ニコニコ日記・咲顔

一日が一生。感動したことを心咲顔で書いています。
旧http://blog.zaq.ne.jp/kijimuna/

心理占星学

2017年12月05日 | ココロ
12月4日(月)小生の誕生日は9月でしたが、遅くなったけど毎年恒例の友人の魔女にホロスコープを診て頂いた。占星学ではすでに新年を生きている。昨年は、「死んだと思ってください」と強烈な年だった。仕事上大きな転換があって不安な日々を過ごしておりました。今年はどうかというと一言で「ジタバタしておらず安定している」そうだ。仕事も一段上から眺めているような感じだと。良かったらよかったで、勝って兜の緒を締めよ。悪かったらわるくて成長させて頂いている。と何事も前向きで生きていきましょう。苦労があった方が人間は成長するのだ。

魔女とは一年ぶりのタイ料理・TAWAN THAI 昨年は、12月5日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一息の禅

2017年11月14日 | ココロ
11月13日(月)名古屋の会議が終わって、座禅の本を読みながら缶ビールをプシュ。大童和尚いわく歩いていても椅子に座っていても座禅はどこでもできると。誰でも同じだと思うけど気が付くと脚を組んだり、背中が丸くなっていたり、スマホを見ながら頭が前に倒れていたりする。一息(ひといき)の禅といってカラダをまっすぐにして、後ろ頭で天をつくようにする。(←よく聞くのは頭のてっぺんを天に引っ張られている感じ)そうすれば、耳と肩、鼻とへそが一直線になり座禅と同じ。そして鼻から吸って丹田に落としてゆっくり吐き出す。と書いてあった。もちろん新幹線の座席は座禅の場となりました。なんかスーッとします。


会議で、中国のアリババが11月11日の独身の日のネット販売の話があった。ニュースでも「日本円で2兆円(1元が17円)を超える金額」と驚かせたのは知っていたが、開始11秒で1億元、28秒では10億元だったという。すごいというしかない。リアル店舗とネットはどうなって行くんでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドーパミン探し

2017年11月10日 | ココロ
11月9日(木)先日、再就職の報告があった読書友のオーさんから連絡があったので京橋のいつもの処で待ち合わせた。センベロの京屋本店。11月から新しい職場で働き始めて、当たり前だけどすべてが新しいので疲れて疲れてと。年齢は50歳というのでそれなりに期待もされているからそのあたりがプレッシャーになっているようだ。そして再就職まで約2ヶ月間ヒマにしていたのでカラダが動かず反応が鈍いと嘆いていた。

京屋本店では、瓶ビール6本呑んで帰ろうとしたけど7時半。あまりにも早すぎるので・・・京阪電車・京橋駅の駅中にあるショットバーでハイボールを。小生も仕事のやる気を出すドーパミンを探しているので考えさせられました。読書友と書いたけど彼も最近読んでないというから何かしなければね。

仕事が新年度ということも何かと疲れておりまして、小生のドーパミンであるアルコールの量が多くなってしまってコタツで寝てしまう日々。家人からは、ミッキーの受験に影響すると怒られております。テレビを観ながら横になることはもうしません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定点観測 大阪城

2017年10月31日 | ココロ
10月30日(月)森ノ宮駅の近くにある労働基準監督署に36協定の申請へ。大阪の最低賃金は909円になっていますね。

そのまま大阪城公園を歩いて直帰。歩いていると暖かくなるけど、気温は12度。寒くなりました。昨日、夏スーツをかたづけて、コタツと電気ストーブと寝床には毛布も出して寒さ対策は万全だ。大阪城(17時ごろ)は紅葉待ちですね。大阪マラソンまで一ヶ月を切ったので走ってる人が多くなった。元気な人や頑張っている人と同じ時間共有すると、こちらも元気になってきます。迷った時には、「行動する方を選択する」この言葉を思い出した。30代に時に悩み相談で東京の友人から送られた言葉です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

善にほこらず、物と争わざるを徳とす

2017年09月21日 | ココロ
9月20日(水)人は、良いことを自慢しないで、周りの人たちと争わないことが徳なのだ。

その通りです。ことわざの「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ですね。でもなかなかできないです。人と比べることによって自分を高くしたいもの。でも自慢しない人でもココロの内から出てくるいやらしいものは注意が必要ですね。先日記者会見していた「このハゲ~」の豊田真由子議員が一番の代表選手かな。自分は優れているという「慢心」は、相手が「バカ」に見えるのでしょう。かたや、NHKプロフェッショナルで観たips細胞の山中伸弥教授のことを観て感じたのは、人を引き付ける人格者ですね。研究者ってああなんでしょうか?教授のマラソンシーンは、有名ですが、週に50km走るのか目標だそうです。走った距離だけ努力が報われるのがマラソンで、研究は、ゴールが見えないから走り続けるとおっしゃってました。新しい研究を始めるそうでips細胞のこれからの発展を祈念致します!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

洗心

2017年08月27日 | ココロ
8月26日(土)金曜日に同僚のお母様がお亡くなり、「家族葬で」と連絡はあったもののいつものように弔電も供花も手配し終わったころ、「親族だけでしますので通夜も告別式も参列もご辞退いたします。」とメールが入る。ええ~と思ったけど総務課に聞くと最近よくあることらしい。んん~なんだか分るような気がします。

図書館で借りた禅の本の中に「洗心」という言葉がありました。最近の小生は、ジムや歩きを中心とした社寺歩き、サプリメントなどカラダの健康ばかり考えて、ココロを満たす事を忘れていました。ココロを洗うこと!反省いたしましたた。

7:00に配信された、渡る世間は鬼ばかりの橋田壽賀子さんの安楽死についての記事を見付けました。そこには、「そろそろ、おさらばさせて下さい。という権利があってもいい」そして、「私が安楽死を望むのは、人さまに迷惑をかける前に死にたい」と。少なくとも小生も、そう思っております。死ぬということは、人さまに迷惑はかけていまうので、ぽっくり死イコール安楽死ですね。神様からいただいた命なので自死とは違うと思います。いわく、若いときから死に方について考えることは、生き方を見つめことだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四苦八苦

2017年06月27日 | ココロ
海老蔵さんのことで思うのは、生きるのはしんどいことだと。小生もたまには後退しても逃げないようにしよう。生きていればいいことあるさ。ケセラセラ!

四苦
1 生苦(しょうく)
2 老苦(ろうく)
3 病苦(びょうく)
4 死苦(しく)

八苦
5 愛別離苦(あいべつりく)愛する人と別れる苦しみ
6 怨憎会苦(おんぞうえく)嫌な人と出会う苦しみ
7 求不得苦(ぐふとっく)求める物が得られないこと
8 五陰盛苦(ごおんじょうく)五陰(色・受・想・行・識)精神的な苦しみ

難しい言葉です。

他人事のように書いていますが、もし小生家に置き換えると想像も付きませせん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コツコツがカツコツ

2017年06月24日 | ココロ
6月23日(金)12時過ぎごろだったでしょうか会議中にスマホのヤフー速報の記事にびっくりした。「小林麻央さん(34歳)の逝去」のニュース。家人とよく麻央さんのことを話していたから家人からもLINEが入ってきた。家人は、いつもブログをチェックしていたから奇跡が起こるんじゃないかなーと思っていたようだ。
名古屋からの帰りの電車で海老蔵さんの会見をYouTubeを拝見していると涙が出てきて恥ずかしかった。最後の言葉が「愛してる」とは泣けますね。麻央さんは、海老蔵さんのために生まれて来たような気がする。そして麻央さんは、ただの一人の女性ではなくて○○命のような女神ではないかと見破っております。この世は「愛」を実践するのですよ。できなくても努力するのですよ。と広報する役目の神様がこの世に送り込まれたのではないかと。
「愛している」の言葉は旦那様への言葉だと思いますが、子供たち、身内、お世話になった人たち、病気の人などなどすべての人へ言葉じゃないかなー。そんな気になる笑顔の麻央さんでした。ご冥福をお祈りいたします。

ブログを紹介していた言葉の中で「コツコツがカツコツ」と小生の「積小為大」じゃないか!と今日から小生の座右の銘にさせていただきます。
写真は、小生が思う小林麻央さんのイメージです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふたつの言葉

2017年06月16日 | ココロ
6月15日(木)ありがとう ごめんなさい 目でいえる 口でいえる 手でいえる 体でいえる こころでいえる

いつも優しい言葉をありがとうございます。玄関が締まっている本門法華宗の本厳寺さん 口に出さない時もありますので反省しております。言葉や態度はココロの鏡といいますものね。今日も一日頑張りましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

諦めてはいけない

2017年06月14日 | ココロ
6月13日(水)会社からの帰りにキリスト教会があって玄関に「ともしび」というチラシを手に取りました。

「どんな時でも諦めてはいけない」というAさんの記事に感動した。高校時代に陸上部だったAさん。お父さんはコーチをされていた。ある時、インターハイで1万メートルの試合のときに男子選手がスパイクを忘れたという。コーチは、あわてずに「このグランドは、どちらかと言うとスパイクは合わない。今は履いているアップシューズの方がピッタリだ」と伝えた。そして「スタートが肝心で始めに飛び出して引き離し最後まで追いつかれないように走れ」とアドバイスしたそうだ。男子は、その通りに走り、なんと優勝してしまったという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加