mukan's blog

つれづれなるままに ひぐらしPCにむかいて

かりそめの自由

2017-05-14 10:48:41 | 日記
 
 5/12の朝日新聞「折々のことば」にちょっと引っかかった。何にひっかるのかよくわからない。考えるともなく心裡に預けている。
 
《わたしを区切らないで/・(コンマ)や・(ピリオド)いくつかの段落/そしておしまいに「さようなら」があったりする手紙のようには  新川和江》
 
 を引用した後で鷲田清一は次のようにコメントを加えている。
 
《川のように果てしなく流れゆく私に「こまめにけりをつけないで」と詩人は言う。さらに、白い葱のように「わたしを束ねないで」、標本箱の昆虫のように「わたしを止めないで」、ぬるい酒のように「わたしを注がないで」、娘、妻、母などと「わたしを名付けないで」と。存在の固定を拒む〈自由〉への希(ねが)い。詩「わたしを束ねないで」から。》
 
 人は多面的である。人は変わる。「わたし」とか「じぶん」を意識しはじめたとき、すでに、その実体がないことに気づかされる。言葉も、感じ方も、立ち居振る舞いも、あれもこれも、ことごとくが見よう見まねでいつ知らず身につけてきたもの。つまり、「わたし」は混沌の中に生まれつつある(のかもしれない)、というのが最初の「じぶん」との出会いだ。だから、「わたし」とは世界から切り離された「じぶん」、それは「じぶん」から分け離された「せかい」でもある。影と形、陰と陽、絵と地、表と裏のように、どこからどちらを指してみているかによって、表現は違うけれども、じつは同じことを言い当てようとしている。そう、若いころの自分を振り返る。
 
 実体がない「わたし」は、とても「じぶん」を不安定にする。自分の感じ方、自分の意見、自己主張、変な振る舞い。それは「せかい」という外部との違いであり、時を経るにつれて「じぶん」の変容であり、つまり「わたし」は、そのときどきの実態しかないとわかったときに、「わたし」は「せかい」であると同時に、卑小でチンケな一匹の生き物に過ぎないと「さとり」の境地に行き着く。「わたし」を固定しないでというほど、執着する「わたし」をもっていない。いのちの鎖を繋ぐお役目を担っているだけ。それが途絶えたからといって、人類や生命が絶えるわけでもない。ただただ連鎖の一瞬の一端に遭遇しただけの存在。
 
 「わたし」を固定しないでという「希い」が、しかし、外に向けられるというのは、この方は十分に「わたし」をもっているからではないのか。混沌の「わたし」は茫洋としてつかみどころがない。不安定どころか実存すら実感できない。かろうじて、その瞬間瞬間の「せかい」から分節化することによって「じぶん」の実存を感じる。そうやって、つかの間の「じぶんはじぶん」という感触を得て心裡の安定を保つほかない。分節化した「わたし」は、たちどころに変わり、また次の瞬時の分節化に身を託す。そうやって紡いできた「わたし」であり「じぶん」。もう誰にも希ったりしない。そうすることによって今わたしは、かりそめの〈自由〉を感じている。
 
 なぜ、かりそめ? 「わたし」は「せかい」の大きな檻に身をおくことによって存在しえているのだから。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あからさま | トップ | バカプリンタ――時代と社会に... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。