ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

小山明子さんの講演

2010年09月30日 | 日記
福祉機器展の靴メーカーさんの招待で小山明子さんの講演を聴くことができました。
「二人三脚で乗り越えてきた介護の日々」もちろん大島渚監督だ。
小山さんの介護は、監督がロンドンで脳出血で倒れて14年になると言う。
やっぱり女優さんですね。75才には見えません。ピンクのスーツが良くお似合いでした。


   

何をやってもダメと思いこんでいた小山さんは介護の疲れなどで「うつ病」になってしまう。
ココロの病もカラダを鍛えることにより徐々に元気になってきた。
今では自信に満ち溢れていた。「うつ病」の講演もされているようです。

ところで
東京からの帰りいつものタコ焼きやさんでTVに夢中。
阪神タイガースのサヨナラ負けにヤケ酒。
矢野さんに球児の球を最後にキャッチして欲しかった。
解説者でもコーチ・監督でも帰ってきてください。今までありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京で福祉のイベント

2010年09月29日 | 日記
毎年この時期には日本最大の「国際福祉機器展」が東京ビッグサイトで開催されます。
3日間で13万人が来場するからすごいイベントに参加しました。
福祉用具とは、生きるためのカラダを補助する用具なので皆さん真剣だ。

昔は暗いイメージがあったけれど、このハーレーダビットソンのようなバイクはどうだ!

   

  車いすのまま乗車し運転できるんです。原付免許と届け出でOKという。
  スピードは40km位なのでまあ安心です。価格は60万円位を考えているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妻に仕える新・関白宣言

2010年09月28日 | 日記
朝から笑いながら、感心した汗も出た記事。
日経新聞の最後のページ文化欄は、たまに大笑いする記事が掲載している。愛すべき人達がいる。
今日(28日)は、「妻に仕える新・関白宣言」と題してあるが、
星一徹風のおやじではなく「妻の意尻に上手に敷かれる」と言う意味なのだ。
ブログも面白い。早速参加すると1級でした。まだまだ努力が必要ですわ。

http://www.zenteikyou.com/index.html
『全国亭主関白協会』天野周一会長(58才)のお言葉
  『全国亭主関白協会』この協会名で随分誤解を受けているらしい。
  そもそも亭主関白の本来の意味が知られていないことに原因があると睨んでいる。
  歴史を紐解けばすぐわかるが、関白とは、天皇に次ぐ2番目の位。
  家庭内ではカミさんが天皇であるから、「関白」とは奥様を補佐する役目。
  また、「亭主」とは、お茶を振る舞う人、もてなす人という意味。
  つまり、真の『亭主関白』とは、妻をチヤホヤともてなし補佐する役目である。

<愛の3原則>は、「ありがとう」「ごめんなさい」「愛してる」を言おうと提唱。
夫婦喧嘩は、「勝たない」「勝てない」「勝ちたくない」の<非勝つ3原則>
妻に返事をする時には「うん」「へぇ~↑」「わかった」の<お返事3原則>
<浮気3原則>は、「しない」「していない」「する気もない」なるものもある。

私も社会の最小単位は、家庭である意識している。上手に尻に敷かれるぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飲み会は楽し

2010年09月27日 | 食する
社外の人との飲み会は楽しいです。
40才~55才ぐらいの方は仕事が忙しいのであまり本を読んでいないし、映画も見ていない。
今日の彼は思考が同じような人だった。
重松清はお互い大好きだし、「永遠のゼロ」「悪人」などはすでに読んでいる。
孤高の人は勧めたけど、教えてくれた本の題名が思い出せない。
泡盛の呑み過ぎなのか??
懐かしいオリオンビールは納得の味だけれど帰り際に見つけました。
コーヒーの香りと苦みが癖になりそうな一杯でした。


   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生を楽しく

2010年09月26日 | 日記
アウトドア派の私にとって昨日の最高の天気に家に居るのは風邪を引いている時しかない。
先日のビールシャワー事件では、「阪神の優勝のビールかけはまだ早いやん」と言えなかったのか!
笑いが欲しかった。ゆとりココロと楽しさを忘れていたのだ。
なぜ?なぜ?なぜ?を3回言ってみて、ブログを見ながら最近疲れている原因が分かりました。
やっぱり内向きに気持ちが入り込んでいた。
だから今日は歩きとJOGを60分して、昼食には牛丼作って、ミル姫と淀川河川敷で遊んだ。

人生は楽しくなければいけない。
あらゆることを楽しく切り替えなければいけない。
「たのしい」のであって「らく」ではない。努力は必要である。

   

  ミル姫も久しぶりに嬉しそうにはしゃいでいました。
  うろこ雲が綺麗でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「阪急電車」有川浩

2010年09月25日 | 本・音楽・映画
秋晴れのいい天気だった。家に居ると寒いぐらいに空気が乾燥している。
カラダでも悪いのだろうか?天気がいいのに一日家にいました。
食欲は衰えないから大丈夫だ。食欲の秋は間違いない。
だた今は、なぜかやる気がなくてスポーツの秋にはならないのだ。ふぅ
スポーツと言えば阪神タイガースの秋は珍しい。終わらないでほしい。祈るだけだ。
今日は、やっぱり4番が活躍すると勝ちます。阪神8対3広島  負けられない秋。

最近は、話題の本ばかり読んでいる。読書の秋と決め込んでいる。
実家が伊丹なので小さい頃から阪急電車だった。えんじ色の車体とレトロな内装は高級感があって大好きだ。中途半端な駅で塚口が紹介されていて笑ってしまった。伊丹は塚口から乗り換えて3駅目の終点にある。本では、宝塚から西宮北口の今津線の社内で起こる人間模様を描いていて楽しい本だった。


   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビールシャワー

2010年09月24日 | 日記
大阪梅田の居酒屋へ同僚と飲んでいました。
この居酒屋は、なかなか考えていましたね。
いろいろな事を仕掛けてお客さんを呼び込もうと感じられます。
  飲み放題+料理2品のセット 2,980円
  飲み物3品+料理3品のセット 1,980円
  または、20時半からの遅がけ飲み放題 1,200円
ビジネス街なので、なかなか考えているでしょ。
あまり飲まない同僚だったので1,980円コースにしましたが結局ドリンク追加しました。
そう考えると飲み放題にすべきだった。

店の宣伝をすべきだが今回はやめておこう。
一杯目の生ビールを飲みほして二杯目を持って来た若い男の従業員に右肩あたりからビールをこぼされてしまった。
右席に鞄と上着を置いていたので背広はビショビショに濡れている。
同僚はテーブルに置いてあった携帯電話を拭いている。私は手帳を拭いている。
怒るより「もう・・・」って感じ。そんな不快感の顔していたね。
「大丈夫ですか?」「大丈夫なわけあらへんやろ!」
まさかニコニコ咲顔はしないでしょよ。
店長が出来てきて背広を持って行った。
同僚との話の内容が深刻だったので直ぐに話に戻った。

結局、洗濯代として3,000円が封筒に入っていた。
食事料金は普通に支払った。
帰りの電車では、背広から鞄からビールの臭いが漂っていました。

ひょとして阪神タイガースの優勝のビールかけを予言するものだったら、また行ってやろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時は宝なり

2010年09月23日 | 日記
朝の4時半ごろでしたか、大阪は雷がすごかったです。ピカピカドカン
昨年の夏に我が家のテレビアンテナに雷が落ちた時の音と比較する家人とミッキーはへっちゃらだ。
季節って急に変わると思っていたが今日がその日だったようだ。
夏の空気と冬の空気が火花が出るくらいぶつかり合って冬の冷たい空気が勝ったのだ。

今日は実家の伊丹に行く準備をしていると義母から自転車ナリから電話があったと報告があった。
北海道の登別らしい。九州出身者と2人で旅しているらしい。すでに寒いようだ。
景色は最高だろう。元気メールを送信したが返事はない。宗谷岬までどのくらいだろう。

いい時間を過ごしているねぇ。
今週は休日も多いし出張も多いので時間を上手く使わないと仕事が終わらないのだ。
「やらねばやれねば」と思っているだけで手を付けていない事が多すぎる。
目の前の仕事に追われ過ぎている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中秋の名月

2010年09月22日 | 本・音楽・映画
十五夜で中秋の名月。帰宅する頃・・・
      ・・・タイガースが頑張っていた頃の空は曇っていた。
今日は無理かなと思っていたが、0時頃に夜空を眺めるとくっきりと満月でした。
タイガースも無理と思うな!まだまだ熾烈な争いだ。今日はブラゼルのホームランで勝つ


駅の売店で買ったPHPの裏の文章をコピーします。ココロが軽くなりました。
   
  中略
  人生、晴れた日ばかりではない。雨の日もあれば曇りの日もある。
  しかし、雲に覆われていても、たとえ土砂降りの日でも雲の上には
  いつも変わらず月は輝いている。
  種々の事柄に追われて日を送るうちに、いつしか心に雲がかかり、
  物事の真の姿が見えなくなってはいないか。
  とらわれや私心といった、お互いの心にかかった雲を吹き払い、
  澄みわたった秋の夜空を心に取り戻したい。   
  そうすれば、なすべきこと、進みべき道もきっと見えてくるに違いない。
  しばし足を止め、夜空を仰ぎ見よう。
  心に雲をかけてはならない。月を見失ってはならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「悪人」吉田修一

2010年09月20日 | 本・音楽・映画
今日は一日の~んびり過ごしました。
猛暑が一休みしたほっこりした気持ち良さと、出張明けの疲れ、昨日の仕事明けで「休むゾー」っと徹したのが良かったのでしょうか。
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」敬老の日ですもんね。
老人っていう規定は知りませんが、お父さんはのんびり過ごすことができました。
暑さ寒さも彼岸までと言いますからね。
3時から阪神巨人戦、夕方今日の料理登板懐かしアイドル一挙30人のTVを観終わって、残りを読み進めました。

   

第34回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で深津絵里さんが、最優秀女優賞を獲得した映画ですよ。面白いと聞いたんで読んでいました。上下ありますが結構簡単に読めますよ。
誰が悪人なのか?酒でも飲みながら話をしたいなぁ。そんな小説でした。
大好きな九州弁で綴られています。
作者は長崎生まれ、妻夫木さんは福岡生まれ、深津さんは大分生まれで九州弁が印象的な物語でした。映画も面白いでしょうね。

最近のニュースで親を放置してミイラ化した事件や思いあまって死に至らしめた悲しい事件が観る。たまには自分のことしか考えない野郎もいることは確かだけれど。
表面的な倫理観だけでなく深い深い理由がある事件もあるだろう



ところで
タイガース諸君よ
ここまで来たら両チーム必死だから、責任感で緊張するからカラダが固くなっているぞ。4番新井さんはを悪く言う気はない。優勝するには誰かがラッキーボーイになればいいのだ。
しかし、責任を取るのが4番バッターなのだ。今日ダメなら次にやればいい。1年間好調はあり得ないからな。気にすんなよ。。。。
今日はお立ち台に上がった林さん、久保田、秋山で決まった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加