mukan's blog

つれづれなるままに ひぐらしPCにむかいて

バカプリンタ――時代と社会に組み込まれて協賛する私

2017-05-15 10:31:43 | 日記
 
 このブログ(5/1)の「デジタルのあしらい方」でTVの画面が突然黒くなり音だけ出るというのに驚いたことを書いた。そのとき電源を切り、しばらくたったら修復したので、
 
「あははは、あのバカプリンタと同じだ」と私が言ったら、
「聞こえるわよ、そんな大きな声だと」とカミサン。
 
 とも記した。どうもその声がプリンタに聞こえたらしい。連休明けに行く山の地図をプリントした翌日、電源を入れると「修理に出してください」と表示が出る。おや、またかよと、「デジタルのあしらい方」に書いたように、コンセントを抜き一日たって電源を入れる。しかしまた 「修理に出してください」と表示が出て、一向に動かない。これを三度、三日間かけて繰り返した。だが今度は、頑として修復しない。「あしらい方」などと無礼なことを言いやがって、もう許さないとむきになっているのかもしれない。だがこちらの都合がある。今週の木曜日には印刷物を出さなければならない。動かないプリンタをもって家電量販店に行った。
 
 プリンタをみて店員は「これは2010年に発売されたもの。6年以上経っていますね。よく使ったんじゃないですか」と話す。「たいていは3年くらいですよ、買い替えるのは。よく使う人は1,2年ですね」というが、事業などで使うのとは違うから、平均的な使い方を参考にする気はない。でも、壊れて、しかも修理できないとなると、買い替えるしかない。以前調べておいた2年インク補充が要らないというのにしようと考えていた。4万円もする。でもまあ、補充インク代のことを考えれば、仕方ないと思って決めたのに、バックヤードへ行ってきた店員は、「ちょうど在庫がない」という。他の店から取り寄せてなら……というからお願いしたが、到着するのに十日ほどかかる。しかも、現金でないと取り寄せられないというのでは、一度家に戻って、お金をもってこなければならない。
 
 じゃあ、やはりこれまで使っていたようなタイプにしようとみてみる。結局2年補充タイプの半額くらいであるが、コンパクトな新発売製品。壊れたプリンタに較べると倍くらいの金額になっている。購入すると、3年間保証で1年間の補充インク代毎月500円補助という「特典」があるという。おっ、いいじゃないかとおもったら、タダではない。なんとプリンタの半額ほども出さなければならない。この量販店の提供する「特典」だそうだ。メーカー保証は1年間。「保証期間が過ぎたころに故障するんですよね」と店員は屈託がない。バカヤロ、当たりはずれを心配する、こちらの不安に付け込んでるんだね、量販店の「特典」っていうのは。運否天賦を天に任せて、買ってきた。
 
 早速セットして、必要なプリントをA4版40ページほどしてみた。なんと、印刷するページの逆順にプリントアウトされているではないか。これまでのやつは、ページ順に印刷されるから、出来上がったあとで、逆順に差し替えてページを整えなければならなかった。新しいのは、データ全体を読みこんで後にページの後ろから印刷するから、出来上がりがきちんとそろっているのだ。なるほど、芸の細かいことをやる。無線通信もできている。
 
 新しいのは、何としてもいい。これって、使い捨て思想だよねと私の心裡の何かが訴えているが、私の倫理的な心構えではどうにもならないことでは、しようがない。こうやって、時代と社会に組み込まれて、それに協賛して行ってるんだと、わが身を思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かりそめの自由 | トップ | 何が悪者か? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。