dfhty

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

も敵艦も攻撃することができる巡

2017-07-06 12:43:40 | 日記
はからずも6人はリッチモンド到着前に、歩兵として入隊を果たすことになった。そして「南部連合の主権と名誉を守るため、それを侵さんとする者と戦う」誓いを立て、テネシー南西部シャイローでの戦いに加わることになる・・・。
グッチiphone7ケース

 キャリア初期のハリソン・フォードやジャン・マイケル・ヴィンセントの姿も初々しい『テキサスの七人』(1968)は、期待に胸ふくらませ、志願兵となる若者たちが知る社会と戦争の苛酷な現実を描く青春ウェスタン。

 「シャイローの戦い」は、装備も古く、戦闘経験も浅い南軍兵士が多数参戦した戦いながら、ユリシーズ・グラント指揮の北軍を敗北寸前まで追い込んだ1862年4月の戦い。
シャネルiphone7ケース北軍が、テネシー川、カンバーランド川、2つのオハイオ川支流を陸軍で制し、制海権を握るメキシコ湾から海軍がニューオーリンズを掌握する中の戦いだった。

 それは、海上封鎖網強化で経済的消耗に追い込みつつ、ミシシッピ川の支配権をつかみ、南部連合を分断する作戦であり、ミシシッピ川と、大西洋岸、メキシコ湾の主要港を押さえ、続いてアトランタに侵攻する、陸軍総司令官ウィンフィールYJ-18は、地上目標も敵艦も攻撃することができる巡航ミサイルであり、最大射程距離は540キロメートル程度とされている。
ヴィトン iphone7ケース軍艦と軍艦による海上戦闘では500キロメートル以上も離れた敵艦を攻撃することはほとんど考えられないものの、米海軍のタイコンデロガ級巡洋艦や一部のアーレイバーク級駆逐艦が装備しているハープーン対艦ミサイルの射程距離が124キロメートルとされているため、055型駆逐艦は米巡洋艦や駆逐艦の脅威圏外から米艦艇を攻撃することが可能となる。

 さらに、YJ-18は攻撃目標に接近すると最終段階の40キロメートルはマッハ3以上で飛翔する「ロシア譲りの性能」を有していると推定されており、米海軍にとっては極めて深刻な脅威となる。
グッチiPhone7ケース

 このような脅威に対して、アメリカ海軍は空母打撃群を繰り出し、空母から発進する攻撃機によって敵艦艇を撃破するという基本方針に頼ってきた。そのため、巡洋艦や駆逐艦自身が搭載する対艦ミサイルを強力化する必要性は生じなかった。
ヴィトン iphone7ケースそれよりも、防空ミサイルシステムをはじめとする防御能力に莫大な資金と最先端技術をつぎ込んできたのである。

 ところが、中国海軍との戦闘が予想されるのは南シナ海あるいは東シナ海であり、中国との有事の際に、それらの海域に空母打撃群を出動させるという米海軍の大前提そのものが怪しくなってきてしまった。
グッチiPhone7ケースというのは、中国人民解放軍ロケット軍が東風21-D型対艦弾道ミサイル(DF-21D)ならびに東風26型対艦弾道ミサイル(DF-26)の運用を開始したからである。

 まず、東シナ海は中国沿岸域から最大でも1000キロメートル程度の広がりしかない。
エルメス iphone7ケースまた、南シナ海での予想戦域でも1500キロメートル程度の距離しか離れていない。そのため、東シナ海や南シナ海に進攻した米海軍空母はDF-21DやDF-26の餌食となりかねず、米海軍の伝統的な空母艦隊による作戦は極めて危険となる。
ルイヴィトンiphone7ケースしたがって、中国との海上戦闘は、艦艇対艦艇の戦闘を想定すべきであるという考えが持ち上がってきている。ド・スコット立案による「アナコンダ計画」の一環だった。
ヴィトン iphone7ケース

 1852年にホイッグ党の大統領候補ともなったスコットは、61年11月、20年あまり続けた総司令官の職を辞しているが、南北戦争開戦直前、ロバート・E・リーに指揮を委ねるよう、リンカーンに進言していた。

 しかし、1861年4月、サムター要塞を南部連合が砲撃、リンカーンが「連邦を守るため」各州に軍隊を立ち上げるよう呼びかけると、故郷バージニアが連邦離脱を決議、リーは辞職した。
シャネルiphone8ケース

 大半の将兵は連邦軍に残ったが、リーやストーンウォール・ジャクソンなど、300人ほどの士官が職を辞し南軍に参加、かつての仲間と戦うことになるのである。

 11州となった南部連合は、アラバマ州モンゴメリーからバージニア州リッチモンドへと首都を移した。
シャネルiphone7ケースその地はワシントンD.C.とは100マイルほどの距離。戦局の中心は両首都に近い「東部戦線」となった。
シャネルiphone8ケースそして、その大半は北軍の南部侵攻という形を取るのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 思い浮ぶ一句に、事務局一同... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。