ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

カレーうどん

2011年11月29日 | カレーを食す
堺のお得意先と同行していると昼ご飯を食べようをいう事になり「かんさい鳳店」といううどん屋さんに入る。得意先の彼はいつも茶目っ気があると思っていますが今日も発揮してくれました。カレーうどんを注文しましたが器が馬鹿でかい。びっくりさせようと思ったのでしょうね。

     
でかさの比較に彼のタバコを置いてみました。(食事にタバコは不謹慎ですね。割り箸でも分かります)
細い麺にカレーが絡みついて美味かったです。紙エプロンが出なかったので慎重に食すが、やっぱり一滴はねていました。(涙)
カレーきざみ 840円
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

希望の輝き

2011年11月28日 | 日記
日曜日に作業をされたんでしょう。今年も教会に光がともりました。人間は光に集まりますよね。虫じゃないけど。今年は節電をする傾向があるから心配していました。

     

ところで
昨日、11月27日は、府知事と大阪市長選のダブル選挙がありました。橋下徹さん率いる「大阪維新の会」が圧勝でした。マスコミ報道を見ていると独裁者のイメージを強調していたような気がします。逆に、平松さんのソフトなイメージが伝わってきました。最近のマスコミは世論を武器に政治誘導しているような気がします。だから大阪のおばちゃん層は、ダンディーな平松さんを推すかなぁと思っていました。また、大阪市内では平松さんコールをよく聞きました。聞いた話では、選挙中には、橋下陣営にスパイが送り込まれたり、権力の逆風もかなり吹いていたようですが、それらを見事に 打ち砕いての圧勝です。

市民は変わろうとしているのに政治は今までのままなんですね。昔からTVでも過激すぎる発言があった橋下氏ですが、逆風の中でお一人で立ち向かっている姿に本気さを感じ応援したくなります。一人の本気の想いと行動が国を動かすんでしょう。この圧勝は、未来に期待する希望の輝きとでもいうのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊野街道7

2011年11月27日 | 熊野街道を歩く
iPhone4Sに切り替えたため画像が重くて張り付かない事態に陥っています。何かやり方があるのか調査中です。(←1枚づつ画質サイズを小さくして送信することが出来ましたが時間がかかるかかる)

前回11月13日(日)終了のJR御坊駅まで向かい11月27日(日)10時00分スタート。
5時半に起床。6時35分の京阪電車に乗車。京橋から和歌山まで紀州路快速。和歌山8時37分発に乗り換えて終点の御坊駅。9時45分この間の各駅停車は気分的に疲れた1時間だった。でも金銭的には我慢我慢。(帰りのこの間は特急にした)

   
御坊駅では「きのくに前線復旧まで6日」の案内があった。9月の台風の被害から立ち直って来ている。頑張れ和歌山。
前回の最終地点の<海士王子>に置いてきたおばさんに頂いた竹の杖を確認に行く。あるわけないと思ったけどやっぱりありません。誰か旅人が使ってくれていればいいな~とドラマチックに考えている。今日はポカポカ陽気で厚着をしていたが長袖Tシャツ一枚で十分だった。

   
木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)をお祀りしている湯川子安神社にお参りする。鳥居が低くてかがまねばならない。子安神社だから子供用かもしれないねー

   
竜神に歓迎され日高川を渡る。9月3日の台風12号での被害は大きなものだった。文献によると昔からよく氾濫しているようです。昔の人は川が氾濫すると土地が肥沃になるこを分かっていたようだと聞くがどうだろう?
日高川の台風被害状況→http://www.town.hidakagawa.lg.jp/saigaijouhou/syasin.html

   
日高川沿いに歩くと【岩内王子】があり、さらに歩くと海が見えてきた。

    
海沿いの42号線の一本山側を歩いていると【塩屋王子】の到着。別名、美人王子。天照大神をお祀りしている。古くから製塩が行われていたようで多くの製塩土器が出土している。平城京出土木簡からも記録が残っている。平城遷都1300年(710(南都)大きな平城京)

    
塩屋小学校に懐かしい「トーテンポール」が立っていた。理由はわからないけど小学校の頃は彫刻刀でよく彫りました。今は作らないようで息子たちの小学校から持って帰ってきたことは無いですね。日高川を渡ってからは写真ような熊野古道の標識があるので道の分岐点など間違わなくて進めました。

   
ビニールハウスが点在しているが紫色が主流ですが黄色やピンクなど花の栽培でした。駄菓子屋のおばさんに聞くと「スターチス」日高町の特産物だそうです。駄菓子屋にみかんが一袋売っていたので購入。10個入って340円?普通の値段にびっくりや。前回は、みかん畑が多くありましたがこのコースはあまり見なくなった代わりに梅の木を見るようになりました。

    
漁港を歩くと磯の香がいいですね。小春日和とでもいうのでしょうか気持ちよく歩けます。錆びたシルバーカーを押しているおばあさんに「こんにちは」と声を掛けると「熊野かえ」と会話が始まった。おばあちゃんの口癖が「海はいい。毎日散歩している」だった。そうなんだと思っているとスタスタ歩いて抜かされました。

     
和歌山高専、名田小学校と3つの漁港を通りすぎると【上野王子】があり、【清姫の腰掛の石】があった。安珍清姫伝説の清姫ですがウィキペディアでは <安珍・清姫伝説(あんちんきよひめでんせつ)は紀州に伝わる伝説で、思いを寄せた僧・安珍に裏切られた少女・清姫が激怒のあまり蛇身に変化し、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺すことを内容としている。説話としても古く平安時代の『大日本国法華験記』(『法華験記』)、『今昔物語集』に現れる。さらに古くは『古事記』の本牟智和気王説話に出雲の肥河における蛇女との婚礼の話がある>
女性は怖いということでしょうかぁぁぁ。

  
国道42号線に「宮子姫生誕乃地御坊市」の案内が立っていますが宮古姫って聞いたことがありませんねー。
宮古姫伝説→http://www8.ocn.ne.jp/~g-kankou/densetu.htm

  
少し山手に上ると【叶王子】静かな落ち着く場所でした。

  
叶王子から見た印南港。かつお発祥の地とあるが1600年頃に印南漁民が船で出漁していた時に高知あたりで鰹漁場を発見し高知に住み込んでかつお節の製造が始まったようです。

  
今日はいい天気でした。波もなく穏やかな日和です。<ちなみに小春日和っていうのは、晩秋から初冬にかけて、移動性高気圧に覆われた時などの、穏やかで暖かい天候のことである。小春(こはる)とは陰暦10月のこと。現在の太陽暦では11月頃に相当し、この頃の陽気が春に似ているため、こう呼ばれるようになった。「小春」は冬の季語となる。>知りませんでした。ハイ

   
【斑鳩王子】に【切目王子神社】
切目とは、潮の流れが内海と外洋との切れ目にあるところからきている。  

   
今日は、切目駅で終了。御坊からのコースは、今までと全く違う海沿いを歩く。何カ所かの港があって磯の香をかぎながら歩くのもいいもんです。天気が良かったので寒さは感じませんでした。
海沿いを歩いたり、港を見ていると東北大地震と津波を思い出してしまう。海抜何メートルの看板をよく見かけました。このあたりは海からすぐに山があるので準備はできているのだろうと思う。しかし、福島原発のことも合わせて考えると、福島の人たちは、ココと同じように自然が豊富で食べ物もおいしく人々もゆっくりしている。そんな素晴らしい場所に住めないと言うのはやっぱり変だ。原発のリスクは大きすぎると思う。私たちはこれから便利な生活を望むのか?繁栄しなければならないのか?それとも? 選択しなければならない時期に来ている。「スローライフ」って言葉を考えながら歩いている。


本日のコースは、JR御坊駅9:45~JR切目駅15:36
        歩数計では、23km 30,113歩 5時間半
通過した市は、和歌山県御坊市
行き:JR京橋6:58~和歌山8:29まで快速~JR御坊駅9:45   2,210円
帰り:JR切目駅15:36~御坊16;00~特急~和歌山16:06天王寺18:09JR京橋
                  2,520+御坊・和歌山間は特急960円

このコースは、峠もなくただひたすら歩く。あまり歴史的なものもなく海を見ながらただひたすら歩く。地図では25キロですが歩数計は23キロでした。ステッキを使って歩くと、姿勢もよくしっかり歩くことができるので歩幅が広がっているんだな。切目駅に着いた途端に電車が来てキップも買わずに飛び乗った。ドアが閉まり掛けたのでステッキとカラダを半分入れてやっと入るとワンマンカーの車内に笑いが起こった。おばさんに「よかったな」と声をかけられた。なんかいい町です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

データー移行ができてすっきり土曜日

2011年11月26日 | 日記
4時半起床。炬燵が熱くて目が覚めた。あちゃーまた炬燵で寝てしまった。まあ、風呂に入っているから「よし」としよう!「うんうん そうしよう」
木曜日にSoftBankでiPhone3Gから4GSに機種変更ができたので、今日の朝からデーターの移行作業をする。家のPCで作業をすると子供たちのデーターと同期する恐れがあるので会社のノートPCで行う。消えたアプリもあったけど何とかうまく出来て「俺もやれるじゃん」と嬉しくなっている。
昼からは、大阪府知事の期日前投票のために寝屋川市役所に行く。知事名を書いて投票箱に入れて、次は平松市長か橋本市長かと持ったけど「そうそう小生は寝屋川市民だった」と変に納得してしまいました。

     
     
iPhoneのカバーを買いたかったので朝のTVで紹介していたのでホームセンタービバホーム寝屋川店に立ち寄る。初めて来たけど込み合っていましたね。一人でウロウロしていると時間が経ってしまった。17時にはもう暗くなってきました。綺麗な夕暮れが明日の快晴を占ってくれています。明日は、街道歩きに行ってきま~す。
※ビバホームの駐車場から撮影
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「輝く夜」百田尚樹

2011年11月25日 | 本・音楽・映画
百田尚樹にハマっている。前回、「幸福な生活」(11月11日)に続き今回も5編の短編小説ですが、百田さんの発想が面白いなぁ。幸せな気分にしてくれる今の季節にお薦めの一冊です。クリスマスイブの夜の奇跡といいましょうか? 贅沢言わずに相手のことを思って真面目に生きているとサンタさんは、ちゃんと観てくれているんでしょうね。「一生懸命に生きている人にプレゼント」っていう感じかな。「永遠の0」に次ぐ2作目と聞き納得しました。



帰りの電車で読み終えて、てくてく歩いているとオリオン座が輝いている。冬の星座はなんて素晴らしいのでしょう。今日の夜空は格別でした。寒い季節は空気も透明感があってはっきり観えました。深呼吸をすると冬の匂いと言うのか寒さの匂いと言うのか鼻孔が感じる凛とした匂いが大好きです。

先週の日曜日に図書館で借りた本なんですが、家人が先に読んでいたのでペラペラと中身を見ればガーン!! 題名が違うけど同じ本じゃないですか。「聖夜の贈り物」&「輝く夜」 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箕面の滝

2011年11月23日 | アウトドア
6時起床。やっと寒くなりました。ミル姫の散歩の時間帯は、青空のいい天気でしたが夕方には雨がポツポツ降ってきました。天気がよければ、本当は山ガールと比叡山に登ろうと計画していたんです。どうゆう理由か家人が山歩きがしたいと言い出して日曜日に靴を買いました。小生のステッキも。
     

雨に濡れてもいいように近場の箕面を歩きました。箕面の滝は30年ぶりなんです。家人とお付き合いをさせていただいていた頃、毎年11月23日にはココに来ていました。だから思い入れがいっぱいです。
箕面駅の駐車場に駐車して(30分100円)家人とミッキーと3人でスタートです。

  
ゆず侍の滝ノ道ゆずるちゃんのゆるキャラが阪急箕面駅でお出迎えです。
ココに来たのは「もみじの天ぷら」を食べたくて来たかもしれない。やっぱり最高に甘くておいしい。パルパリ

    
昔はもっと人があふれていたように思います。それでも多くの人がもみじ狩りを楽しんでいらっしゃいました。
「奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の声きく時ぞ 秋はかなしき」猿丸太夫(さるまるだゆう)
猿も山に帰されていませんでした。あの頃は、橋の欄干にもちょこんと座っていました。

ところで
立川談志さんがお亡くなりになりました。落語で泣いたのは初めてでした。「芝浜」鳥肌が立つ落語家でした。ご冥福をお祈りします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五芒星(ぼごうせい)の謎って?

2011年11月23日 | 日記
平安時代の陰陽師、安倍晴明は五行の象徴として、五芒星の紋を用いた図形である。
熊野古道と伊勢神宮を調べていると「近畿の五芒星を巡る」というサイトを見つけた。

     

(記事転記)大和武尊にまつわる聖地「伊吹山」、伊勢とまったく同じ構造を持ち、それより古い謎の聖地「元伊勢」、伊弉諾神(イザナギノミコト)がそこで眠る幽宮と伝えられる「伊弉諾神社」、神武東征神話にまつわる「熊野本宮」、天照大神を祭る「伊勢神宮」。近畿に点在するこの五つの聖地は、一見したところ、遠く離れていて、無関係に見える。
この五つの聖地を結ぶと、そこには、1辺が170kmの巨大な五芒星が現れる。日本には神社が無数にあるから、うまい位置にある神社を結べば、同じような形が描けると思うかもしれない。だが、この五芒星の内に隠されたものと、それぞれの聖地の関連性、ライン上のスポットを見れば、これが間違いなく人工的なレイラインで、明確な意図を持っていることがわかる

     

この五芒星に内接する五角形の頂点には平安京があり、底辺の真中には飛鳥京、そして中心には平城京がある。その平城京では、出雲大社と伊勢、富士山と伊弉諾神社を結ぶ長さ350kmのラインも交差している。すべての中心として、平城京は築かれ、他の古代から中世都市もこの五芒星を基準に創建されているわけだ。

すごいロマンを感じませんか?? えっ!偶然?? 


11月21日の日経新聞の記事に「GPS駆使 東京の地上絵」石川初氏の記事が掲載されていたのを思い出した。
自ら走った自転車のGPSのルート線で絵を書く人。面白いことを考えて行動している人がいるんですなー。
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大腸内視鏡検査

2011年11月22日 | 日記
回りの人が病気になると「いい機会だから」と言うことになります。先日もまだ若い社員が定期検診で引っかかった。彼の昼食は、鶏のから揚げを定番的に食べている。(小生は、カレーだけど・笑) 定期検診では検査をしない脳と大腸は調べたいと常に思っている。4年前にも一度大腸検査したので定期検査と言うところです。結論から言うと前回は麻酔で痛みはなかったけど、麻酔は危険という先生だったので途中から痛くて「先生、やめてぇ~」と叫んでいました。

5人が呼ばれ9時から説明があった。初めてなのは40代の男性のみで、後の50代~70代の人は定期的に受けているようだ。9時半から15分毎に200ccの甘くないポカリのような液体を2ℓひたすら飲む。狭い空間にTVがついているけど会話はなかった。排泄行為はある意味秘密行為ですもんね。2時間後、8回~10回の排泄で看護師さんからOKが出た。お尻に穴があいた長い紙パンツに着替えて診察台に横向きに横たわる。

挿入時間は20分くらいだったか。モニターにピンク色のきれいな大腸が映し出される。初めのうちは見ていたのですが上向きに姿勢を変えるとお腹に腹圧がかかって痛い。肛門付近も痛くて我慢できない。「辛抱しなさい」と先生に怒られながら耐えに耐えた。(大袈裟) 綺麗に映っていた画像は、「オリンパス製品だろうか」と考えながら。麻酔すればよかったとも思うけど体験も必要です。チェレンジャーと呼んでください。 
ポリープ一つも無くきれいなもんでした。個人病院の紹介で保険が効いたので5千円強の支払いで助かりました。
     
自分の体内を映像で観たのは初めてでした。物言わぬ臓器は一生懸命に働いていますね。暴飲暴食にもそれなりに栄養と排泄に対応してくれている。と思うとやっぱりいい食事が必要だと思いました。小生のいやしい口が臓器たちの希望に答えられるのか自信がありませんが・・・
今日の夕食は日本食中心の食卓でした。鶏の照り焼き、サラダ、カボチャの煮つけ、ほうれん草おひたし、糸昆布煮、ひじき、具だくさんの味噌汁。
     
※平日の昼間は静かなもんです。近所の公園を撮影
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブータン国王の品格は、透き通っているようで・・・

2011年11月20日 | ココロ
6時起床。やっと肌寒い季節になりました。紅葉も一段と色付き始めました。明日から寒くなるらしいので暖かくしてお過ごしください。
雨の金閣寺にブータン国王夫妻が起こしになったニュースが流れていた。東日本大震災の被災地にも行かれて日本との繋がりが深いと聞いたのでしらべてみました。旅行会社のコメントには、<「おとぎの国」「桃源郷シャングリラ」と呼ばれる、やすらぎの国。伝統と豊かなヒマラヤの自然が見事に融合した美しき国。>と書いてありました。
      
国旗には龍が描かれている。そういえば被災地の小学校でのワンチュク国王がお話になったのも龍のお話しだった。
<皆さんは龍を見たことがありますか?私はあります。(小学生は、へーっと言う)皆さんそれぞれの中に龍はいます。龍は『経験』を食べて大きくなります。年を追うごとに龍は大きくなるのです。皆さん、自分の中の龍を大切にしてください。>
自分の悲しい出来事も『経験』だと思うと第三者的に感じて小学生にも理解できると思います。素晴らしいお言葉だと思います。


ブータン王国は、インドと中国にはさまれ、世界で唯一チベット仏教を国教とする国家である。人口67万人。民族はチベット系8割、ネパール系2割。公用語はゾンカ語と英語。首都はティンプー。(※日本の一番少ない鳥取県・島根県ぐらいの人口)
日本との関係は、何らかの出会いがあって農業技術者として西岡京治さんと言う方を派遣し、ブータン農業の改善に尽くして成果を上げた。そして1980年に、国王から「ダショー(最高の人)」を称号を授与された。そんな関係もあり、昭和天皇の大喪の礼参列のため、民族衣装「ゴ」の礼服姿で数人の供を連れて来日、自国も1ヶ月間喪に服されたという。

また前国王が提唱した国民総生産にかわる国民総幸福量 (GNP) という金銭的・物質的豊かさを目指すのではなく、精神的な豊かさ、つまり幸福を目指すべきだとする考えがある。今の世界観と180度違う考え方に何かの希望が見える気がする。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨で暇なミル姫

2011年11月19日 | 日記
5時半起床。久々にまとまった雨だ。何もしない土曜日を過ごす。午前中は、とりだめしていたビデオを観る。先週の「たかじんのそこまで言って委員会」をチェックして消去。その他小生が登録している番組は、南極大陸、ためしてガッテン、ようこそ先輩、ルソンの壺。小生の子供たちは、お笑いばかりですね。

午後からも雨だったのでミッキーと次男がTSUTAYAで借りていた「007慰めの報復」を観るがもう一つでした。カーチェイスあり、ボートチェイスあり、飛行機チェイスあり(どう言うの?)お金掛けてるなーって感じ。もう一本ビデオ登録していたジャッキーチェンのタキシードのストーリーとアイデアの方が面白かったですね。偶然、どちらの映画も水の大切さ、水ビジネスがテーマでしたね。

     

夜は、志村けんの番組で動物と話せるハイジさんのお話にココロが痛かった。犬って飼い主のことをいつも考えているんですね。そしてもっと可愛がってほしいと思っている。我が家のトイプーのミル姫ちゃんも何か訴えているときがあるんですがなんでしょうね。「おなかすいたやん」「ごはん全部食べたでー」「あそぼーあそぼー」と言うぐらいしか分からないんだなー。最近、「膝にのせてよー」ってスリスリしてくるしぐさもかわいいね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加