楽農piano協奏曲

楽農生活と初級ピアノ。チャレンジ13年目。

確定申告

2013年02月28日 | 出来事

 2月も今日で最後。ぼつぼつ確定申告の計算に着手しないといけない。

申告は、パソコンのeーネットで申告をしている。

 e‐ネットは前年の申告項目がわかるので、だいぶ助かる。

申告期限は3月15日。それまで何回も見直しを行う、万全を期したい。

 

 申告開始日の18日のニュースでは、レスリングの吉田沙織選手がネット申告していた。

レスリング競技がオリンピックから無くなってしまうかで揺れている。

一つの競技が消えるとなると影響は大きい。

選手やスタッフの去就に不安が漂う。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼そば&最中

2013年02月24日 | 料理・食べ物

 松本市のアルプス市場で買った逸品。

焼そばは、独特の太麺で市民から親しまれている「たけしや」のもの。2人でたべると丁度いい塩梅だ。

大鹿村湯塩鉱泉に由来のある塩が練りこまれた白あんがいい、塩もなか。

大鹿村は遙かに遠く離れているため行ったことがない土地だが、この銘菓が食べられるのがうれしい。

 

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ニュー酵素玄米

2013年02月22日 | 料理・食べ物

 黒小豆酵素玄米。

14日のタウン情報に紹介されていた「米まい」さんのニュー食品だ。

店主のkさんにお会いしたので頼んでおいた。もっぱら予約で売り切れてしまうという。

 今まで使ってきた古代小豆の生産量が少ないことから黒小豆を主対にブレンド。

黒小豆はアントシアニンを豊富に含み、甘味が特徴。

 予約制で1パック(茶わん3杯分)300円。

すごく美味しい。健康食品。

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

シンビジューム

2013年02月20日 | 草花・樹木

 寒い日が続いているなかで部屋を彩る花がある。

 居間で咲き乱れるのはシンビジューム。

妻が丹精した花だ。

明るい日光の当たる窓辺に置いて育てている。

 知人から頂いたシクラメンとシンビジュームの花々が奏でるシンフォニー。

外は3日ばかり雪が舞う。今日も氷点下10℃、ちっとも春がやってこない。

春よこい、早くこい。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寒いなー

2013年02月17日 | 天候

 今朝は凍みた。6時半の寒暖計は-13℃。最近では堪らない寒さだ。

居間、お勝手&廊下のストーブにスイッチを入れてあるが、ポッポとしてこない。

 藤棚から小さなつららが固まり下がっていた。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なめたけ

2013年02月15日 | 料理・食べ物

 2月も半分が終わった。春に近づいている実感がない。今日の空模様も雪か雨らしい。

 

 なめたけを作る。

コープながの冊子ソシアから教えてもらったレシピだ。

妻はえのき茶にはまっているが、吾輩はなめたけに染まっている。

【材 料】

えのき 200g 酒 大さじ2 

調味料(しょうゆ大2・5+砂糖小2+みりん小1)

【作り方】

えのきの石づきを取り、3分の1の長さに切りほぐす。

鍋にえのきと酒を入れ、中火にかける。しんなりするまで加熱する。

調味料を加え、水気がなくなるまで煮詰める。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬もどり

2013年02月13日 | 天候

 今しがた雪かきが終わった。

バレンタインデーを明日に控えた朝である。

 多いところでは17cmほどの降雪だが、軽い雪質で助かった。

中南信地方に大雪との予報があって、夜遅く塩カルを撒いてはみたが効果はなし。

 雪のあしたの裸洗濯…

東山からお日様が顔を出した。

  春はまだ。ふきのとうも雪の中に。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おくやみ欄

2013年02月11日 | 出来事

 朝刊は、まず「おくやみ欄」から見ることにしている。

昨日も友人の母堂の葬儀に参列してきたところだ。

 建国記念日の今日、信濃毎日新聞のおくやみ欄を目にして驚いた。

なんと、亡くなられた方の名前がページ全面に。

こんな日は初めてのことだ。

 88名の方のご冥福を祈る。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

野沢菜漬けの炒め煮

2013年02月08日 | 料理・食べ物

 我が家の冬の味の風物詩。

信州の冬の食べ物、野沢菜漬けの炒め煮だ。

 しゃっきりした野沢菜漬けを食べ飽きたかなって思うときや、暖かくなって酸味が出はじめるころこれを作る。

18年前に亡くなったおふくろの味だ。

 この味付けまでなかなか到達できなかったが、数年前にやっと近づいたかなと思っている。

昆布とムシ(煮干し)を多めに入れることが肝心だった。

 4cm位にカットし、水に浸して塩けを抜く。

鍋に水を入れ茹でる。軟かくなったらざるにあけて水気を切る。

 サラダ油を熱して炒める。昆布は1cmにカット、煮干しは8匹ほど。

しょう油大2と砂糖大2位で味付けてみて、自分好みに。

湯気のあるうちに召し上がれ。

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

熟柿と干し柿

2013年02月06日 | 料理・食べ物

 昨年11月5日に友人から頂いた蜂屋柿。

熟してから冷凍しておいた熟柿は、新たな冷凍保存食品のために、強制撤去された。

そのため、吾輩が頂くことになった。

 片や、丁寧に皮を剥いて干した柿は、綺麗に粉がふいて摘ままれるのを待っている。

姿を変えているが同じ日に捥がれたものだ。

3月ぶりに再開を果たした。

 

 立春から2日目の朝、午前6時には3cmほどの降雪。

塩カルをパラパラ撒いてきた。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ミニミニさかな釣り

2013年02月03日 | 我が家

 ゼンマイ仕掛けで、回る盤の上に並んだ8匹の魚を釣る孫のおもちゃ。磁石にくっつけて釣る。

トイザラスで購入した。

 

 家に来ると必ず相手をさせられるが、勝ったためしがない。

3つの孫の相手だけに目の色変えて勝負するわけにもいかず……

5匹:3匹か6匹:2匹くらいの結果だ。

 

 勝てば両手もあげて喜んでいるが、教育的にはいかがなものか。

たまには引き分けシーンもなければ…。

ジージは悩む。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加