フィッシュレプリカ

渓流魚のレプリカ・ブローチをオールハンドメイドで作成しています。釣行記事や思い出の魚を紹介しています。

歴史ある昆虫博物館。

2017-03-15 | プライベート

日本の昆虫博物館として最も長い歴史を持つのは、岐阜県にある名和昆虫博物館。

1919年(大正8年)に開館された建物は、当時の雰囲気を残したまま。

やっと来れました^^ 

 

そして入り口近くの足元を見ると、愛くるしい姿でお出迎え^^

 

 

さて今回のお目当ての一つ、ギフチョウ(日本)。

館内の昆虫は標本展示なのですが、

ギフチョウは生態展示されており、テンションマックスです!

羽化したばかりのフレッシュな姿に見惚れるばかり^^

 

 

そして二つ目のお目当ては、世界のクワガタ達。

やはりそうなるでしょう^^

まずは、ツヤクワガタ(マレーシア)。

 

 

そして、世界最長のギラファノコギリクワガタ(タイ)。

こちらは、なんと生きたギラファが展示されてました!

がしかし、頭隠して尻隠さず状態で動かず・・・

しばらく待ちましたが・・・標本で我慢します・・・残念。

 

 

そしてミヤマはやはり国産が好きですが、

タテイタミヤマ(北インド)は好きですね^^

カッコいいです~

 

 

でもオオヒラタには敵いません^^

ド迫力のパラワンオオヒラタ(フィリピン)。

100ミリ超えです。顎が太過ぎます!

 

 

最後は美し過ぎる、モルフォ蝶(ブラジル)。

自然界はこんなカラーを生み出せるんですね~

素晴らしいです!

 

2年後には開館100年を迎えます。

さらにこれから100年後もこの昆虫博物館が残っている事を願っています。

はるばる来て良かったです^^

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サクラマスブローチ(早春タ... | トップ | 本流釣りの原点。 »
最近の画像もっと見る