ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

母のこと

2012年03月31日 | マザー
話が急展開
尼崎に住んでいる姉から母を引き取るという電話があった。。一日病院にいて母の姿を観ていると気管吸引は大変だそうで退院後の昼間の心配を考えると自宅生活は無理。姉の旦那さんに相談すると近くのワンルームマンションが空いていることが分かり引っ越しさせるという。急な展開に驚いているが、神様が最善の方法をお示し下さっているのだろうと思った。姉も義母を介護しているので大変だろうが昼間の不安が解消されただけでも良かったと言ってくれている。
     
風呂を作るために土・日で実家の整理をしようと思っていたが母の引っ越し準備になりそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春~よ来い

2012年03月30日 | 日記
厚手のコートから薄手のコートに着替えて一週間、今日はコートも脱いだ。春が一歩一歩寄ってきている。今日は初めて大阪労働基準監督署と言うとことに申請書を出しにいった。一日7.5時間以上の残業はしませんという36協定の確認書に印をもらうためだ。玄関に「大阪府の最低賃金786円」と書いてあった。そんな基準もあるんだな。

無事に書類を提出して森ノ宮駅の交差点で待っていると大阪城公園の満開の桜が見えた。「母のことなどで世間は知らない間に桜も満開なんだー」と思いながら暖かくなった季節を感じて大阪城内を散歩することにした。昼間の公園は、風は強かったけれど食後の散歩やジョギングに汗を流す人たちでアクティグですね。さっきの満開の桜はあの木だけでした。蕾は色づいているがもう少しの辛抱次郎というところ。なんか季節の号令を待っているようだ。今年は一斉に咲き乱れるだろう。と思っていると若い木はポッポと咲いていた。若木の至り?

      ビルは大阪府警

被災地に向けたユーミンのコンサートをテレビで観た。春~よ来い 早~やく来い みんな涙を流していた。それぞれの春はもう少しもう少し。そして必ず春はやってくる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイキチうどん

2012年03月29日 | 食する
岸和田の社協前の「ダイキチ」うどん屋さんに入る。店内は広々としてメニューも豊富。なんか名物は・・と探していると
     
旨そうなものばかりだ。カレーうどんのに決めかけた時に、水ナスが目に入った。これぞ名物じゃん。1,000円と少し高めで清水の舞台から飛び降りるつもりで「泉州水ナスうどん定食」を注文した。4等分した水ナスは食べごたえがありすごーい存在感だ。でも主役じゃないよな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母のこと

2012年03月28日 | マザー
83歳の母のこと、退院後の生活を訪問看護会社のナースと話し合うために会社を振休にして病院に入った。11時にソーシャルワーカー、看護師、訪問看護会社、姉と母が集まった。母の状況は、レンタルの吸引器の練習をしているがなかなか上手くできない。病院の考えは、訪問介護を週に3回と週1回の通院をする。こちらからは、介護保険を認定して色々な面で見守ってほしいことを伝える。また、家にお風呂がなのでどうにかしてほしい。訪問看護の3回は何をするのか。そんなことを質問しながら意見交換をした。

納得できないけど介護保険は認定できないらしい。そして、訪問看護で診るので昼間は母が自分で吸引し、夜は小生が介助することにした。今の家は亡き父が趣味でコツコツを建てた家なので、どんなに傾いても、隙間風が入っても、母は、ココに住みたいようだから、風呂を作るように近所の方の知り合いに依頼して見積もりを取ってもらうことにした。14時に実家に○○建設の方が来られて見積もってもらった。当初電話では50~60万円と聞いたのだが、ガス、水道、配管などからの工事となり、またこの際、台所まで改善依頼したので2百万~3百万のアバウト金額を提示された。それでもこれからの母の自立ことがあるのでリフォームの話を進めることにした。

ところが、家に帰ると家人から長男から介護保険を使えないなんておかしいと。小生も病院でさんざん聞くが身体機能は問題がなく気管切開の吸引の訓練をするのは看護の世界であろうと納得したのだが? 翌日、知り合いの看護師に相談すると83歳独居だけで介護保険は申請できる、また入院中は一人でできない理由はいっぱいあるので介護保険を利用できないのはおかしいと言っていた。3百万円で風呂を作るよりも訪問入浴を利用したり夜間診療をすべきだと。さらに入院中の生活から自宅へ戻ると何もできなくなっているから手すりをつけたりした方がいいとアドバイスを頂いた。そして病院に頼らずに伊丹市の介護保険課に相談して申請手続きをしなさいという事になった。

病院での母は、普通に食事してトイレは歩いているから元気だなーと思っているが普通はベッド生活だ。想像以上に筋力は衰え、やる気も低下しているのではないかと考えるようになった。今度、ソーシャルワーカーにぶつけてみよう。

母が長生きしてくれればいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニバス

2012年03月24日 | 日記
小6ミッキーのミニバスケットの引退セレモニー、いわゆる卒団式を小学校の体育館に見に行った。
     
4年生から始まる土曜日だけのクラブだがこの頃の子供の成長はすさまじい。身長はもちろんだけど(3年間で24cm伸びた)友達とのかかわり方が作られていくのだな。秋の大会で見た時よりはうまくなっていた。パスもできているしフェイントもうまくなっていた。そしてまた中学になってスピードが加わったらと思うと楽しみだ。
コーチの方も休日ボランティアで活動されているのには感謝感謝。小学校は「勝つバスケでなく好きになってもらいたい」という一貫した指導がうれしい。ありがとうございました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の昼ごはん

2012年03月23日 | 食する
たまに食べたくなる天丼の店。
     
天満橋OMMビルの地下食堂街の少し隠れたところにある。店の名前は分からないけど天丼しかない天丼の店。安くて550円だが今日はミックス800円をはり込んだ。温泉卵も入っていてやっぱり旨いっす。

夕方はあまり進まなかった呑み会だったけど誘われるままに流れてしまった。給料日なので財布には、お金は入っていない。でも酒呑みは嫌ですねぇ、二次会まで付き付き合っていた。いつものことながら記憶がおぼつかない。iPhoneには、電車の風景とつけ麺の写真が写っている。車内の写真は、知らない男性が持っていた沖縄の紙袋が写っている。(←小生の素直な気持ちはたぶん沖縄に行きたいのだろう~この風景は覚えている) 

     
しかし、つけ麺を食べた記憶は無いのだ。最近どうしたんだオレ。ただ単にアルコールに弱くなっただけですね。ハイ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ムダなことなどひとつもない」酒井雄哉

2012年03月22日 | 本・音楽・映画
1月に新刊を購入していたけれど読む気力が無くてなかなか読めなかった本だった。千日回峯行を2度も満行された阿闍梨がおっしゃる言葉は体験から生まれる言霊です。だから何もできない小生が読むのがつらかった。読めばそんなことはなくて優しくてココロがホットする。

     

今まで築き上げたものがなくなってしまっても、幸せでいることはできるんだよ。実は、物が有る・無いにもかかわらず、ニコニコッとできる人が一番幸せなんだ。幸せは心の問題だからね。今いるところが一番の楽園だと思えば、ないことを思い悩む必要もないんだ。

一日一生の気持ちで立ち止まらないで一歩一歩進んでいく。初心に帰った一冊でした。

ところで高校野球の選手宣誓、こんな偶然があるんでしょうか21世紀枠で選ばれた被災した高校が引き当てた。
<宮城県石巻工野球部主将 阿部翔人による選手宣誓文>
東日本大震災から1年、日本は復興の真っ最中です。被災された方々の中には、苦しくて、心の整理がつかず、今も当時の事や亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです。しかし、日本がひとつになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、日本の底力、絆を。われわれ、高校球児ができること、それは全力で戦い抜き、最後まで諦めないことです。今、野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母のこと

2012年03月21日 | マザー
病院のソーシャルワーカーから電話があり退院後の生活と吸引器のメーカーのレンタル契約をするために話し合った。気管切開した喉にL字型のプラスチック「カニューレ」というものを入れている。今から痰の吸引の練習をします。そして小生は実家に寝泊まりしようと計画しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業おめでとう

2012年03月20日 | 日記
小学校6年のミッキーの卒業式が19日にあったので20日の春分の日に焼き肉屋さんでお祝いをした。2人の兄貴の話を聞いて育った彼はなかなかしっかりしているが親に似て天然ボケはあるけど(笑) 反抗期はまだなのでいっしょに居てくれるが嬉しいが徐々に友達との時間が多くなってきた。先日、兄貴たちとの呑み会を知っているので、今回は焼き肉屋になった訳だ。もう一つ、結婚記念日が21日なのでこれも乾杯の一つに入れることにした。家人と27年も一緒にいるのは独身よりも長い時間になった。家人が「仲がいい夫婦かもね」と言いながら母の事で喧嘩してしまっていた。さらに「○○姓は、いまだに慣れないわ」(小生の名前)とふざけたことを言いやがる。結婚して名前が変わっる女性の気持ちはそうなんだろうなぁと納得した。

さて、ミッキーは何になりたいのか? 卒業アルバムの最後のページに文集として綴じてあるのを読むとバスケット選手だそうだ。中学では勝つためのクラブ活動になるので楽しみだ。文集の中には、総理大臣になりたい子もいた。女の子は看護師(大震災の影響だろう)。面白いのにコンビニの店長?誰でもなれるやろと突っ込みたいが、子供の目線はもう少し違うのかもしれない。小生たちの年代は、具体的な職業はあっただろうか?パイロットとか、女の子はお嫁さんとか・・・

東日本大震災の年の卒業だ。人のために行動できる人間になってください。卒業おめでとう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜は観光気分

2012年03月19日 | 日記
4時半起床。横浜の展示会応援に向かうため、路線情報で始発検索して、最寄駅の香里園駅5時24分発→新大阪駅6時13分N700のぞみに乗車することにした。携帯ネットのEX予約で好きな座席が指定できるので2人掛け座席の通路側に座る。京都駅から窓側の席に背の高いのスポーツマンタイプの40歳ぐらいの男性が乗車された。狭い座席は肘かたまに当たっているが気にせずに本を読んでいたが朝も早いのでウトウト寝てしまった。名古屋で目覚めてみると車内はガラガラであり2人掛けの座席にちょこんと座っている我々は恥ずかしいと言うよりもなんだか照れるじゃないですか。名古屋から席を移動して3人掛けにゆったりと座りました。(←よくあることね)

     
やっぱり霊峰富士は写してしまいます。

     
横浜駅から「みなとみらい駅」で下車して展示場のある「パシフィコ横浜」に向かう。大阪でいうATCのようなところでしょうか?遠くにはベイブリッジも見える。にょきにょきと高層マンションもありコンクリートの街って感じだった。帰りは桜木町駅まで歩いて帰った。

     
東京駅で幸運のドクターイエローが停車していた。一度車内を見てみたいものだ。

     
JR京橋駅 京都の町屋をイメージしているのでしょうね。なかなかいいじゃない。京橋の鉄ちゃん
 


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加