折々の記

日常生活の中でのさりげない出来事、情景などを写真と五・七・五ないしは五・七・五・七・七で綴るブログ。

写真&俳句VOL1056~「花巡り」散歩

2017-04-04 | 写真&俳句


写真上から「黒目川、新河岸川、柳瀬川河畔に咲く桜。



好天に     誘われ巡る     花散歩


本当に久しぶり雲一つない上天気。

朝食時、コーヒーを飲みながら、「これでもたついていた桜も一気に見頃になるだろう、散歩がてら花見に行こうか」とかみさんに声をかけ、どうせならあちこち行って一気に今年の桜を楽しんでしまおうと、ちょっと歩きごたえはあるが「黒目川」を皮切りに「新河岸川」、「柳瀬川」と三つの河畔の桜を見ようという欲張りな計画をたてた。

AM11:00我が家をスタート、黒目川→新河岸川→宝憧寺→柳瀬川の順で花めぐり。

途中で焼き団子を買い、花を見ながら味わうなどのんびりと花見を楽しんだが、肝心の桜のほうは、黒目川は5分、新河岸川、柳瀬川は6分位の咲き具合。満開には程遠く、ちょっとがっかり。

但し、宝憧寺の枝垂れ桜は満開で、その華麗な咲姿にため息が出るほど見とれてしまった。


満開となった宝憧寺の枝垂れ桜。



見終わったのは、午後1時過ぎ。近所の行きつけの寿司屋でお腹を満たし、約2時間、12,891歩の桜巡り散歩を締めくくったのだが、寿司屋さんで飲んだ生ビールの1杯がのどの乾いた体にしみこむように美味しかった。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写真&俳句VOL1055~「人... | トップ | 写真&俳句VOL1057~極楽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む