楽農piano協奏曲

楽農生活と初級ピアノ。チャレンジ13年目。

塩尻短歌館開館25周年

2017年04月21日 | 文化芸術


 塩尻短歌館の企画展を鑑賞した。

『短歌の里の歌人交流Ⅰ』と題した催し。

水穂、喜志子を生み、赤彦が小学校校長を勤めた地。

チラシは、水穂の短歌『命ひとつ露にまみれて野をぞゆく涯なきものを追ふごとくにも』の

歌碑を建立した時のもの。

 夫人の光子も感慨ひとしお詠んだ。

『日は空に松ふく風も音澄むや颯々として歌碑幕をぬぐ』

郷原古統の絵も心を打つ。




 8月14日に開催され続けて40年。

実行委員会では広丘の短歌フォーラムを開催する。

5月26日までの投稿を呼びかける。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堀金の桜 | トップ | 氏神様の例大祭 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む