外来魚ひとりがたり

滋賀県立大学近江楽座学生団体
滋賀県大生き物研究会の活動あれこれ

県大ミニ水族館@青少年のための科学の祭典

2016-10-23 21:43:23 | イベント
こんばんは ダイスケです。

風が冷たく、すっかり秋といった感じです。
体調に気をつけましょう。


さて、今回は、イベントの報告です。

10月22~23日に県立大学で行われた「青少年のための科学の祭典in滋賀」において、県大ミニ水族館を出店しました。
このブログで告知するのを忘れていました…申し訳ありません


さて、今回は、大学の周りにいる生き物を展示し、身近な生き物の豊かさについて知ってもらうことを目的としました。

イベント自体には、2日間で計2600人の参加者があったそうです。

ブースにも、たくさんの方が来場されました。


展示した生き物は、モツゴやタモロコ、フナやカネヒラなど、大学の周りでとれる生き物ばかりです。


ナマズの幼魚やドジョウ類、テナガエビが人気がありました。


こちらの生き物はなんでしょう?
砂に頭を突っ込んでいます。



また、魚以外にも、水生昆虫の展示も行いました。

トンボのヤゴやタイコウチがメインです。


特に人気を博していたのが、私の所属している研究室のアイドルことアズマヒキガエルの「チュウサク」でした。

入浴中。


多くの親子連れの方で賑わっており、メンバーは生き物の解説をしました。
楽しんでもらえたようで、よかったです。


今後も、このような展示イベントを行っていきたいと思います。
ではでは
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一か月半ぶりの定例活動 | トップ | 秋のバス祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。