釣り道楽

今年はどんなドラマが待ってるかな

10月28日 ティップランエギング part3

2016-10-29 16:35:59 | イカ(オフショア)
2週間前はかなりの数が出ましたが、今回は数は少なかったですねぇ。

船長曰く「数は減って型が良くなる時期だから」と言ってました。

一年魚(魚?)だから一潮毎にどんどん大きくなるんでしょうね。

とは言え船長も「今日は当たらないなぁ渋いなぁ」と言ってましたので活性は低いと思われます。

途中で「今日は20杯超えたら大したものだ」と言ってましたので、20杯を目標に頑張りました。


まずは今回のロッドにどのようなアタリが出るのか。

最初の一杯をかけてみないと分かりません。

ティップに集中してアタリを見極めようとしますが、今まで使用していたロッドより柔らかくなった分少々のことでも変化が出ます。

あいにく本日は風波雨と最高のコンボ。

アタリなのか見極めが難しく、怪しいものは全てアワセに行くことにしました。


そのうち最初のアタリが出ましたが、ティップに微妙な変化が出たと言うよりは「ジワー」っともたれかかるような感じのアタリでした。

このアタリの出方は釣り始めの頃によく出るアタリなので。後半に出る事は少なくあまり参考にはなりません。

色々と試行錯誤を繰り返しますが、やはりイマイチアタリが分からぬままで、「これかな?」と闇雲にアワセた釣りで少しずつ数を伸ばしてはいました。

しかしこれでは以前と同じ状態です。


揺れる海面と同調しておじぎを繰り返すティップを見つめていると僅かに違和感を感じます。

その動きは波で揺れるティップと大差ない程の僅かな動きでした。

「ビシっ!」とアワセを入れると乗ってます。


「これかぁ」


少し分かったような気がする。



ここからコンスタントに数が伸ばせて行きました。

覚醒?モード突入でそれまでに比べ面白いほど釣れます。

新しく入ったこのポイントのおかげかもしれませんが、夢中で掛けました。


しかし楽しい時間はあっと言う間に過ぎるもので、船長より納竿のコールが告げられました。


毎回思いますが「もっと釣りたい」


後ろ髪を引かれる思いで帰港しました。



一度しか使ってないので答えを出すには早いかもしれませんが、今回購入したロッドは大正解でした。

もっと使いこなして更なる高みを目指します。


次の課題は「誘い」です。

口で説明するのは難しいですが、今回綺麗にシャクリが決まったなぁーと感じた場合のヒット率が結構高かったです。

今回は風と潮流の影響で流れが複雑でシャクるのに難しく、ぎこちないシャクリが多々ありました。

その場合全くヒットしなかったんですよねぇ。

もっと精進します。


あと一つ


目が悪いので掛かり所が見えなく、ランディング時の抜き上げですっぽ抜けが4〜5杯ありました。

こちらも課題なのですが、次回より管釣りのラバーネット持参で対処したいと思います。


今回の釣行を含め4週連続で出ます。

毎回収穫がありますように・・・


本日の釣果

アオリイカ 胴長最大24cm 700g 15杯







『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月26日 NEW WEAPON part38 | トップ | 11月4日 ティップランエギン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL