CLASSIC ROCK LOVE

70年代、80年代のロックとその周辺の音楽について
気の向くままつぶやきます♪

Mountain / Theme For An Imaginary Western

2017-05-03 16:11:05 | アメリカンロック

Mountain / Theme For An Imaginary Western

あえて、人気のミシシッピークイーンを避けて、この曲を選びました。

日本人向けのすごくメロディアスな曲です。

フェリックス・パパラルディの参加したクリエイションのセカンドアルバムにも通じるメロディですね。

レスリーウエストのギターもいいです。

クラシックロックファンならクリームと一緒に思い出してしまうバンドかもしれません。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Bad Moon Rising - Creedence... | トップ | Airplay - She Waits For Me »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
哀愁の (ギミーシェルター)
2017-05-04 19:41:40
確かに、フェリックス・パパラルディの関係でクリームの後継なんて言われてましたが、
サウンドは大分違ってましたね。その見た目から豪放な感じがするレスリー・ウエストのイメージとは別に、
結構哀愁のギターソロが売りの曲があって、その辺が日本でも人気を博した理由かも。
ギミーシェルターさんへ (ミュウ)
2017-05-04 20:26:58
代表曲がミシシッピークイーンなので、イメージが混乱するのですが、こういう曲が日本人の心をとらえたんだと思います。クリームとは違うバンドですよね。
Unknown (ノッチmrng)
2017-05-04 23:40:39
のギターソロがまさに哀愁のプレイですよね。アメリカ人が脂取るためだけに?殺した鯨がモチーフだし。sleighrideって銛を打ち込んだ鯨が弱るまで船を引かせることらしいですが、俗語ではコカイン中毒、人生の絶頂期とかみたいですね。
ナンタケット・スレーライドです (ノッチmrng)
2017-05-05 01:08:31
タイトルにナンタケット・スレーライド入れたつもりが…失礼しました
ノッチmrngさんへ (ミュウ)
2017-05-05 17:32:42
詳しいですね!
勉強になります。
スラングはけっこうロックで使われますね。
Unknown (ノッチmrng)
2017-05-18 00:29:48
ちょっと印象操作になるので訂正します。題材は19世紀にクジラと衝突して沈没した捕鯨船エセックス号(ハーマン・メルヴィルの小説『白鯨』にも影響を与えた事件)で、ToOwenCoffinと付いているように仲間を助けるために自己犠牲を選んだ当時10代の少年船員オーウェン・コフィンに捧げたものらしいです。
ノッチmrngさんへ (ミュウ)
2017-05-20 04:36:10
細かい情報ありがとうございます。
そうだったんですね!

コメントを投稿

アメリカンロック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。