イン・マイ・ルーム.COM

ブルーグラス、カントリーなどアメリカン・ミュージック、酒、B級グルメなどなど・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蕎音

2014年10月08日 | そば
三たて蕎麦「蕎音』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

移転のご案内

2011年09月11日 | MUSIC
このブログは2011年8月17日下記へ移転しました。
これまでのご愛顧、感謝いたします。
新たに開設のブログも引き続きお付き合いいただければ大変嬉しいです。
管理人:ダッフィー

「イン・マイ・ルーム.COM act 2」

2011年9月12日より下記に移転します。
「インマイルーム.COM」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

暫時休止のご案内

2011年08月13日 | MUSIC
誠に勝手ながら管理者の都合により暫くお休みさせて戴きます。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

M.T.A.-The Kingston Trio

2011年08月11日 | ブルーグラス
「M.T.A」は1949年ジャクリーン・スタイナーとベス・ローマックス・ホーズの作品、降車賃が不足してボストンの地下鉄から降りれなくなったチャーリーという男を歌ったもの

その後マサチューセッツ交通局(Massachusetts Bay Transportation Authority)が、この歌への賛辞?として新電子カードベースの運賃システムを「CharlieCard」と命名したとか・・・

キングストン・トリオ1959年のアルバム「At Large」から「M.T.A.」

Dave Guard – vocals, banjo, guitar
Bob Shane – vocals, guitar
Nick Reynolds – vocals, tenor guitar, bongos
David "Buck" Wheat – bass

M.T.A-The Kingston Trio


M.T.A.-The Kingston Trio

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

Give Me The Roses While I Live-Bill Clifton & Jimmy Gaudreau

2011年08月09日 | ブルーグラス
このアルバムから「Give Me The Roses While I Live」を

オートハープがいい味出してるんじゃ~

Give Me The Roses While I Live-Bill Clifton & Jimmy Gaudreau
1994 River of Memories
Bill Clifton-vocal,guiyat,autoharp
Jimmy Gaudreau-vocal,mandolin
Tim Yates-bass
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

Give Me the Roses While I Live-Curley Seckler

2011年08月07日 | ブルーグラス
2004年IBMA名誉の殿堂入りされた、ブルーグラス界のベスト・テナー・シンガー、カーリー・セクラーさん、1919年生まれと云いますから御年92歳~

フォギー・マウンテン・ボーイズなどの事など皆さんご存知のとおり、今更能書きは不要でしょう、アルバム「That Old Book Of Mine」から、カーター・ソング「Give Me the Roses While I Live」を

このアルバム1971年録音のLP、COUNTY732から11曲、1989年REBEL4301から5曲を収録

June 12,1989
Curley Seckler-mandolin,tenor vocal
Willis Spears-guitar,Lead vocal
Larry Perkins-guitar,vocal
Harold Jones-vocal
Philip Staff-bass
Give Me the Roses While I Live-Curley Seckler
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

Banks Of The Ohio-The Country Gentlemen

2011年08月05日 | ブルーグラス
私が最初に聴いた「Banks Of The Ohio」は、このカントリー・ジェントルメンのテイクでした、当時の印象、インパクトのある強烈!なイメージ、が今でも記憶にあります

マンドリンのイントロから入って、チャーリー・ウォーラーのヴォーカルと・・・堪りませんね~

Banks Of The Ohio-The Country Gentlemen
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

On The Banks Of The Ohio-The Monroe Brothers

2011年08月03日 | ブルーグラス
1929年兄バーチ、チャーリー、友人のラリー・ムーア、そしてビルの4人で始まったモンロー・ブラザース、活動して間もなくバーチ、ラリーが抜け、チャーリーと二人となった、これが幸いしてかブラザー・デュオと云えばこのお二人の名前が・・・・

画像のアルバムから「On The Banks Of The Ohio」

On The Banks Of The Ohio-The Monroe Brothers
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Banks Of The Ohio-Bill Monroe & Doc Watson

2011年08月01日 | ブルーグラス
アメリカ最長のミシシッピー川、その支流の一つオハイオ川

振られた腹いせに女性をナイフで刺し殺し、オハイオ川に投げ捨てた・・・と云う内容の恐ろしいトラディショナル・ソング「Banks Of The Ohio」(邦題:オハイオの岸辺で)

The New Lost City Ramblers,Joan Baez,The Carter Fafamily,The Monroe Brothers,など多くのシンガー、グループが演奏してます

Bill MonroeとDoc Watsonのテイクは如何?
Ash Grove,Los Angels,California,May 17,1963

Banks Of The Ohio-Bill Monroe & Doc Watson
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

High Sierra-Linda Lonstadt

2011年07月30日 | ブルーグラス
リンダさん先のアルバム「Feels Like Home」から「High Sierra」

フィドルの音色が聞こえますが、クレジットがありません・・・・・
このアルバムの2曲にフィドルでアリソン・クラウスさんのお名前があります、なので彼女かも・・・・?

David Grisman--mandolin
Carl Jackson,Mark CassTevens-guitar
Ben keith-Pedal Steel
Roy Huskey,Jr-bass
Larry Atamanuik-drums
Claire Lynch,John Ronstadt-back vocal
High Sierra-Linda Lonstadt


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加