イン・マイ・ルーム.COM

ブルーグラス、カントリーなどアメリカン・ミュージック、酒、B級グルメなどなど・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GLEN CAMPBELL  「Sings The Best Of JIMMY WEBB」

2006年10月13日 | MUSIC
グレン・キャンベルは言っている「自分は純然たるカントリー・シンガーではない、歌を歌うカントリー・ボーイだ」、カントリー系のポップ・シンガーなんだろう。

そんな彼がデビュー以来過去にレコーディングしたジミー・ウェッブの作品1992年までの曲を1枚のアルバムにまとめ上げたCDをリリース。
電線に恋人への想いを乗せるといった電話線作業員を唄った「Wichita Lineman」、彼女に別れの手紙を置いてフェニックス、アルバカーキ、オクラホマへと帰ってゆく男を描いた「By The Time I Get To Phoenix」、ベトナムの戦場から故郷ガルベストンに残した彼女を想い続ける男の「Galveston」、そんなご当地ソングを筆頭に24曲、持ちましょうよこのCD。


2006年RAVEN RECORDSより発売
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニッカ・ウィスキー  「シ... | トップ | JIMMY WEBB 「Ten Easy Pi... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウーム (オ 寒)
2006-10-13 18:43:56
この記事読んでから、東京出張行くんだった!

ユニオンに行ったのに!



持ちます、何れ!
オ寒さん (ダッフィー)
2006-10-14 09:44:36
24曲もあるんで、途中飽きちゃうかもしれませんが、ポップス感覚で聴くと、まあーまあーかな?  っていうアルバムです。

コメントを投稿

MUSIC」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL