聞こえないふり

聞こえないふり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夫の稼いだ給料はどこへ行ったのか?

2017-06-22 22:27:00 | 日記
主人と結婚した時彼は30歳で、高校を出てから12年間働いた分の貯金があるはずでした。しかし実際は、同居中の義父母が夫の給料を管理していて、本人は小遣いとして一部しか貰っていませんでした。



結婚してからもしばらくはそのままで、私も必要な時に義父からお金を貰っていました。当時私も若かったし、お金の管理を夫婦でしたいとは言い出せませんでした。



義父母は既に年金を貰っていましたが、夫の給料を生活費にあてていました。そして、自分達のお金は自由に無駄遣いしているようでした。ネットで出会ったイケメン外国人との恋物語り





義父が亡くなって、やっと夫の給料を私が管理できるようになりましたが、義母の年金はやはり義母のもので、家庭の支払いではほとんど出してくれません。



子どもが産まれ、教育費に頭を悩ませる今日この頃、主人のあの時の蓄えが残っていればと考えると、悔しくてなりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無理なローンを組んでお金に... | トップ |   

日記」カテゴリの最新記事