浜名湖とアーチェリーと釣りのブログ

浜名湖の釣り日記とアーチェリーの日記
SINCE2009,06,25~

石雲寺の節分草

2017年01月25日 23時30分37秒 | 植物
最低気温-2度最高気温7度
朝晩寒いです。この所寒波の襲来で、北日本、北陸、四国でも雪が降ってます。
この辺りは、風も強くなく、日中は暖かです。

そうそう、田丸さんからメールがあって、2016年度のマスターズの成績がネットに出てました。
今年は、70mハーフラウンドでの申請です。
625点でした。
ひょっとして、行けるかもと淡い期待を抱いていましたが、結果2位でした。(@_@)
上には上がいるもんだ。

来年度は、640点目指して頑張ろうっと。
と言う事で、明日は久しぶりに練習です。
みんな、冬眠しなくて、練習するだよぉ―――。

と言う事で、日曜日に新城の石雲寺に節分草を見に行って来ました。
まだ、少し早いかなと思いましたが、居ても立っても居られずに、朝出発です。

自宅から25Km位だっけかなあ。
去年は雪があって、全然写真撮れませんでしたけど。
今年は、早すぎて撮れませんでした。


この3本が唯一マクロレンズで撮れた花3輪です。後は、沢の対岸に咲いてたり、柵から2m程離れてたりで思うように撮れません。






東愛知新聞に記事が載っていました。上の写真とこの新聞の写真アングルは違うけど、同じでしょ。
本当に、大きく撮れるのはこの3本しかなかったんですよ。当日の花娘3人組です。ほかに写真愛好家が3人ほど、順番を待って撮りました。

で、記者の名前を見ると・・・・・あっ、知ってる人だ。いつもお兄さんに助けてもらっています。
なんと、偶然でしょうか。遠目から似てるなあとは思ったのですが、声を掛けずじまいでした。











節分草のシベってどうなってるんだろう。黄色いのがおしべで、紫色がめしべ、かなあ。
でも、めしべって普通真ん中に1本だよねえ。よく分からん。













池場の方も見に行ったのですが、こちらは沢がないせいか、まだまだでした。枯葉の下に蕾が出ていました。
今度の日曜日は見頃でしょうね。







熊かと思ったら、奥さんが撮影中でした。(@_@)





沢の対岸には群生しています。 この沢の水温が安定して13度って言ってたっけ?だから沢に近い所に生えて、沢に近い所から咲くらしい。








それにしても、可憐ですよ。花びらが透けてますから。



ウン十年前によくアマゴ釣りに行ってフキノトウを採ってきましたが、場所が似たような所に咲いています。
けど、他に土の質等の条件が揃わないと咲かないそうです。
自宅に持って帰って、植えてもだめらしい。

さて、TVでもみましょ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊川稲荷に初詣 | トップ | 新城軽トラ市 »

コメントを投稿

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL