ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

大晦日

2014年12月31日 | 日記
12月31日(水)6時起床。今年最後の一日が始まった。自転車ナリから家人に「一時帰宅している隊員へ釣竿を送って」というメール届いていたので右往左往しながらヤマト集荷場を探して持参する。終わって同僚のお墓まいりに行って一年の無事を報告。昼からは、階段、玄関、トイレ、洗面所、お風呂の水回りの掃除を16時半に終えて疲れて腰が痛い。18時半から炭をおこし始める。昨日、家人が職場の人たちと安く購入した冷凍の蟹が届いていたので冷蔵庫で一日かけて解凍していた。
     
蟹の足だけだったので焼き蟹にしました。ちょっと醤油をたらすと旨すぎる! チビチビ酒を呑みながら紅白歌合戦を見ていると、ラバウルから自転車ナリから電話があった。クリスマスから休みに入って、良くしてもらっている隣人の実家に来ているようだ。電気も水道もない村だそうだ。元気そうでなりによりです。小生は満腹になってコタツに入ると速爆睡。今年も紅白の後半から観ていないわ。 

どうして同僚のお墓参りに行ったかというと、29日にさかのぼる。仕事納めの帰りに6年前に亡くなった同僚のお墓参りに行こうと決めていた。しかし29日の日記に書いた通り、納会のあと16時から同僚と呑みに行った。その晩は、なぜか寝付けずトイレに行ったり、何かの気配を感じたりして何度も目が覚めた。怒ってるのだろうか? 話は変わるが、姉から元旦のお誘いメールを読むと、「餅つきをしているマザーの夢を見ました。」と書いてあった。親父が生きていた時は、年末は毎年餅つき大会をしていた。亡くなってからは、姉の子供たちが石臼を引き継いで餅つき大会をしていてマザーも手伝っていた。気配はマザーなのか??? 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株価から今年を振り返る

2014年12月31日 | 日記
12月30日(火曜日)昨年の日記を参考に株価から今年と来年を考える。
小生の朝の日課の一つに日経新聞に掲載している日経平均株価・NYダウ・円・ユーロ・長期金利・原油など書き留めている。そのノートを見てみると、2012年11月14日に民主党野田&自民党安倍首会談で「16日に解散します。」(解散すると言いながら3か月間時期を言ってなかった)と国会で発言してから日経株価は上昇している

2012年11月16日 8,660円 党首会談
2012年12月16日 9,895円 選挙で自民党圧勝
2012年12月30日 10,395円    88円・ドル 
2013年12月30日 16,291円(56%) 105円・ドル ダウ16,480ドル 長期金利0.735
     4月11日 13,885円   
    12月08日 18,303円    
2014年12月30日 17,450円(7%) 120円・ドル ダウ18,038ドル 長期金利0.330
(小生が入れるGSのガソリン価格を調べると、2012年12月は、141円、13年12月は、152円、14年12月は、135円でした。でも今日は安いGSだったので132円)
2013年の56%上昇から今年の消費税8%の前まで上がるかと思っていると正月から下げ始めて4月まで落ち込んだのには驚いた。ノートメモに書いている今年の前半の悪い要因は、アルゼンチン(ペソ)通貨不安、中国の(デフォルト)不安、米国金融緩和縮小、銅の急落、ロシアのウクライナ問題で下げている。4月の消費税で、もたついているけど後半は、イラク空爆、エボラ熱観戦拡大などの地政学リスク、原油価格の下落、ロシアのルーブル急落、ギリシャ政情不安など書いているが結局、円安により株は高くなったのは間違いない。今年の安値より3,500円も上げている。いつも言ってることは、やっぱり高値の時は、利益を確保することが重要だ。その時期なんて誰も分からないから小生なりに、「10万円利益が出ると売り」だと決めたが、なかなか。ロボットのようにはいかないわい。

今年の予想。日経新聞によると、米国の利上げが波乱要因となる。円安130円、原油安はロシア、ブラジル不安がある。今年のリスクがいつも顔を出すことだろう。次の節目は、2007年7月の18,261円、そして20,000円の大台。結果的には、2,000円ほどの上昇ですが落ち込む時期もあると考えると「足るを知る」気持ちが大切で今年を参考にして手堅くやろう。さあ、結局来年も一喜一憂しながら楽しく学んで行きましょう。

     
ガスストーブの前のミル姫は、寒い散歩ではすぐに帰りたがるんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事納め

2014年12月30日 | 日記
12月29日(月)仕事納め。同僚3人と16時に会社を出て開いてる呑み屋を探して19時まで呑む。初めて入った店は、オロナミンCの古い看板などが壁のアチコチにあるレトロな居酒屋だったけど客は二組のみ。
     
来年やりたい事を聞くと、おぼろげながら何か口からでてきますね。それを膨らませて目標にしました。一人は、ラジコンの大会に出る。一人は、マラソンを走る。素晴らしいです。ただ、小生に振られなかったので発言はしていませんがどうしましょう。しばらく考えてみます。

家に帰ってビデオを観ながら大爆笑。「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」という番組。もしも自分しか見えない人がいたら?? 幽霊タクシーといって、助手席に女の人が座っているが運転手には見えないというもの。恐い恐いで大爆笑。DJKooさんなんてタクシー内で合掌をされ、墓地まで送っていかれた。いい人です。その他、原西ゴリラは信じるかなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年を振り返る

2014年12月29日 | 日記
12月28日(日)雨がしとしと日曜日 僕は一人で~ 何気なく書き出すと急に口ずさんでしまいました。懐かしいですね。ザ・タイガースの「モナリザの微笑み」ですやん! 音痴の小生としては、珍しい事件のようなものですよ(笑) 家人は、昼からお母さんと一緒に森山良子のコンサートに行ったので小生は、掃除もせずに、恒例の一年を振り返ることしにた。 

本は、34冊。今年もベストセラー本を読んだかな。やっぱり東野圭吾と百田和尚が入ると読むスピードは上がります。本能寺の変では、大河ドラマの影響もあって実際に信長、光秀のゆかりのお寺を歩いた。4月にはマザーの枕元で手塚治虫のブッダを読んで仏教を学ぶことができた。マンガ恐るべしだ。夏目漱石のこころを読むことができたのはよかった。ミッキーに貸した「ボックス」「政と源」「下町ロケット」は、彼の好きな本の中に数えているから嬉しい。来年も50冊を目標に読みまくるぞー
     
2014年は、マザーの旅立ちの年でした。あの世とこの世が繋がる物語も多くあるけど、重松清の流星ワゴンがドラマになるそうで楽しみです。中国上海にも行った。観光じゃなかったので庶民の中の中国を体験できたのが良かった。来年は自転車ナリのパプアニューギニアに行けたらと家人と話しているがどうなるか。
    
ところで昨日は、今月4回目のジムで、いつもの運動量の多いボディーバランス(ヨガ)と初めて参加するボディーパンプというバーベルを使ったシェイプアップをして今日は筋肉痛であります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天満は満天 壺天&まえ田

2014年12月28日 | 食する
12月27日(土)毎年恒例の神山会は、昨年に引き続きJR天満あたり。店のチョイスは、岩○さんが1ヶ月前から予約してくださった。美味かったですねー。一軒目は、「串かつ・ふらい専門店 壺天(こてん)」
      
料理が美味しすぎていつものバカ話で盛り上がらなかったかも知れませんね。12本のコース料理だったと思うけど、衣をまとった串が運ばれてくると、みんなで中身の評論をしている。海老にしそを巻いている串、蟹にキスを巻いている串、牡蠣や椎茸はほんとに美味かった。水菜の串には驚きがあった。一番写真ばえがいいのはアスパラ。岩○さんの話では、朝の9時から仕込みをしてると聞くと納得!。職人さんの仕事に感動してしまうそんな店でした。
二軒目は、ショットバーでワインで盛り上がった。ここで岩○夫人がご帰宅。夫人とは何度か呑んでいるけど今回は、尼崎出身者のいいところを見つけてしまった。気風がいいというか、なんか頼もしい人だ。小生、酔ってしまって「おばちゃん」と叫んでしまった。岩○夫人様、申し訳ありませんでした。
    
三軒目は、「寿司処 まえ田」 会津の酒・飛露喜を呑みながら・・・といっても写メで覚えてるだけでどんな話をしたのかは記憶がない。
東京から帰ってきたMr茂は、彼女と梅田に泊り、福○さんは、寝過ごして西明石へ。さて小生は、領収書が財布に入っているので分かったけど・・・どこからタクシーに乗ったんだろう。幹事の岩○さん美味しい店をありがとう。来年も皆が仕合わせでいい年になりますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾

2014年12月27日 | 本・音楽・映画
12月26日(金)東野圭吾は裏切らないねェ。またまた感動の本に出会った。「ナミヤ雑貨店の奇蹟」最近、書店でよく見るから読んだ人はみんなココロが暖まっているんでしょうね。この世界に浸っていたいで~す。いいおっさんが!と思われるのは多少恥ずかしいけど。
     
内容は書かないけど、物語を進める手法は感心する。Aを語ると次は外から観たAを語る。Bを語ると知らぬ間にAと繋がっていることに読者は気がついて本当の気持ちが分かってしまうから感嘆の声を上げるのだ。

世間は繋がっているんだと改めて思った。一人一人のココロは、どこか深い部分で繋がっているんだと思う。そのどこかは分からないけど、神と言ったり、ご先祖様と言ったり、光の存在と言ったりすると思っている。今年ももう少しで終わってしまうけど、どれだけのつながりを作っただろう、そして繋がった相手を裏切らなかっただろうか。いい人でいようと思わないけど相手を思う気持ちはいつも真摯であり続けたい。ナミヤのおやじのように。

今日で仕事納めの人も多いことでしょう。先週から雪の影響で、荷物が届かないなど問い合わせが多く、また年末の物量が多いのと重なって事務はパニックになっていると報告書で知った。一時に集中していると思うけど、どうしようかと悩んだ一日だった。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

台湾ラーメン

2014年12月26日 | 食する
12月25日(木)名古屋名物シリーズを<名古屋めし>と呼ぶのも知った。「台湾ラーメン」も有名らしい。昼食で会社の車で連れてきてもらった。
     
めちゃくちゃ辛そうに見えるが、辛さは選べるので初めて食す台湾ラーメンは、小辛にした。美味しかったけどニンニクのスライスも入っているので平日は、要注意です。なんで名古屋めしに台湾ラーメンかと調べると、<1970年代に、名古屋市千種区今池にある台湾料理店『味仙』(みせん)の台湾人店主の郭明優が、台南名物の担仔麺を元に賄い料理として作ったのが起源とされる>

出張から帰ってケンタッキーフライドチキンとピザ、もちろん食後のケーキもあったクリスマスパーティー。久々のフライドチキンは一人3ピース計算で買ったけど2ピースで十分です。小生も家人もすぐに満腹になってしまうので悲しい。TVは、小田和正のクリスマスの約束に今年も感激。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋名物 エビフリャ~

2014年12月25日 | 食する
12月24日(水)名古屋での会議が終わって市内のホテルに直行。名古屋の街を散策しようとウロウロする。腹も減ったので一人で入れそうな店を探す。やっぱりクリスマスイブなのでカップルが多い。地下街の和食屋さんのメニューに、エビフライと手羽先ときしめんの名古屋セット1,400円があったので食す。味噌カツもあったけど前回食している。
     
ホテルの入り口に名古屋名物が掲載されている冊子があった。カレーうどんは知らんかった。あんかけスパゲティーは、2013年12月3日に食して普通に美味しかった。小倉トーストもあるらしいけどあんぱんじゃないの? 名古屋も面白いわ。食は続く・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牛角パーティー

2014年12月24日 | 食する
12月23日(天皇誕生日)まさかオカルト?(笑)ではなく寿命なんだろうけど電化製品は続きますねー。今回は、急に電球が切れる珍事が起こっている。家人と珍しくJoshinにお買い物。やっぱり年末なのでお店は混み合っている。ボーナスも出てウキウキ景気も良くなっているような気がします。小生の会社は今年はなぜか給与と同じ25日なので盛り上がりはないわ。困ってる人もいると聞く。
     
夜は、牛角で焼き肉を食す。スイーツ男子が大学1年からアルバイトしている牛角を今年でやめるというので、義母も誘って食事会を開催。家人はビビンバにハマり、80歳になる義母もよく食べる食べる。前回ココに来たのは、スイーツ男子がバイクの旅から帰って来た夜に二人で食した(9月26日)。やはり少し値が張る肉は美味いわ。接客のバイトでいろいろ学んだことは多い事だろう。威勢のいい掛け声を聞きながらビールが進んだ夜でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

光のルネッサンス2014

2014年12月23日 | 日記
12月22日(月)冬至。家に帰ると、カボチャの煮つけ。お風呂は、ヤングビーナスでなく、ゆず湯。で寒さを吹き飛ばす
休み明けは、出張なので恒例の中之島イルミネーションを観に行くことにした。呑み友おやじを誘ったのだが、まるっきり関心がないのは仕方がない。だからいつもの立ち呑みで、おでんと熱燗と焼酎のお湯割りでカラダを温めて、一人で天満橋から淀屋橋までぶらぶら歩くことにした。
    
北浜あたりから中之島に入りバラ園。イルミネーションとB級グルメはココロもお腹もほっと!になりますわ。今年も、500円のホットワインをチビチビ呑みながら光の祭典を堪能する。というか準備は大変だろうなー。税金と寄付だろうがいくらかかってるんやろ? と思いながら歩を進める。
     
中央公会堂のマッピングは、マンガのキャラクターが遊んでるような楽しいものだった。調べると、<今年は、アーティストのダビデ・パスカンとモエトゥ・バレット2人がフランスのリュミエール祭でルミエール章を受賞した「アヌキの世界」という作品を映し出す。世界一小さなイヌイットの2人組アヌキが、自由奔放に動き回り建物を遊び場にするという内容だ。街の遺産ともいえる、伝統ある建物が見せる新たな姿に注目だ。>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加