湘南江の島・伊豆半島 007の両軸遠投カゴ釣り&グルメリポート

三浦半島、湘南エリアから伊豆半島の遠投かご釣り情報。その他散策、温泉、グルメ情報。

イサキ 釣行 第3弾

2017年07月23日 | 釣り

イサキ釣行第3弾です。夕方からの夜釣りのため、現地16:30着。堤防はなぜか釣り人が少ないので、堤防に釣り座を設けることにした。江ノ島で見かける知人も来ており、大イサキを上げていた。知人からは「早く準備しない時合がすぐてしまうよ」急かされながら準備をするが、準備し終えた頃には地合いが過ぎてしまったようだ。日が落ちるまでは鯛狙いで棚竿2本、ハリス3ヒロ。準備してきた仕掛けを何も考えず使ってしまったのが後悔になる。針がムツ針だったのだ。何投かしていると、ウキが入る。間をおいてしゃくると強烈な引きだ。きつめのドラッグ調整になっていたが、ラインが出ていく。潜り込むような引きだ。もう少しドラッグを緩めようとした時、急に引きがなくなり、ばれてしまったようだ。上げてみると針が伸びきっていた。魚体が確認できないので何とも言えないが、大鯛だったのではと心の中で思い自己満足。

仕掛けを替えイサキ狙いで遠投すると、ムロアジ、グルクン(タカサゴ?ニセタカサゴ?)、小鯵、瓜坊、小鯖が釣れるがグルクンのみキープ。何故か南洋の魚が釣れてしまう。青や黄色の熱帯魚も沢山泳いでおり、沖縄の海にいるような感じだ。黒潮にのって北上してくるのだろうか?

夕方のゴールデンタイムも何の釣果もなく過ぎてしまう。知人はそういいながらもコンスタントにイサキを上げていた。知人から針までいただいたが、知人のようには釣れない。場所も同じところを進められた。何かが違う。それでもやっと30cmくらいのイサキが釣れる。血抜きをするため水汲みバケツに入れて置き、釣り続行。血が抜けた頃を見計らい水汲みバケツに手を入れるとイサキがいない。猫にやられたようだ。その後も当りがなく、仮眠を取る。

1:00頃に起き、ゴロタ場に行くことにした。スピニングリール、ハリス3号2ヒロ、棚は1本で遠投。潮は動いているが、ネンブツやハタンポばかり。夜明け頃の入れ食いを期待し、コマセを巻き続けると予想通り、夜が明け始める頃にウキが入り込む。中イサキが連続してHit。大イサキを期待するが、最後までHit無し。イサキ8匹。明るくなりバリとメジナがHit。その後、入れ食いとはならず不調のまま納竿することになってしまった。

 

 

釣果(持ち帰り):イサキ 20cm~30cm 8匹、メジナ 30cm 1匹、グルクン 1匹

 

 

 

 

PCが壊れて投稿ができない! ・・;

 

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イサキ 釣行第2弾 | トップ | 2017年 北海道 グルメの旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL