五色の風

町歩きを中心に、日々の出来事を綴ります。 
(C)ナナマガラー All Rights Reserved.

単純な疑問とモラル

2016-12-24 19:33:42 | スーパー戦隊
昨年今時期の記事を読み返してみると、12月26日に、「動物戦隊ジュウオウジャー」の公式情報が解禁になったとある。
一昨年は、12月28日に、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の情報が解禁になったとあり、三年前も、12月26日に、「烈車戦隊トッキュウジャー」の情報が解禁になったとあったので、次の戦隊の情報解禁もそろそろなのかなと思うけど、例年と同様、このブログでは、公式発表が確認されるまで、一切の記載は差し控えます。
理由は二つで、大きな理由としては、公式発表された際に、もしも内容に違いがあった場合の責任問題ということがあるけれど、それ以前に、まだ公表されていないことを無責任に書き立てるということは、そもそもモラルに反すると考えている。

十年ぐらい、いやそれよりも前くらいから、秋ぐらいになると、次の戦隊のネタバレ情報が流れているが、何故情報が出回るかというと、どうも、商標出願の情報が簡単に入手できるようになっていて、一たび誰かがその情報を入手すると、それが一気に拡散して・・・ということらしい。

ここで、単純な疑問。
商標出願の情報って、出願者(この場合は東映なのか?)が公式発表する前に、誰でも容易に知り得るものなの?
そうだとして、出願申請を管理し、審査する側の情報管理はそんなことでいいの?
私の職場の場合、HPなどで公になっている情報以外のことは、基本的に内部の人間限りの取り扱いとされ、それを部外者に開示するというのは、厳禁なものもあるが、可能だとしても、かなり厳格な手続きを踏まねばならず、それに反した場合は、当然のことながら処分の対象となる。
そこはまあ、取扱う側(T庁?)にはそこなりの考えや基準があるのだろうから深く追究はしないけど、個人的には、この状況を大変危惧している。
未公表情報が独り歩きし、万一それが公表された情報と違ってたら、一体誰がどう責任を取るの?
いつか大ごとになる前に歯止めをかけないといけない問題だろうと思うので、これまで書いた自分の考え方は、来年以降も持ち続けていくつもりでいる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古地図のカレンダー | トップ | プレイバック2016 その1 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (百日紅)
2016-12-25 00:59:12
商標登録は登録されたらサイトから見れるようになるみたいですね
http://kyoto-patent.com/blog/709.html
重複しないようにみたいな意味合いもあるんだと思いますよ
例えばAとBの会社が「アイスクリーム」という商品を商標登録しようとしてA社がすでに登録してた場合B社は登録する前に調べてみたらもうすでにあるから無理だからわかったみたいな感じで

戦隊とかライダーのタイトルバレとか時期的に暇な人が張り付いてみてるとしか思えませんね
最近は解禁日の意味とか理解してない人が多いのか、ネットで出回ってたらそれが公式だと勘違いしてるのかもしれませんね

タレントさんとかツイッターなりブログもってますけど、番組の宣伝を直近になってしか宣伝しないので見逃す場合あるんですけど、解禁前に流す人多いからかもしれませんね

解禁日までまっててとか呟いてると隠してるとか暴言吐く人もいるみたいですし
危惧を覚えます (ナナマガラー)
2016-12-25 15:40:29
百日紅様

コメント有難うございます。
重複しないようにという配慮があるのはなんとなくわかってましたけど、結局は、それに飛びつき、拡散しようとする人の問題なんだろうと思います。
ネーミングだけならまだしも、ヒーローや戦闘メカ、ロボなどのデザインまで流出しているという状況には、本当に危惧を覚えます。
いつか大ごとになる前に歯止めがかかってほしいものです。
Unknown (百日紅)
2016-12-25 20:04:03
雑誌のネタバレとかはともかくとしてカタログバレとかは関係者しか配られないのでそれは明らかに罰則つけるなり、カタログにIDつけるなりした方がよさげですね

役者さんもツイッターなりブログなりで躍起になって探して予測してる人もいますよね
そういうのもあってライダー戦隊で作品デビューって人が多くなったのかなとも思いますけど
本当に (ナナマガラー)
2016-12-25 21:32:00
百日紅様

ええ、本当に罰則ものですよ。
色々と難しい部分はあろうかと思いますが。

なるほど、特撮作品デビューにはそういう背景もあるということもあるということですか。
昔と違って、既に実績のある役者さんが起用されるということにそのようなリスクが伴うというのもどうなのかという気もしますけどね。
Unknown (百日紅)
2016-12-26 15:28:39
今日めでたく発表されてましたね
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2567108
9人いるけど役者側はいつもの5人って感じみたいですけど
ライダー側はもそうですけど、ここ何年かスーパージュノンに出てる子ばかりですけど、どういうオーディションしてるのか気になるとこですね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む