ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

龍馬の記事で思うこと

2010年01月31日 | 日記
昨日、チベット展のチラシ見ながら次男が「仏像のガチャガチャって知ってる?」
という。それも女性がハマっていたという。女の人は好奇心旺盛ですね。
昨年は、真田幸村の六文銭のように家紋が流行っていたと思うのだが。

今日は、ミッキーと映画アバター3Dを観ようと映画館のメール予約した。
ところが微熱があるようでキャンセルしようしたのだが「カード決済なので無理です」という。
上司と相談してもらいなんとか日程変更でお許しがでた。気をつけなければね。

               

さて、坂本龍馬の話
NHKの龍馬伝の視聴率は20%以上というからすごい人気です。

福山雅治効果でしょう~週刊誌の対談では・・・
龍馬という人は、黒船のことを聞いたら脅威だと感じるよりも、船に乗ってみたいと思う。
そして文明の利器を作るにはどうするか?と考えるような好奇心のかたまり。
新しい世界を開くには好奇心と常に勉強を怠らない努力。
未知の世界に飛び込んで行く積極性。新しい出会いを通して自分自身を変えていく人だ。


別の記事では・・・
司馬さんの小説がなければ、維新の数ある名前の中でもここまでの大スターにはならなかっただろう。
司馬さんは「神がこの時期につかわされた唯一の人」と言っている。
龍馬は千葉道場の塾頭だった。これは今の東大首席のエリートだという。
その一流の素材と好奇心を持って勝海舟などの頭脳に影響されたことが根底にあるのだ。

今では電話やインターネットで情報を得ることができるが、あの時代は龍馬がスポークスマンのように説いて回った。
それも蒸気船で早く情報を伝え、日本中よく歩きもした。
その驚異的な情報で、薩摩と長州を口説いて同盟を結ばせて明治維新を起こした。

龍馬はこの時代でなければ活躍できなかったのかもしれない。
いやいや33年間疾風の如く旺盛な好奇心で駆け回ったことを学ばなければならない。


明日から2月ですね。来月もよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝

2010年01月30日 | 日記
大阪歴史博物館でチベット展に行ってきました。
信仰というパワーを感じた展示物でした。
協賛がJALになっている(笑)



<十一面千手千眼観音菩薩立像>

仏像の中には三つ目でにらみをきかす神、千の手で多くの人を救う願い、千の足で災いを踏み潰す神、ドクロを飾る神、男女が抱き合う神などがトルコ石などで装飾されていて神秘的な神々しさを感じました。


以前テレビで五体投地をしながら聖地のラサまで何キロも歩いて行く人を観ましたが気が遠くなる思いでした。
(五体すなわち両手・両膝・額を地面に投げ伏して、仏や高僧などを礼拝すること)


ところが
チベットのことを調べてみると中国の非人道的な行為の数々が見えて来ました。
「中国がチベットから略奪した盗品の数々を見せびらかす展示会」というのが真実かもしれない。

北京オリンピック開催されたころのチベット暴動を思いだす。
またネットではチベット人が中国人兵士に撃ち殺される映像もありました。
<120万人以上が虐殺された上に大半の僧院が破壊され、土地は勝手に中国人に分配され、大量の中国人をチベットに移住させることで混血を進めさせ、国や文化どころか、民族自体を消滅させようという恐ろしいことが現在進行形で行われています>とある。



チベットについて
7世紀に吐蕃王国が成立し、その最盛期(8~9世紀)には西域にまで領土を広げ、唐の都・長安に攻め込むほどの勢力を誇りました。その後チベットは、インドで発展した後期密教を取り入れながら、中国を通じて日本に伝わった密教とは大きく異なった密教を発展させました。そして元・明・清の歴代中国王朝とも密接な関係を持ちながら、豊かで独自な文化を育んできました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にっこりマッコリ

2010年01月29日 | 食する
焼き肉なんて久しぶりです。
<韓国焼き肉 松涛園>
大阪市平野区加美北3丁目16−20 - 06-6794-2941
知り合いの会社の近くなのでちょっと不便だけど美味かったですね。
地下鉄南巽駅なんて初めて下車した駅です。




初めて食べた食感”うるて焼き(牛の気管の軟骨)コリコリと絶対に癖になる。
焼き肉にチゲなべにマッコリで、モゥモゥ動けません~



イードン生マッコリ酒が初めて飲んだけれど好きだな。
酵母・アミノ酸が入っていてコレステロール値を下げる効果があるんだって。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

接待は疲れますわ。

2010年01月28日 | 食する
九州からお客様が来られたので食事をしました。
やっぱり九州人は良く飲みますね。
久々の三次会になっちゃいました。

ウイスキー派の同僚オススメのスコッチ
<GLENMORANGIE>
スコットランドで一番飲まれているモルトは、このグレンモーレンジ。
軽く華やかでデリケートな香りは非常に魅惑的で、ナッツのような香りが印象的。とありました。




九州の方の話は面白くて、ついつい飲み過ぎました。
家に帰ってお風呂で眠ってしまい5時ごろ寒さで目ざめました。
寒さでカラダが動けません。追いだきにしてやっとこさ生き返りました。
チョット危険な出来事でしたがたまにやってしまいます。
懲りないなぁと家人も笑っています。 こっちの薄笑いの方が「さぶい」わ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

商売は笑売でなくっちゃ

2010年01月26日 | 日記
テレビのガイヤの夜明けを観ております。
安売りのデフレ時代でも売上を上げているお店を紹介しています。
やっぱりヒントはいろいろあるんですね。

自分を信じてGOしている姿に涙が出てきました。
みんな努力しているんですね。
また努力だけでなく思い入れとかこだわりがあるんですね。
POPにもそんな思いを書いて伝えます。

沖縄のモズクを入れたパイを売れるようにする仕組みに
私の大好きな藤村正宏さんがコンサルタントしていた。
「モノでなくコトを売る」
「モノを売るな。体験を売れ」
まだまだやることはいっぱいあるんですね。


いろいろな方法もあるんです。
たとえば
マスク売り場にめがね拭きを陳列するとか?(私が老眼鏡をかけて分かったこと)
コンビニのおつまみ売り場に歯間ブラシを陳列するとか(いつも気になるんやわ)

知恵を出すことは楽しいな~  笑売なんだ!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッターってなんやねん。

2010年01月24日 | 日記
最近よく耳にするツイッターってなんやねん。
ツイート (Tweets) つぶやき。ブログとチャットを2で割ったものとある。
鳩山首相や政治家もなにかつぶやいていると聞いたことがありました。

そんでもって・・・

今週の週刊ダイヤモンドに特集が掲載していたので何気なく手にしました。
そこで歌手の広瀬香美さんが入門編を書かれていたので流れにのって登録してみました。

良く分からないままウロウロしていました。

あれ??もう夕方になってしまいました。



昨日、TSUTAYAで「ランナーズ」の雑誌を買った時いっしょにDVDをレンタル。
レッドクリフⅡとイエスマン

イエスマンは良かったね。ジムキャリーならではの役だね。
この映画を見てしまったのでツイッターに登録したと思う。
何か新しいことを見つけたい衝動に駆られたんでしょうね。
  あくまで第三者的に

「No」ではなく「Yes」で行動してみると違った出会いが始まるかもね。

もうすぐ帰宅する家人「お昼の食べたお皿は洗っといてね」言うだろう 私「YES」

明日はもう1月の最終週ですね。では素敵な日々を!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知識と知恵

2010年01月23日 | ココロ
最近ダメデスネ
寒いので家に閉じこもっています。
そろそろカタログ制作に取り掛かっているんで今日は仕事してました。

散髪がてらウオーキングに出かけたところお祭りされている井戸を発見。
京阪香里園駅の近くで迷路のような場所にあり今まで知らずにいました。



弘法大師の作った井戸。<湯屋が谷弘法井戸>
弘法太師が杖を地面に突き刺すと温泉が湧き出たというような足跡がいたるところに存在します。
伝説でしょうが、それでも民衆のために知恵と行動力をおしみなく使った僧侶だったのでしょう。
まだ訪れたことはありませんが高野山(真言宗)の金剛峰寺を創建した空海の贈り名ということです。


最近、<知識と知恵>の話がよく耳に目に飛び込んできます。
弘法大師さまも社会が悪い、民衆は行動しない、お金がないなどと知識に頼っているのではなく
自分の問題としてとらえたんでしょう。
人や物のココロを大切にする、
知識でなく知恵で活かしたから民衆に広まったのでしょう。

たとえばバーゲンセールや今日の目玉商品など安いから買ったりしますよね。
これはテレビやチラシなどの情報による知識に基づく行動です。
もし知恵で考えると「今はいらないか!」となるケースが多いわな。
知恵があると正しい判断ができるけどなかなか難しいね。

こんなんじゃいけないと思い
帰りに月刊誌「ランナーズ」を買っちゃいました。
3年ぶりでしょうか?
もうフルマラソンは無理かも知れませんがちょっと頑張ろう。
と思った寒い午後でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立ち飲みのハシゴ

2010年01月22日 | 食する
立ち飲み屋さんは、こだわりがあっていい。
こちらも1時間以内なので帰宅も早くて家族円満だ。
「酒を飲みたいだけやん」とは言わんといて!!!

1件目はいつものタイガースファンのお店。
2件目は京阪天満橋の日経新聞社の近くの酒屋さんなんです。
自分で頼んだ金額をメモして清算するる明朗会計。
酒屋さんなので焼酎も一杯200円

料理にもこだわりがあって実家の岡山から直送される魚が最高だ。
牡蠣のバター焼きはプリプリ、アジのタタキは新鮮

9時に閉店なので1時間弱で追い出されました。
生ビールは飲んでませんが一人1,200円とは考えられない金額。
今後は写メ撮って報告します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

危機管理の話

2010年01月20日 | 日記
仕事の話です。
専門的な仕事をしている方が今日休まれるので緊張して昨日からチェックしていました。
本日、フローを基にゆっくりゆっくり処理していくと問題なく出来ちゃいました。
「問題ない」というのは明日、チェックしてからになると思いますが・・・。

でも何だったんでしょう・・・
              誰でもできる仕事ではなかったのかな??
たまに経理課のお局さんが使い込みをしている事件がありますが、まさしくコレなの
なんでもそうでしょうね。思いこみが恐ろしい!
「ハロー効果」という懐かしい言葉が浮かんできましたが
 特に評価をする監督者は注意しなければなりません。
 一度検証しなければいけませんね。。。


感動の話が無いと思っていたけど、ゆったりココロとお話をすると沢山あるんだろうね。
でも今日は仕事を引きずっていますからゆったりできません。

TVでは、ハイチの地震のニュースが流れている。
見る側のココロが乾いていると、画面の向こうは別世界なんです。
地震はどこにでもやってくる。これも教訓があるのに危機管理出来ていません。


長くなりましたが・・・面白くないので今日のお昼ご飯を紹介します。
たしか2回目だと思います。昼ご飯には「完璧」です。
鳥の唐揚げにカレーをかけた一皿。


谷町四丁目 <町> 鳥カレー煮 700円 この店ではこればっかり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪神大震災「神戸新聞の7日間」

2010年01月19日 | 日記
阪神大震災のことをブログに書くのは自粛していた。
でも、もう15年もたつのですね。

あの頃は、会社には自転車通勤をしていました。香里園-新大阪時間にして50分
大きな揺れで起床したが、いつものように普通に自転車で新大阪まで向かった。
会社に着くとカギのかかっていない窓は全開だったのでそこから入る。
書類などは散らばっていたがそれほど混乱はしていなかった。
3連休明けだったので注文FAXが溜まっていたため仕事に取っかかっていた。

そして阪神高速が壊滅していたニュースをみてこんなことをしている場合じゃない
 と思って実家の伊丹へ自転車を走らせた。



テレビでは、櫻井翔の新聞記者に編集長、意見のぶつかり合いや事実をもとにした苦悩など手に取るようにあの時を再発見した名作だった。

涙が止まらなかった。



今日、ネットの記事で見つけたのでコピーしました。

「神戸新聞の7日間」視聴率19・3%

16日にフジ・関西テレビ系で放送された「神戸新聞の7日間~命と向き合った被災記者たちの闘い~」の平均視聴率が関西地区で19・3%(関東15・3)を記録したことが18日、ビデオリサーチの調べで分かった。
 制作を担当したフジテレビには電話やメールなどで「感動した」「涙が止まらなかった」などと大きな反響が寄せられた。中には「ドラマは決して大げさではなく、実際に起きた家屋の倒壊、火災が再現されていて見ていて苦しくなりました。生き埋めになり、生きたまま焼かれた人たちの叫び声やうめき声は15年たった今も耳を離れません」という神戸市長田区の被災者の声をはじめ、「震災についてよく知らなかったし関心もなかったが、ドラマを見て、決して風化させてはいけないと思った」「多くの人に伝えるため、再放送してほしい」などという声が全国から届けられた。


献血はこのときから始めた私の唯一のボランティアのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加