琵琶湖の魚になりたい

オープンウォータースイミングに第3の青春を賭けるおばさんの日常

せとうちOWS続きの続き

2016-09-19 19:22:08 | 泳ぐ
朝から、パラパラ降ったりやんだりしていたのだが、
三キロの招集を待っている間に、本降りになってきた。

で、10分繰り上げることになった。

船でスタート地点へ移動するのだが、
2つのグループに分かれて、
先に移動したグループは、スタート地点で待ち、
後に移動するグループは、ゴール地点で船が戻ってくるのをまつ。

いずれにせよ待つのだが、
雨が身体を冷やす。
私はフルウェットを着ているのでまだいいが、
水着の人は、鳥肌が立っている…

エリート部門と同時スタートだが、
エリートに先へ行ってもらう。
スタートは、団子だが、そのうちバラける。

ワンウェイで、ブイは全てガイドでしかないから、
選手は横に広がる。
で、最短コースがいいわけでは必ずしもなく、
潮の流れに最も乗れるコースが、よいのだが、そんなこと、普通はわからない。

なので、本能の赴くままに、泳ぐ。

私は、右へ寄る癖がある。
で、今回もやっぱり、気づくと最も沖側を泳いでいた。
しかし、ガードは、何も言わない。
ガイドブイがかなり左に見えるのが気になるが、
今さら軌道修正をするのも悔しい。
沖側が有利だと信じて、我が道を行く。

やけにホテルが、近づくのが早い。
普段は、三キロだと50分くらいかかる。
絶対そんなには泳いでいない。
が、もう近い。
ダッシュだ!

それで、岸側へ進路変更。
なかなか泳者が、見えてこない。
私だけ断トツに遅いとか、速いとかありえないので、
多数の人とよほど違うコースどりをしたか?

他人が見えたのは、本当にゴール直前。
タッチ板が見えてから。
他の選手は、岸に沿って泳いできている。
私は、沖から真っ直ぐゴールへ入る。

タッチ板を越えて、ゴールゲートをくぐりながら、
ふと右側を見ると、
リレーで大健闘したYさん?!

なんであんたこんなとこにいるの!
私なんかと競ってる場合じゃないでしょう!!

つい、普段の彼の腰が低いのをいいことに、
高飛車な言葉を浴びせてしまいました。
ゴメンナサイ。

そして、さらにその右には、くらげ番長さん?!

どうしてこんなところに???

彼らがリレーで完全燃焼したせいもあっただろうが、
私もどうやらかなりうまくやったらしい。

女子総合2位!

せとうちでは、今までずっと手ぶらで帰っていたのが、
今年は、二種目とも賞をいただきました。

閉会式では、一段落したときにふと時計を見ると、
頑張ればバスの時間に間に合うことに気付き、みなさんにろくにご挨拶もせず、失礼してしまいました。

お隣にシートをひかせてくださった、くらげ番長さんと、Jellyfishのお姉さまがた、
テントに荷物を置かせて下さったUさんとそのお友だち、
写真をとって下さったYさん、
Nohさん、ぱいん姫さんご夫妻、マンサクさん(私のこと認識してくださっただろうか?)、
ありがとう。
とても楽しい1日でした。

また来年、どこかの海で会いましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せとうちOWS続き | トップ | 初島熱海 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

泳ぐ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。