折々の記

日常生活の中でのさりげない出来事、情景などを写真と五・七・五ないしは五・七・五・七・七で綴るブログ。

写真&俳句VOL1,002~皇帝ダリア

2016-11-06 | 写真&俳句
小春日和の暖かさに背中を押されて咲き始めた皇帝ダリア。


小春日や     皇帝ダリア     目覚めたり


小春日和の昼下がり、散歩を兼ねてかみさんと近くのスーパーへ。

途中の民家に大きく伸びた皇帝ダリアがいっぱい蕾をつけていた。

「もう少しで咲くね」「あんなに背が高いんだもの、我が家の庭では無理だよね」

一昨年、幼なじみのKくんから苗木を貰って来たが、場所がなくて鉢植えにしたが結局は育たなかったのだ。

買い物を済ませてからは、小生は散歩の続き。

黒目川遊歩道に出てしばらく歩いていると、川沿いの広い畑の中で皇帝ダリアが優雅な花を数輪咲かせていた。

この暖かさに刺激されて、目を覚ました、その咲き姿から、そんな印象を受けた次第である。

散歩コースには、皇帝ダリアが多く植えられていて、これからしばらくの間、優雅な咲き姿を堪能できるので楽しみである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写真&俳句VOL1,001... | トップ | 写真&俳句VOL1,003... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む