外来魚ひとりがたり

滋賀県立大学近江楽座学生団体
滋賀県大生き物研究会の活動あれこれ

バス稚魚大量出現! 

2017-06-05 21:46:09 | はじめに
こんにちは!うお座54番星です。

かなり遅くなりましたが、5月20日の神上沼での定例会についてご報告します


いつも通り調査していきます。

さてさて、とれた生き物は、、、


ゼゼラです。そろそろ今年のゼゼラは見納めかもしれません。


モツゴです。神上沼では安定して個体数が多いです。


カムルチーです。少し小さいですが、今回はこのサイズが2匹とれました。


オオクチバスです。


ついでのミシシッピアカミミガメです。



今回はバス稚魚も出現しておりました。
計数すると約7500個体!この中から何個体が大きくなるのかはわかりませんが、ゾッとしますね。


今回とれた外来魚たちです。大型の個体が多いですね。


卵巣もよく発達しておりました。



とれたカムルチーと大型のバスは捌いておいしくいただきます。
カムルチーはバスよりおいしいので、楽しみです。(笑)


今回は新人の1回生、2回生も多く参加してくれました。
今後の活躍に期待です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おさかないっぱいな野瀬川 | トップ | 城陽小学校 町探検 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カメ (うまのほね)
2017-06-06 11:31:59
こんにちは。ミシシッピアカミミガメを捕獲された時は、どういう風に処理をされるのですか?
カメの処分について (ダイスケ)
2017-06-06 16:00:54
うまのほね様

コメントありがとうございます。

ミシシッピアカミミガメを捕獲した際は、まず他研究室でサンプルとして使うかを聞き、使う場合は提供します。
そうでない場合は、冷凍処分(研究室のサンプル用冷凍庫)で殺処分をします。

ほとんど苦しまずに殺処分できるとのことで、冷凍処理を採用しています。

コメントを投稿

はじめに」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。