曲かは覚えていない)。彼らは確か朝飯を2時間くらいかけて採るとか(笑)
 この頃のUKのフォークバンド、リンディス・ファーンの「ミート・ミー・オン・ザ・コーナー」もいいですよ。来日して土居まさるさんのテレビジョッキーかなんかで演奏したの覚えています。
ノッチmrngさんへ (ミュウ)
2017-07-21 05:37:33
黒沢久雄さん、土居まさるさん、なつかしいですねー。
あの当時はカントリーとかフォークとかは興味なかったんですけど、今は聴けるようになりました。リンディス・ファーンって知りませんでした。ありがとうございます。
あ、テレビジョッキーよく見てました。アシスタントの相本久美子さんが大好きでした。
Unknown (ローリングウエスト)
2017-07-21 07:03:14
「ニッティ・グリティ・ダートバンド」大好きでしたね~!最大ヒット曲「ミスター・ボージャングルズ」が一番好きですが、「Bayou Jubilee」や「You Made Life Good Again」などを聴いてみるとこのグループはまさに初期イーグルスの雰囲気(Take It Easy 等)とそっくりですね!それにしても彼らのグループ名は実に長ったらしい・・、直訳すると「愚直で埃だらけの汚らしいバンド」で何か自虐的な名称にも見えますが、その精神には「自分たちはあくまで洗練されることなく、泥臭いカントリーを地道にやっていくぞ・・」みたいな主張があるように思えます。今や、彼らの名を知る人は殆どいませんが1966年結成から現在に至るまで一貫して地道に泥臭くカントリーだけを演奏し続けてきたベテランバンド。商業的成功には殆ど縁が薄い存在ですが、意外にも彼らはオールマンブラザーズやジャクソンブラウン、ケニーロギンス等とも縁があり、カントリー界とロックを結ぶ架け橋的な存在として高い評価を得てきましたね。
ローリングウエストさんへ (ミュウ)
2017-07-21 23:23:33
おーっ、お詳しいですね。このバンドは有名ですが、RWさんほど詳しい方は私の周りにはいません。参考になりました。それにしても、このバンド名好きですよ。

コメントを投稿

カントリー系」カテゴリの最新記事