広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

年上女性と年下男性の結婚が過去最多 熟年離婚急増=韓国

2017-06-28 17:14:36 | 日記





 【ソウル聯合ニュース】韓国統計庁が22日に発表した2013年の婚姻?離婚統計によると、年上の女性と年下の男性の婚姻件数が過去最多となった。平均初婚年齢は男性が32.2歳、女性が29.6歳に上昇した。

◇増える「姉さん女房」

 13年の婚姻件数は32万2800件となり、前年比で4300件(1.3%)減った。2年連続の減少となる。

 年上の女性と年下の男性の婚姻件数は4万1300件となり、統計を取り始めた1981年以降で最多となった。夫婦が同じ年齢の婚姻件数は4万1400件だった。男性が年上の夫婦が全体の67.6%、女性が年上の夫婦と同じ年齢の夫婦がいずれも16.2%だった。男性が年上の夫婦の比率は過去最低となった。

 平均初婚年齢は男性が32.2歳、女性が29.6歳となり、それぞれ0.1歳と0.2歳高くなった。10年前に比べると、男性は2.1歳、女性は2.3歳上昇した。ソウルと釜山、済州の女性の初婚年齢は30歳を超えた。

 平均再婚年齢は男性が46.8歳、女性が42.5歳となり、それぞれ0.1歳と0.2歳上昇した。

◇熟年離婚は10年で1.8倍増

 13年の離婚件数は11万5300件となり、前年比で1000件(0.9%)増えた。

 平均離婚年齢は男性が46.2歳、女性が42.4歳となり、いずれも0.4歳上昇した。離婚年齢は男女ともに毎年上昇している。

 離婚のうち、結婚してから20年以上の夫婦の離婚が占める割合が28.1%で最も多かった。11年は結婚期間が4年以下の夫婦の離婚が3万700件で最多だったが、12年からは20年以上の夫婦が多くなっている。30年目以上の夫婦の「熟年離婚」は9400件で前年比98.4%増となり、最も高い伸び率を示した。10年前に比べると1.8倍に増えている。

◇韓国人男性と外国人女性の国際結婚は減少

 国際結婚は2万6000件となり、前年比で2400件(8.3%)減少した。とりわけ、韓国人男性と外国人女性の婚姻件数は1万8300件となり、11.3%減少した。韓国人女性と外国人男性の婚姻件数は7700件と0.4%減少した。統計庁関係者は韓国人男性と外国人女性の婚姻が減ったのは、韓国語能力など結婚ビザの発給審査を強化した結果と分析した。韓国では基本的な意思疎通が不可能だったり、扶養能力を欠いていたりする韓国人が外国人と結婚することで、家庭内暴力などさまざまな社会問題が発生している。

 韓国人男性と結婚した外国人女性の国籍は中国(33.1%)が最多で、ベトナム(31.5%)、フィリピン(9.2%)などの順だった。韓国人女性と結婚した外国人男性の国籍は米国(22.9%)、中国(22.6%)、日本(17.8%)など。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人事パーソン要チェック! 新... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。