ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

若い広場

2017年04月16日 | 日記
4月15日(土)家人と義母が兵庫県の美山方面に行くので、見送ったあと「さて、何処にいこかのう」と頭をめぐらすも雨が降ってきた。雨のせいにする分けじゃないけど、先週と同じようなテレビとPC漬けの一日でした。ミンチカレーは作りましたけどね。


朝ドラの「ひよっこ」に完全にハマってる。ストーリーは、1964年のオリンピックのあった高度成長期の時代の物語。茨城から東京へ出稼ぎするお父さん・谷田部実(沢村一樹)、働き者の妻・美代子(木村佳乃)と主人公の長女・みね子(有村架純)。今週は、出稼ぎ先の東京で行方不明となってしまったご主人を捜す美代子さん。警察署に捜索願を提出するも事務的な対応を受けて、<「いばらぎ」じゃなくて、「いばらき」です。名前があります。>って凄い迫力でした。実から聞いていたレストランの「すずふり亭」の店主の鈴子(宮本信子)とその息子の省吾(佐々木蔵之介)に優しくしてもらう・・・。
この時期、東京オリンピックで新幹線、地下鉄、高速道路、ホテルなどの建設ラッシュで仕事はあったんでしょう。家族のためにしろ大変な時代だったんだ。仕事して飯食って寝るだけの日々。「オレの人生って・・・」と考えてしまったら、蒸発する気持ちも分かる気がする。

オープニングの桑田佳祐さんの曲が画面のミニティアと相まってすごくいい。YouTubeで調べるへ「若い広場」っていう題名と分かり、桑田さんの曲を聴いていたら、少し変だと思ったら「桑田居助平」で書いてあるじゃないの? そっくりさんでしょうね。

愛の言葉をリル シャイなハートがドキドキ
あの日みてた サウンドミュージック
瞼閉じればよみがえる
幼い頃の大事な 宝物だけは
ずっとこの胸に 抱きしめてきたのさ・・・
夜の酒場でロンリー あの子今頃どうしてる
さなぎは今 蝶になって きっと誰かの腕の中
若い広場 楽しいドラマ
夢広がる 青い空
肩寄せ合い 声合わせて
希望に燃える 恋の歌

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 造幣局桜の通り抜け | トップ | ミル姫も桜ってる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL