外来魚ひとりがたり

滋賀県立大学近江楽座学生団体
滋賀県大生き物研究会の活動あれこれ

一か月半ぶりの定例活動

2016-10-18 13:14:28 | 活動記録
どうも、やまともです

雨が降ったりして活動ができない日があったので、今回は約一か月半ぶりの定例活動となりました。




最近は気温が下がってきたので、気候的には快適でした

そのおかげか、釣り人は多かったですね



釣り人の邪魔にならないように投網を投げていきます



網に入った在来魚としては



モツゴ



カネヒラ



フナ



オイカワ



さらには



ハス

ハスは夏に流れのはやい川を猛スピードで泳いでいるイメージですが・・・




ホンモロコ

春の産卵期のみ浅瀬に上がってくると思ってました



外来魚は最終的にこれだけとれました



バスに関しては、秋は小さい個体の数が多いですね


一方岸際ではオオバナミズキンバイが増殖しているみたいです




今回はこのくらいで

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発表のお知らせ:神上沼の魚... | トップ | 県大ミニ水族館@青少年のた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。