釣り道楽

今年はどんなドラマが待ってるかな

11月4日 ティップランエギング part4

2016-11-05 21:02:36 | イカ(オフショア)
NEWロッドを購入して二度目となる釣行。

このロッドのポテンシャルを把握すべく再び出て参りました。


一月前のイカパラダイスはすっかり落ち着きましたね。

それなりに型も良くなりましたが、その分数も減ってます。

当然アタリも小さく少なくなってますので、一回のアタリの大事さが痛感できる釣行でした。


船長も「ここ叩かれてる?」と言うほど今日はアタリの出る場所と出ない場所の差が激しく、拾える場所で出来るだけ拾いながら場所移動を繰り返す釣り方をしました。


今日も明確なアタリが出る事は少なく、僅かながらにティップに出る変化を見極めながら数を伸ばして行きました。


序盤から中盤にかけては順調に数を追加して行きました。

やはりNEWロッドは僅かなアタリでもティップが変化し、今まででは取れてなかったであろうアタリが拾えます。

しかし、終盤に入ってからアタリは遠のきます。

それだけなら徐々に活性が落ちて行ってるだけだろうと思えますが、背後で釣りをしている同乗者のお二方が猛烈な勢いで数を追加して行きます。

同じ場所を流し同じエギを使い同じように誘っていますが、アタリは他の方にしか出ません。

違いはロッドとリールと釣り人だけなのですが、何かが違うんでしょうねぇ。


後でロッドを見せて頂きましたが、私の持ってるものに比べてティップは硬かったです。

ドラグの締め具合も関わってはきますが、同じようにシャクってもエギの動きに差は出るでしょう。

シャクる人も違いますから攻めている棚等も違うと思います。

当然それには気づいておりますので、色々と変化を付けてアタリの出る誘い方を模索しますが最後までその答えは出ませんでした。

もっと引き出しがあれば対処のしようもあるのですが、全て経験不足ですね。

現段階であと2週連続釣行が控えておりますので、何か掴めるよう精進します。


本日の釣果

アオリイカ 最大胴長23cm 10杯


『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月28日 ティップランエギ... | トップ | 11月12日 ティップランエギ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イカ(オフショア)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL