イン・マイ・ルーム.COM

ブルーグラス、カントリーなどアメリカン・ミュージック、酒、B級グルメなどなど・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

The Seldom Scene:ACT3

2008年11月09日 | セルダム・シーン
セルダム・シーン3枚目のアルバム、この同じ年にアクト2もリリースしてますから、同じ年に直ぐアクト3をリリースしたわけです。

選曲がバラエティーに富んでます、ビル・モンロー、ボブ・ウィルス、マール・ハガードなどの曲、ブルーグラス、ウェスタン・スウィング、カントリー、オリジナルと

ジョン・スターリングの後釜になる、フィル・ローゼンタルの曲2曲「Willie Boy」、「Muddy Water」がいいですね
圧巻は初っ端の曲、ミュージカル「メリー・ポピンズ」の挿入曲「チム・チム・チェリー」です、ジョン・ダッフィーさんのリード・ギターが冴え渡ってます

全12曲、彼らの演奏に圧倒されます。

1973年REBEL RECORDS
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The Seldom Scene:The New S... | トップ | SELDOM SCENE:Dream Scene »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは (オ 寒)
2008-11-09 07:15:33
当然ライブラリーに有り!

名盤だよな~
オ寒さん (ダッフィー)
2008-11-09 10:05:36
このバンドの作品にハズレは無いですね、すべて名盤だ~・・(笑)
曲順が違う! (Dr.SCOOP)
2008-12-19 10:39:39
このCDを買って聴いているうちに妙な気分になりました。

「何だろう?」と思い、久しぶりに倉庫に眠っているLPを探し出して曲順を眺めてみたところ、LPとCDでは曲順が違うではありませんか!?
長い間、LPの曲順で親しんでいたので、CDの曲順に違和感を感じたのです。

CD化する場合は、いかなる理由があろうと、オリジナルの曲順は変えないで欲しいものですネ。

話は変わりますが、ジャズの名盤が、最近、デジタル・リマスター化されて、とてもいい音で聴くことができるようになりました。ブルーグラスの世界では、デジタル・リマスター化といったことはないのでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL