こどもフルート

こどもだってフルート吹きたいもん!
・・・オカリナも吹けるよ・・・

師走です☆楽器購入時期!?楽器選び@こどもフルート

2010-12-12 09:55:58 | 子供用の楽器
こんにちはママせんせいです


暖かい日が続く東京は、とても師走・12月とは思えないほど、おだやかです


気がつけば、師走・・・冬休みまで、コンサート・イベント・レッスンと
大忙しで、毎日フル回転です


さて。みなさんボーナス時期ですね・・・
そして、クリスマスプレゼントとして、
お子さんにフルートを購入される方も多いです。


   そこで、生徒さん達にも質問されるので、子供の楽器選びについて



まず、U字管 幼稚園のおこさんから持つことが出来ます。

 重さと、長さは大人用と同じですが、ちょうど口をあてる部分(頭部管)がUの形に曲がっているので、
 構えたときに、手が体に近く、簡単に持つことが出来ます。
 ただ、大人のフルートよりも、重心が口元にくるので、きちんと前から見て『⊃』の形になるようにセッティングしてください。


いつから大人のフルート(ストレート管)が持てますか?何歳から??

 『何歳から?』と言っても、8歳の子供が、みんな同じ手の長さ、身長、手の力があるかといえば違います。
 『何歳から?』というよりも『身長・手の長さ・楽器を持ち上げる手の力・指の長さ』をみて。


 早い子では、1年生でも130センチ~と背が高く、しっかりとした体つき、長い指をもっていればOK
 逆に、4年生でも背が低くて、指が短くて、楽器を持つのに苦労するようであれば、まだU字管で十分です。

 お勧め『ヤマハ』 U字管付き(ストレートとU字の2本の頭部管がついています・Eメカなし)
 また、U字管のみも購入出来ます。
 


どの楽器がいいの?Eメカ付きがいいの??材質は銀にもいろんな種類があるみたい??穴あき??


 スチューデントモデルで十分です

 価格が高いから、いい音がするわけではありません。
 いきなり、銀製を持っても、重くて重くて、息が足りなくて苦しいです。
 最初は各メーカーさんのスチューデントモデルを!洋銀は、銀(銀の含有率によって、銀の呼び名が違います)よりも
 明るくて、軽くとても響きます。

 Eメカが付いているほうが、3オクターブ目の『ミ』の音が楽に出ます。

 楽器の構造上、3オクターブ目の『ミ』の音が出にくい傾向があります。
 そのために、この音を楽に出すように、ある部分に部品を足しています。その部分が『Eメカ』です。
 最初から、Eメカがついていない楽器を持った人は、そんなに気にならないようですので、まぁ・・・付いているといいなぁ・・・
 というか、緊張したときや、口元に力が入りすぎたり、息が足りないときに、楽器が助けてくれるという程度です。

 材質

 木=グラナディラのような硬い黒い木で作られているもの。
 
 銀=メーカーによって、呼び名はさまざま。洋白銀・洋銀・銀(925など数字が付く場合も多い)=要は銀は混ぜ物が多いので
   その含有率によって、重さも響きも違います。

 金=9K.10K.14K.24K・・・これも金の含有率によります。
   数字が小さいほど、軽く、あたりがよい。
   数字が大きいほど、重く、息の抵抗が必要。


金の混ぜ物の割合によって、メーカーさんによっては同じ14金でも、イエローゴールドやピンクゴールドなと見た目が違います


 穴あき??インライン??

 インライン=押さえる丸いやつがまっすぐならんでいるもの
 オフセット=押さえる丸いやつが、左手の薬指の場所が少し手の方にずれているもの。薬指・小指が短い人はこちらを

 リングキィ=押さえる部分に、穴があいている楽器。
       現代曲で、リングだけ押さえる指使いがあるけれど、普段は関係ない。
       比較的?リングのほうが音が抜ける(=ひびく)感じがあります。



出来れば、いま教わっている先生に選んでもらいましょう


今から、習いたい!!と思っている人は、まず先生を決めてから。センセイと一緒に選びましょ!!


インターネットオークションなどの中古楽器は要注意です

安いけど、修理代が何十万・・・と、購入価格よりも高い場合も多く、
また最初に吹いている人の癖がついていたり、保存状態が悪い場合は鳴らないこともあるので、気をつけて





コメント
この記事をはてなブックマークに追加