【丹波篠山、晴れたり曇ったり】

黒豆他の特産物や、歴史ある文化・豊かな自然に恵まれた”日本遺産のまち”「兵庫県篠山市(ささやまし)」からお届けします。

あたふた

2017-04-20 15:33:22 | 日記
今日は「シフォン工房」の、営業許可更新手続きの日でした。

篠山丹波食品衛生協会から、「食品衛生法に基づく営業許可期限満了のお知らせ」とともに更新の申請手続きの案内が記載されたハガキが、事前に贈られてきていました。

何を思ったのか、私はその場所を篠山市民センターと思い込んでいました。

3時からになっていたので、少し早めに家を出たのですが・・・。

市民センターに到着して、もう一度はがきを確認すると、場所は「篠山庁舎本棟 1階 県民対話室」とあります。

「あっ、しまった。篠山市役所だった!」(と思ったんですね。その時の私は。)

あわてて市役所に行き、県民対話室がどこか尋ねると、「それはここじゃありません。」との返事。

焦りました。

そこで思い出しました。

そもそも菓子製造業の許可を受けに足を運んだのは、県の柏原総合庁舎だったことを。
(それに、市役所に”県民”対話室はありませんよね。ふつう。)

県でもらった許可だから、私が行くべきは県の篠山庁舎だったのです!

またまた車を走らせて郡家の県庁舎を目指したのですが、運の悪いことに通行止め。

急いでるのにと思いながら、別のルートを探します。

何とか更新手続き(更新手数料 ¥14,000)を終えることができましたが、今日はドジばっかり。

私の気持ちを映すかのように、お天気もかなり曇ってきました。

ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひなこまち | トップ | ウグイスの声を聞きながら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。