ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

たかじんと鶴瓶

2014年11月30日 | 本・音楽・映画
出張が終わった安心感もあってほぼ徹夜。TSUTAYAでやしきやかじんさんのCDを借りたこともあって、たかじんのYouTubeを見続けていると朝になってしまった。面白そうなものは全部観たけど、やっぱり鶴瓶さんの番組が面白かった。たかじんの1MAN リンクがうまく行かないけどYouTubeメニューの下の方を探してください。

http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%84%E3%81%97%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%98%E3%82%93&tid=782dfb44f8de2dbb96022e6732b048a8&ei=UTF-8&rkf=2&st=youtube

昼になってもYouTubeを見続けた一日でした。家人は仕事なので夕ご飯はカレーと残り物の大根と白菜の味噌汁を作る。カレーのお肉は冷凍庫にあった賞味期限切れの合挽きミンチを炒めて鶏のささみをぶち込んだ。なんでこんなに美味しいの?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西本願寺のイチョウ

2014年11月29日 | 日記
11月28日(金)会議も無事に終わって名古屋から15時40分ごろの新幹線に乗車して、今日も京都で下車。紅葉が終わったこの時期、小生の中では恒例になっているの西本願寺のイチョウを観に行く。昨年は、11月22日だった。横に広がっているイチョウは、上に伸びないので「逆さイチョウ」という。また、イチョウは、水を多く含んでいるそうで防火の役目をしているのだそうです。ちなみにイチョウとカナで書いているのは、銀杏ギンナンと読み違うからです。同じように、紅葉もモミジになるので気になっています。
    

今日はまだ早いので、途中下車した乗車券で大阪までJRに乗車。目的は、一か月前に作ったJINSのメガネがどうも合わないので訪店。6か月以内なら交換OKなので。この店は、若い女性ばかりが働いている。たぶん視力を合わせる作業などは、いわゆる職人はいらないのでしょうね。
     
大阪駅からグランフロントに行く広場でスケートリンクが開設されてました。氷でなくて樹脂製だそうですが、なんかニューヨークみたいやん。行ったことないけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半兵衛麸

2014年11月28日 | ココロ
11月27日(木)大阪で2時間ほどの仕事終えて、昼からの名古屋で開催される会合に出席。その研修会での話。京都五条大橋の近くに「半兵衛麸」というお麩の店があるそうです。小生、京都通だけど知りませんでした。創業は、江戸初期の元禄二年・1689年というから300年以上も歴史がある。初代創業者の玉置半兵衛材は、麸の製法を学び、「萬屋半兵衛」として商いを始める。現在は11代で会社名は(株)半兵衛麸(はんべえふ)
半兵衛麸 http://www.hanbey.co.jp/koto/index.html

家訓(サイトをコピーしました)
先義後利(せんぎこうり)
「義を先にして利を後とする者は栄える」の家訓です。
「義」とは、正しい人の道のこと、「利」とは人の強欲のことを指します。金銭欲や出世欲によって商いをすると、「人をだましてまで儲けよう」という間違った道に進み、破滅してしまいます。そうではなく人様のお役に立つ商売をし、それによって得た利益を世の中の為に使う。それが正しい商いの道として半兵衛麸の基本姿勢となっています。

不易流行(ふえきりゅうこう)
「不易」とは変わらないもの、「流行」とは移り変わるもののことです。代々受け継がれてきた大切な教えや考え方は決して変えることなく守り続け、美味しい麸とゆばを通じて社会に貢献することを使命とし、次代に受け継いでいきます。その一方で、新しい技術の研究や、現代のニーズに合わせた商品開発に励み、常に「お客様にとってお役にたつ存在」であり続けるよう革新を続けています。

今では、企業のコンプライアンスで謳われていると思いますが、「損得でなく善悪で判断する」とか「足るを知る」とかですかね。また、ダーウィンの進化論にあるように「最も強い種や最も賢い種ではなく、最も変化に強い種が生き残る」とビジネスでは聞きますが、もちろん変化しないものもある。と言っている。京セラの稲盛氏の京セラフィロソフィーで読んだような気がするが不明。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都駅クリスマスツリー

2014年11月27日 | 日記
11月26日(水)朝から主力仕入れ先様との商談があるので家を5時40分に出て名古屋へ。本当は2泊3日の出張だったけど仕事を残してきたので帰ることにした。今月から名古屋出張が多くなり、ヘタすると乗り越してしまう恐れがあるので眼をつぶることはできない。乗車時間は50分、京都なら35分だ。念の為にiPhoneの目覚ましをセットした。
    
さて、帰りは京都で下車して目的の場所へ。昨年は階段のツリーはなかったと思う。ビルの壁面に移ったツリーは肉眼だともっと綺麗に見えたんだがなー。マライヤキャリーの恋人たちのクリスマスが流れていました。もうそんな季節なんですね。
All I want for Christmas is You (プレゼントも何もいらないわ)クリスマスにほしいのはあなただけ・・・夢か現実か分からないけど切ないおんなの気持ちだなー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もじもじしてしまうわー

2014年11月26日 | 日記
11月25日(火)三連休明けの火曜日は、強い雨で目が覚めた。水やりもしていない植物は嬉しそうだ。明日から金曜日まで名古屋出張準備で忙しい休み明けだった。
     
帰りの電車から降りて階段を上っていると前の人お尻の間からチラチラしているものが見える。見ようによってちょっと卑猥? 前に回って確認もできないからいまだに何だろうと想像するけど分からない。マフラーの先っぽが出ているとしても気持ち悪いだろう。ひょっとしてデザイン お尻に近づくとグワーっと頭から食われてしまいそー  写メも見つかれば犯罪になるかもな。と思いながらパチリ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨガ-に首ったけ!

2014年11月25日 | 日記
11月24日(振替休日)この三連休は行楽日和でしたね。でも今年の夏は運悪く台風などで休日は雨ばっかりだったから、この晴天はうれしい限りです。でも今日は今月2回目のコナミスポーツ行こうと仕事の家人と約束していた。すると昼ごろ「ケアマネの仕事が終わらず帰れない」と電話があったので残念。仲良く夫婦の日のようなものでなくて、女性ばっかりのヨガはスケベおやじ予防といったところなのだ。
仕方なく一人で14時半から1時間みっちり搾れました。(←考えすぎだと思います)男性も5人居たので気にならなくてよかったです。やっぱり体幹が弱くてさらに腹筋が弱いからバランスが取れないようだ。一本足で立つ姿勢では一人ふらふらしている。本当をいうと、お爺さんみたいな人と二人がふらふらしていた。(笑) 
          
昨日の紅葉ハイク25千歩の足の疲れはあるもののカラダとココロはすっきりできました。その後、ジョギング15分でダウンし始めてサウナに入り、午後は満喫した一日となりました。発汗もすごいんです。
紅葉は、京都だけでなくどこでも綺麗ですね。紅葉のトンネルが続いています。コナミスポーツの近くの道より。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長岡京・大原野の紅葉

2014年11月24日 | 古都を歩く
11月23日(勤労感謝の日)昨日は炬燵に入ってビデオをつけるけど5分もしないうちにウトウトの連続。家人に怒られながら布団で寝たのでスッキリ6時半起床。昨夜の長野県で発生した震度6の被害状況を見ていると時間が過ぎてしまって10時半に家を出る。今日も晴天で気温も暖かく20度。先週は大原で紅葉、今日は大原野だ。

    
梅田から阪急電車に乗車して長岡京市駅に12時半到着。善峰寺へは東向日駅から阪急バスが出ているがiPhoneのグーグルマップで調べると歩ける距離だと分かったので薬局でカロリーメイトとアミノバイタルゼリーを買って出発。長岡天満宮の北側を通りバス道を歩くが上りが続く。丹波街道沿いに田村家住宅という趣きのがある建物が建っていた。今回は、善峰寺まで歩くのが目的だったんですが駅前に光明寺2.6kmとあったので向かう。

    
光明寺  浄土宗の法然上人が念仏三昧院の産声を上げられた立教開宗の地。境内も広くてゆっくり散策ができます。知らなかったとはいえ、紅葉が美し過ぎます。
    
    
境内にエレベーターがあるのには驚いた。拝観順の最後には、お土産やうどんなどの売店が充実していました。綺麗すぎて写真を選ぶのには苦労しました。

    
竹林を抜けて田舎道の車道を歩く。標識もあり一本道なので迷うことはない。歩く人はたまにすれ違うぐらい。道沿いに十輪寺がある。
    
十輪寺 通称なりひら寺 在原業平が晩年暮したそうだ。春には「なりひら桜」と呼ばれる枝垂れ桜が有名。

      
十輪寺から車道に戻ると結構きつい坂道が続いている。阪急バスと対向できない細い道もあるけどそれほど車の量はない。善峰寺に近づいてきた時、猿の声が聞こえてきたので山奥に来たんだなーと思っていると。山の斜面に猿が集まってきた。たぶんボスが先に道を横断してキーキー威嚇しているような声を出して皆を読んでいた。その声に続いて100匹以上の猿が車道を走り去っていた。バスの駐車場が近かったので獣の恐怖はなかった。

    
善峰寺(よしみねでら) 入り口。またまた急な坂道があり愕然、このスロープをジグザグ何度か登るとやっと山門にたどり着いた。

    
観音堂で御朱印を頂き、園内を番号順に回ると30分から40分かかる。それも山の斜面なので上り下りは覚悟した方がいい。でもしんどい分景色は最高です。

      
樹齢600年の天然記念物、日本一の五葉松「遊龍の松」と多宝塔

    
小生の腕時計では、標高300m弱を表示している。大阪京都が見渡せる爽快さがたまらない。山を登るってそういうとこでしょう。しかし気持ちは少し弱気になって帰りのバスの時間を気にしているが、明日も休みで急ぐ必要もないから歩いて帰ることにした。こんな時は、一眼レフが欲しくなる。明るい所は逆光になって肝心の紅葉は暗くなって使えないからな。

     
善峰寺からの帰り道は来た車道を戻るが距離的に一番近い阪急西向日駅を目指すことにした。途中、整備された竹林の中を歩く。この地はタケノコが有名でGWの頃、山科に筍三昧の食事をした記憶がある。そんなことを思い出したので、お土産物屋さんのよしみねの里(京都市西京区大原野小塩町703)でおじいさんが「今、できたとこだよ」と言うので筍ご飯の素を買った。2合600円を二つ
今回は勝持寺には行けなかったけど、山登りと紅葉が満喫できた素晴らしい一日になりました。JR向日駅と阪急東向日駅から善峰寺行のバスが出ているので便利です。京都市内の混雑を考えると、絶対にお勧めの近場の穴場スポットでした。もう薄暗くなった5時に西向日駅に到着。歩数計は、25,000歩。いい汗をかきました。春の桜も時期も楽しみなところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この三連休はいい天気

2014年11月23日 | 日記
11月22日(土曜日)今週は住吉区で福祉機器展のお手伝い。三連休の初日で昨日に比べると暖かくていい天気。行楽日和なのでお客さんは来られるかなー。と主催者と話していたが、お客さんは11時オープン前からお待ちだったので一安心。
    
最新型の介護ベッドや入浴用品などが集まった。特に補聴器はお年寄りには大人気でした。商品価格も、3万円から80万円もの差があるのにはびっくりした。雑音除去の差らしい。
主催者から食事の休憩所も用意していただいた。しかし場所が分かりづらく迷ったあげくホールに出演される方々の控室の近くに来てしまったようだ。出演待ちなのだろう、三味線がドキドキして並んで待っているようだった。
歩数計を見ると1階と2階を歩き回ったので22,000歩。かかとがない靴を履いていたので疲労感がたっぷり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新製品どん兵衛

2014年11月22日 | 食する
11月21日(金)いつも同僚といつもの立ち呑み会議。朝日新聞の捏造話で盛り上がっていたら、盲導犬が刺された事件も虚言だったと聞いてびっくりした。あれから小型犬の死骸が見つかっていると思っていた事件だった。皮膚病で血が出ていたという。同僚は朝日新聞の捏造だと言っていたがネットで調べてもよく分からない。
     
家に帰って小腹がすいていたので東京土産?のどん兵衛を食す。東京の出張で呑み会の帰り、ホテルに入る前にコンビニでビールとワインとどん兵衛とサラミを買ったのだけどビールを少し呑んで寝てしまった。今回は家まで持って帰ったけど、ほろ酔いかげんの時は調子がいいんでよくあります。
豚汁なのであっさりと美味しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

殉愛 百田尚樹

2014年11月21日 | 本・音楽・映画
11月20日(木)今回の出張で読み終えて、もう一度読んでいる。突然の休養宣言があった時は、びっくりもしたし。不謹慎ながら「たかじんは病気というイメージに弱いんちゃんの?」と思ったりした。食道がんがステージⅢとは思わなかったからだ。そして支えている女性は何人でもいるよな。とも思っていた。ところが、百田和尚の本を読んで始めて分かった。よく書いてくれたよ和尚。
     
やしきたかじんさんと奥様になるさくらさんの出会いは、「運命」としか言い表せない。神様が「最後ぐらい真実の愛を感じさせてやろう」と森田さくらさんを近づけたと思う。内容はテレビでもやっていたので書かないけど。何度もさくらさんの作り話じゃないのと思うほどだった。たかじんさんの友人の証言は嘘はないから本当の物語なんだろう。それにしても壮絶であった。

11月22日は、いい夫婦の日だそうだ。だからそれで?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加