楽農piano協奏曲

楽農生活と初級ピアノ。チャレンジ13年目。

切り絵展

2018年02月23日 | 文化芸術


 JA塩尻市広丘支所の一角、切り絵が展示されている。

広丘郷原在住の中倉治郎さんの作品である。

 細部までカッターナイフの刃が研ぎ澄まされていて、心が引き付けられる。





 裏側にはアカザの杖や肩たたきも並んでいる。なんと頂けるとのこと!

一本恵んでもらった。足元がおぼつかなる時のために。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和希さんの個展

2018年02月06日 | 文化芸術



 松本市のギャラリータカハシで大和希さんの個展が開かれている。

1日~6日まで。

 のぞみさんが広丘野村区在住ということを知って驚いた。

お父さんやお母さんは存じており、お母さんにテルして確かめた。



 20点が展示されていた。大きな絵画に登場する虎さん。ひょっとしたら彼女はトラキチ?

リンゴを描いた小作品にも心が暖められる。

 作品の写真はギャラリータカハシのホームページから。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さよなら。広丘公民館

2018年01月11日 | 文化芸術


 広丘公民館の建物といよいよお別れ。

来年度建設が予定されている北部交流センターのためにこの3月までに解体される。

地区文化活動の拠点として58年4月オープンした。場所は広丘駅の北側。

商店街も近く大勢の人に親しまれてきた。

最後の仕事は1月4日開かれた『平成30年広丘地区団体役員新年会』で、

数十人の役員が別れを惜しんだ。

今月半ばから片付けられ、重機も入って解体されるとのこと。

市公民館50年の歩みには、広丘公民館の発足が記されている。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VanGogh&japan

2017年12月09日 | 文化芸術


 上野の東京都美術館に向かう。浜離宮から。

大江戸線汐留駅から上野御徒町駅。そこから上野公園まで徒歩。そう遠くはない。



シニアは入館料が1,000円。年齢の分かるものを提示する。

パンフレットの表裏。






ゴッホは浮世絵の影響で絵画表現が変わった。


 ☆本日10日09時NHKEテレで『日曜美術館選 ゴッホ』が放映される。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日展鑑賞

2017年12月08日 | 文化芸術


 孫連れの娘に付き添いつれ合いと上京した。

久しぶりの東京。

 娘達の家を15時においとまし、地下鉄乃木坂駅に向かう。

国立新美術館にストレートに入って行ける。

 チケットを求めたら二人で600円と言われて、『???』。

16時以降入館は一人300円となるとのこと。普通なら1200円の高級チケットなのに。

もっとも2時間しか観れないから。

 油絵展だけ観れた。

長野県関係者が3人。絵葉書コーナーにはお二人のものが。

長野市の小沼さん、塩尻市の小松さん。

特選の萌芽の輝きは私のお気に入り!本山二郎さん。

今度の日曜日まで。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平林家国登録文化財に

2017年11月18日 | 文化芸術


 今朝の市民タイムスにうれしいニュース。

広丘原新田にある民家平林家主屋が国の登録文化財に。

国登録文化財は市内に17件ある。

平成12年指定:須山家

平成21年指定:笑亀酒造 古田晃記念館 塩尻短歌館 

平成23年指定:秋山家 田中家 小林家 荻上家

平成25年指定:丸山漆器

平成26年指定:南内田公民館

平成27年指定:岩垂家



市内には6つの民家が国重要文化財に指定を受けている。

昭和48年指定:堀内家 小野家 小松家 島崎家

平成17年指定:深澤家  平成19年指定:手塚家

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短歌フォーラム

2017年09月26日 | 文化芸術


 31回全国短歌フォーラムin塩尻が23~24日に開かれた。

レザンホールでの選者による講評は人気の的だったが、今年はだいぶ空席が目立った。





会場の外に並んだブース。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柳田国男&菅江真澄展

2017年08月27日 | 文化芸術




 塩尻市の本洗馬歴史の里歴史館で9月8日から開かれる展覧会。

柳田国男に関する未発表の書簡が見つけられたとの記事があり、楽しみにしている。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芭蕉句碑

2017年08月04日 | 文化芸術


 松本市芳川王滝グループ二代目あっちゃんの国道を挟んだ一画に芭蕉句碑と一里塚碑が立つ。

『霧しぐれ富士を見ぬ日ぞおもしろき』と彫られているが、この句は芭蕉が野ざらし紀行で詠んだもの。

富士見橋という橋を渡るのだが、霧のため富士山が見えないという不遇を詠む。

これらの碑は国道拡幅などで移設されているという。

 信州松本の地に、富士山の見えない地に何故?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月の文芸サロン

2017年07月21日 | 文化芸術


 今期の文芸サロンは講師に堀井正子さんをお迎えした。

昨年も与謝野晶子についてお話ししていただいた。

 今回は出会いの寺善光寺と題し、高倉健と5代前の祖母小田宅子の因縁を語られた。

江戸時代後期宅子は九州博多から諸国を旅し、旅行記を著している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ねっこぼっこ

2017年06月16日 | 文化芸術


 第二回目の『文芸サロン』は、読み聞かせグループねっこぼっこのみなさんが初登場。

このグループは、サロンのたびに企画をはじめ受付や湯茶のサービスなどなど裏方として活躍してもらっている方々だ。

宮田村に伝わる早太郎物語の朗読から幕があいた。ついで藤村の詩、アイウエ王、赤ずきんちゃんへ。

ピアノの効果音も素敵。








 間に休憩をはさむ。コーヒーorお茶&田舎饅頭。

後半は歌の時間。うさぎとかめ、浦島太郎の童謡を2グループに分かれて歌った。

最後はかえろがなくからかえろとみんなで歌い、帰っていきましたとさ。

素敵な手作り人形。赤ずきん&狼、おばあちゃん











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀧川輝子日本画展

2017年06月11日 | 文化芸術




 9日市民タイムス塩尻ホールで瀧川輝子日本画展を鑑賞した。

口開け間近で画伯もおられ親しく話をお聞きした。

 塩尻市保健センターへの日展作品を寄贈される頃お話をする機会があり、懐かしかった。

今回展示された絵画は16点。過去に日展に入選された力作。

13日まで開会中。

作品画集には51点が紹介されている。500円で。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

短歌投稿

2017年06月01日 | 文化芸術


 塩尻市の秋のビッグイベント『全国短歌フォーラムin塩尻』。

31回を刻んできた。今年も連続31回目の投稿を済ませた。

その受付済みのはがきが届いた。受付番号は293番目。

9月23日正午開会。午後3時からの記念トークイベントに(内容調整中)とある。

未だに講演者が決まっていないのか、残念なことだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有賀由延の絵

2017年05月20日 | 文化芸術

 

 画家有賀由延さんの画業五十年記念の展覧会が梓川アカデミア館で今日まで開かれている。

作品は初めて拝見した。もとより抽象画は得意ではない。



作品の飾られた会場が狭間壮さんのコンサートホールになったのが20日午後2時。

奥様のはざまゆかさんがピアノ演奏。



 アンコール含めて15曲の熱唱&熱演だった。

 

 ※締め括りの挨拶で有賀さんがおっしゃった。

美術館などは撮影などご法度だが、 カメラでもスマホでもどしどし撮っていただいて構わない

 

 太っ腹。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塩尻短歌館開館25周年

2017年04月21日 | 文化芸術


 塩尻短歌館の企画展を鑑賞した。

『短歌の里の歌人交流Ⅰ』と題した催し。

水穂、喜志子を生み、赤彦が小学校校長を勤めた地。

チラシは、水穂の短歌『命ひとつ露にまみれて野をぞゆく涯なきものを追ふごとくにも』の

歌碑を建立した時のもの。

 夫人の光子も感慨ひとしお詠んだ。

『日は空に松ふく風も音澄むや颯々として歌碑幕をぬぐ』

郷原古統の絵も心を打つ。




 8月14日に開催され続けて40年。

実行委員会では広丘の短歌フォーラムを開催する。

5月26日までの投稿を呼びかける。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加