五色の風

北国に生きるオーバーフォーティーの気まぐれ日記 
(C)ナナマガラー All Rights Reserved.

今思えばだけど

2017-03-20 17:53:04 | その他テレビ全般
「ズームイン」2代目は福留ではなかった…徳光が明かす(デイリースポーツ)


へぇ~そんな話があったんだ。
当時、「ズームイン!!朝!」は毎朝必ず見ていたので、思わず食いついてしまった。

徳光さんの後が福留さんだったことの是非は別にして、当時よみうりテレビのキャスターとして出ていた辛坊さんは、やっぱり「プロ野球いれコミ情報」における阪神タイガースの応援が一番印象的だった。
昭和63年といえば、その前年、阪神タイガースが、昭和60年の優勝が嘘のような散々な成績で最下位に沈み、「いれコミ情報」でも、タイガースが負けた翌朝に、辛坊さんと、同じく読売テレビのキャスターとして出ていた森たけしアナが発する「なんぎやなあ」という台詞が番組の名物になっていた。
大抵は辛坊さんか森アナかどちらかお一人が出ていたけれど、たまにタイガースが大勝した日の翌日にはお二人で出てくることもあり、その際のお二人の掛け合いも実に面白かったし、それに対して、各局のアナウンサー(徳光さん、ドラゴンズを応援する中京テレビのきくち教児アナ、カープを応援する広島テレビの脇田義信アナの三人)が発するツッコミもまた面白かった。
お二人で出ていた時には、たまたまその時家に遊びに来ていた伯母が、その掛け合いを見て、お二人をアナウンサーではなく、(吉本興業の?)芸人だと勘違いしたなんてこともあったくらいだった。
それくらい印象に残るコーナーに出られていた辛坊さんだから、今思えばだけど、司会にシフトしていたら、「いれコミ情報」の魅力が落ちてしまっていたのではないかなと思ってしまいます。

昭和63年の春に徳光さんから福留さんに司会者が替わったわけだけど、当時福留さんは「アメリカ横断ウルトラクイズ」と「高校生クイズ」という二つの大きなクイズ番組を担当されていて、福留さんの著書によると、「ズームイン」の司会をやることになった際、局の上層部に、二つの番組はどうするのかと尋ねたところ、「(引き続き)お前がやれ」の一言で片づけられてしまったらしい。
今でも覚えているのだが、昭和63年の「ウルトラクイズ」第12回大会で福留さんが海外に行っていて不在の間、番組では「今(福留さんは)ここにいる」という具合に、チェックポイントが堂々とネタバレ情報として流れていた。
翌年の第13回からはそういうことがなかったけど、第12回は、北極に近いアラスカから、南極に近いチリまでを縦断するという凄い行程だったので、どんな大会になるんだろうと楽しみにしていたのを覚えている。
そんなハードな任務を、体を壊すことなくやってのけた福留さんは、本当に凄い方なんだなと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十六年前か・・・ | トップ | かつての車掌車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む